pdfelement logo
PDFelement -PDF編集、スキャン

App Storeからダウンロード(無料)

PDFelement:PDF編集、変換

Google Playからダウンロード(無料)

【iOS向け】iPhone・iPadでPDFにパスワードの設定と解除方法

Home > PDF保護 > 【iOS向け】 iPhone・iPadでPDFにパスワードの設定と解除方法を動画から学ぶ

はじめに

本当は手渡ししたいけど、遠方のお客様のためPDFファイルで書類を送付することはありませんか。しかし、昨今情報ろうえいのニュースが多くあり、本当にそのようにしていいか不安がありますよね。

実は、PDFにパスワードをかけて保護できることをご存じですか。iOSでもWindowsでも、パソコンでも、iPhoneでもPDFを保護できます。そうすることで、特定の人とのやりとりを他者に見られることがないですね。

出先でパソコンがない時でも、iPhoneやiPadがあれば簡単にPDFにパスワードをかけることができます。
今回は、「PDFelement for iOS」(PDFエレメント)でPDFにパスワードをかけるやり方を紹介していきます。

目次:


一、 PDFファイルを保護する重要性とは?

PDFは、パソコンだけでなく、iPhoneやiPadでも見られる時代になってきました。そんな便利な時代だからこそ、PDFを保護(プロテクト)する重要性が高まってきています。主に3つの理由から、PDF保護の重要性が言われています。


PDF セキュリティ 解除


・万が一漏えいした場合でも、PDFを見られることがない

フリーWi-Fiやハッキングなど、便利な時代の中に脅威が隠れています。万が一、他者に漏れてしまった場合でも、パスワードが設定されていれば、特定の人しか見ることができません。そのため、セキュリティの強化にもつながり安心ですね。


PDF セキュリティ


・やりとりする相手に信頼される

大企業や個人でも、情報のやり取りにはセキュリティを求めます。特に、公的な機関とのやりとりや個人情報に関わってくる文面だと余計に相手は心配します。PDFを送るときに、パスワードをかけると、セキュリティを強化していて、安心できると認識されます。


・第3者によるデータ改ざんの防止

PDFを編集するソフトが広がり、第3者でもネットやアプリを使い編集する時代です。自身が作成した作品でも、開く権限が他者にあると、データや内容を改ざんされてしまうことがあります。取引している時には特にこのような事態は避けたいですね。


PDF セキュリティ


昨今の情勢もあり、特に相手方が指定をしていなくても、PDF保護は信頼につながります。ぜひ、保護できる方法を覚えて実践することをおすすめします。


二、 iPhone・iPadでPDFにパスワードを設定する方法と解除方法

PDFelement(PDFエレメント)は、wondershareが提供している PDFの編集、保護、OCRを行うことができるソフトです。PDFelementでは、パスワードの一括設定などさまざまな便利な機能がありますが、その中で、iPhoneやiPadで簡単にPDFにパスワードをつける手順を紹介します。


① パスワードをつけたいPDFファイルを開く

② 右上の「…」をクリックし、「パスワードを設定」を選択


PDF セキュリティ


③ パスワードの設定入力と確認入力を行う

④ ファイルを保存すると、パスワード付きのPDFが完成です。

⑤ もし削除したい場合や再び設定し直したい場合も「…」を押すと、削除できます。


PDFelementでは、パソコン版とIOS版があります。IOS版では、画面が小さくても分かりやすいように、直感的に操作できるようになっています。出先や車や電車になっている時でも、簡単に編集できるようになっています。


どのやり方にも、メリットデメリットがあるので、自身の状況に合わせて試してみてください。



三、他の方法でPDFにパスワードをかける方法とツール

PDFelement iOS版(PDFエレメント)以外にも、パスワードをかける方法はいくつかあります。今回はオンラインで使えるものと、Officeのパソコンで行うやり方、Macのパソコンでやるやり方を紹介していきたいと思います。自身の用途やパソコンに合わせて、試してみてください。


・PdfProtect

PdfProtectはオンラインでPDFにパスワードをかけることができます。やり方は、以下の通りです。

① PDFをサイトにアップロードする


PDF セキュリティ


② PDFファイルにつけたいパスワードを設定する


PDF セキュリティ


③ ダウンロードをするの3ステップです。

オンラインでは、アプリをダウンロードしていなくても行えるメリットがあります。デメリットとしては、様々な編集や細かい機能がない所です。より多くのファイルにパスワードをかけたいときは、アプリやソフトを使うのがいいでしょう。


・word

Officeがダウンロードされているパソコンでは、Microsoft Wordでパスワードをかけることができます。やり方は以下の通りです。

① ファイルをクリックし、エクスポート→PDF/XPSの作成」をクリック

② オプションをクリックし「PDFのオプション」のドキュメントをパスワードで暗号化する」をクリック


PDF セキュリティ


③ 任意のパスワードを入力してOKをクリック


PDF セキュリティ


④ 完了したら、「発行」をクリックして完成です

Wordでのメリットは、多くのパソコンにダウンロードされており編集がしやすい点です。デメリットとしは、iPadや iPhoneでは、お金を払わないとダウンロードできない所です。年間のお金を払えば使用することができますので、検討してみてください。


・pages

MacやiPadでは、標準装備されているpagesがおすすめです。やり方は次の通りです。

① ファイルをクリックし、書き出す→PDFとクリックする。


PDF セキュリティ


② 開くときにパスワードを要求」にチェックし、パスワードを記入する。


PDF セキュリティ


③ 保存場所を記入すれば完成です。


Pagesは、iPhoneや iPadには標準整備されているので、それらを使用してる人にとっては使いやすいやり方です。
逆に、Microsoftでは使うことができないので、Windowsを使っている人は使えません。


どのやり方にも、メリットデメリットがあるので、自身の状況に合わせて試してみてください。


まとめ

PDFは型崩れすることが少なく、共有しやすいので使われることが多いファイル形式です。Wi-Fiを使う場合や、機密情報などは、第三者に漏れてしまう可能性があります。今回、PDFelement(PDFエレメント)を使って書いたやり方だと、簡単にパスワードの設定と解除を行うことができます。ご自身に合う方法で試してみてください。

PDF高度編集・PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け学割優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください

作成日: 2021-10-28 16:03:21 / 更新日: 2022-05-18 16:08:52

avatar

星野

編集者

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。