pdf app

PDFelement(PDFエレメント) - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement(PDFエレメント) - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード

【PDF パスワード】無料でPDFファイルにパスワードを設定する方法6選

Home > PDF保護 > PDFファイルにパスワードを設定しましょう!→

目次:

PDFファイルにパスワードを設定したいのですが、どうすればいい?

皆さんは、情報漏洩やセキュリティ対策として、PDFファイルにパスワードを設定したいと思った事はありませんか?特にPDFは、機密性の高い文書を取り扱う際に広く活用されているため、パスワードを設定し、データを保護したいという方は多いと思います。今回は、PDFファイルにパスワードを設定する方法をご紹介します。

Part 1. PDFにパスワード設定・PDF保護のご紹介


①なぜpdfファイルにパスワードを設定する必要があるのでしょうか?

そもそもなぜpdfファイルにパスワードを設定する必要があるのでしょうか?PDFの用度によって様々ですが、設定する主な理由として以下の点が挙げられます。
・セキュリティ強化
・特定のユーザー間のみでの共有・閲覧
・第三者によるデータ改ざんや情報漏洩の防止
あらかじめパスワードを設定しておくと、情報漏洩などの脅威からPDFのデータを守ることができます。

②PDF保護ソフトでパスワードをかけるのが可能でしょうか?

PDFファイルを受け取る機会が結構あります。そして案外多い頻度でPDFパスワードが設定されていたりします。Eメールに添付されてくる場合、通常はPDFが添付されているEメールとは別メールで、パスワードが送信されてきます。
ネット上で探してみると、PDF保護ソフトのご紹介、といったウェブページが結構見つかります。そのようなソフトを使って簡単にファイルを暗号化することができます。Microsoft Wordで無料で暗号化のPDFを作成できます。Wordの他には、Wondershareの「PDFelement」というソフトをPDFの作成や編集、他のファイル形式への変換などで使用していますが、このソフトも当然ながら、PDFを暗号化できるソフトです。PDFをPDFファイルコピー禁止するために、PDFパスワード設定や保護設定することができます。


③オープンパスワードと権限パスワード

PDFの中にパスワードが二種類あります。それはオープンパスワード(PDF開くパスワード)と権限パスワード(マスターパスワード)です。
・オープンパスワード:PDFファイルを開くときに「保護されたPDF」というようなメッセージが表示されます。パスワードを入力しないとファイルを開くするのができません。つまり、PDFファイルを開くときにパスワードの入力を求める場合、それがオープンパスワードです。別の人がPDFを開けないために、オープンパスワードを設定するのが多いです。


pdf パスワード


・権限パスワード:PDFファイルを開いてから、PDF中のコンテンツ(テキスト、画像など)を変更・コピーすることことができなくて、権限パスワードを求められます。つまり、権限パスワードをかけると、PDFを閲覧できますが、PDFを編集、変更、印刷、コピーなどに制限がかけられます。権限パスワード入力してから、制限を解除できます。


pdf パスワード


Part 2. PDFelementでPDFファイルにパスワードを設定する方法

PDFelementは、高度なUIを実現していて、スムーズにPDFの編集、保護、OCRなどを行う事ができます。特にPDFの保護機能では、一括墨消しやパスワードの一括設定など、便利で強力なツールが用意されています。 「PDFelement」を使ってパスワードや利用制限のついたPDFファイルを作成する手順をご紹介します。


ステップ 1:パスワードを設定したいPDFファイルを開く

PDFファイルを開くには、メイン画面の「開く」をクリックして、パスワードを設定したいPDFファイルを選択します。 また、ドラッグ&ドロップすることでPDFを開くこどもできます。


pdf パスワード


ステップ 2:PDFにオープンパスワード、権限パスワードを設定


pdf パスワード


「セキュリティ」タグをクリックすると、セキュリティツールバーに入ります。セキュリティ・パスワードという設定ウインドウを開き、PDFオープンパスワー ドとPDF使用許可パスワード、という2つのパスワード設定項目があります。


pdf パスワード


・PDFにオープンパスワードをかける

オープンパスワード(PDF開きパスワード)を設定したい場合は、「ドキュメントを開くためにパスワードが必要です。」のオプションを選択して、「パスワード」、「パスワード確認」枠に入力します。 「OK」をクリックすると、パスワード設定のダイアログボックスが閉じます。


・PDFに権限パスワードをかける

権限利用許可パスワードでは印刷の解像度指定や、変更可能な操作を限定する項目があります。まずは使用許可のオプションを選択して、パスワードを入力します。
「印刷設定」オプションで「印刷不可」、「低解像度印刷」、「高解像度印刷」が設定可能です。
「変更設定」オプションで「変更不可」、「ページを挿入、削除、回転可」、「フォームフィールドと電子署名可」、「フォームフィールドと電子署名可、注釈可」、「ページ抽出以外の任意操作可」が設定可能です。
「OK」ボタンをクリックして、PDFパスワード設定が完了します。


ステップ 3:暗号化したPDFを保存する


 画面左上の保存アイコンをクリックして、PDFファイルの保存先とファイル名を設定して、「保存」をクリックします。そうすると、暗号化したPDFが作成されました。

ヒント:
ファイルを開こうとすると、[○○.pdfファイルは保護されています。PDFドキュメントを開くためには、正しいパスワードをご入力ください]というメッセージが表示されて以降の操作はできなくなっています。ここで保護されたPDFファイルのパスワードを入力すると、保護されたPDFを開くことができます。


Part 3. 初心者でも簡単!オススメのオンラインPDF保護ツール4選


PDFファイルにパスワードを設定するには、PDF編集ソフト「Adobe Acrobat Pro DC」を利用して行うのが一般的です。 しかし最近では、無料でPDFにパスワードを設定できる「オンライン保護ツール」と呼ばれるものが登場しています。 ここでは、オススメのオンライン保護ツール4選を紹介します。


① Hipdf を利用してPDFを暗号化

「Hipdf」は、無料でPDFの編集や保護が行えるオンラインツールです。無料オンラインサービスの代表格として有名なツールで、登録等せずに1ステップでパスワードを設定する事ができます。操作は非常にシンプルなので、初めてPDFを利用する際にオススメです。 完全無料のPDF保護サービス「Hipdf」公式サイトで、PDF保護画面を開きます。
PDFファイルをPDF暗号化画面にアップロードし、PDFを開くパスワードを入力欄に入力し、青い「暗号化」ボタンをクリックすれば、PDF保護作業が完了します。


pdf パスワード



② Smallpdf

こちらも「Hipdf」と同様、無料でPDF保護などが行えるオンラインツールです。128ビットのASE暗号により、わずか2回のパスワード入力で、高度な保護が可能です。また、保護以外にも、PDFの変換・圧縮・回転などをドラッグ一つで行う事ができます。


③ PDFProtect

その名の通りPDFの保護に特化したオンラインサイトです。 英語表記ではありますが、複雑な操作を一切せずに簡単にパスワードを設定できます。 更に本サイトでは、暗号化の強度を「ハイ」と「ロー」の2つから選択できるので、用度に合わせた調節が可能です。


④ CubePDF

「CubePDF」は、仮想プリンター形式で利用できる無料PDFソフトです。 安定した操作性が特長で、初心者でも簡単にPDFの作成やパスワード設定を行う事ができます。 また、その他にフォーム入力の制限や文書プロパティの設定、ダウンサンプリングといった多彩な機能も収録しています。


Part 4. Microsoft WordでPDFにパスワードをかける無料方法

無料でMicrosoft Wordでもパスワードをかけるのが可能です。(*無料のOffice WordでPDFにオープンパスワードを設定することができますが、権限パスワードを設定することができない。)


① WordファイルをPDF形式にエクスポート

パスワードをかけたいWordファイルを開いて、メニュバーの「ファイル」をクリックして、「エクスポート」→「PDF/XPSの作成」をクリックします。


pdf パスワード


pdf パスワード


② PDFのパスワードを設定する

ダイアログボックス内の「オプション」をクリックして、「PDFのオプション」の「ドキュメントをパスワードで暗号化する」を選択して、「OK」をクリックします。


pdf パスワード


「PDFドキュメントの暗号化」メニューでパスワードを入力して、「OK」をクリックします。


pdf パスワード


③ Wordから暗号化のPDFを作成

ステップ②が完了後、ダイアログボックス内の「発行」をクリックして、PDFを作成します。


pdf パスワード


いま設定したパスワードを入力して、PDFを開くことができます。


pdf パスワード



Part 5.Adobe Acrobat(アドビ アクロバット)を用いたパスワード設定

最後に、Adobe社から販売されている「Adobe Acrobat Pro DC」を利用して、PDFファイルにパスワードを設定する方法を紹介します。

ステップ1 ソフトの起動

まずは、PCを立ち上げて、デスクトップ・メニューから「Acrobat Pro DC」を起動します。

ステップ2 パスワード設定を開く

画面上部の「ツール」から「保護」→「暗号化」をクリックして、「パスワードによる暗号化」を選択します。 そうすると、パスワードの設定画面が表示されるので、オプション項目の「文書のすべてのコンテンツを暗号化」にチェックを付けます。

ステップ3 「文書を開く」パスワードを設定する

「文書を開く」項目の「文書を開くときにパスワードが必要」にチェックを付け、「文書を開くパスワード」を入力します。 ※入力時は、右のパスワード強度メーターが「強(深緑色)」もしくは「最強(薄緑色)」なるように、パスワードを設定してください。

ステップ4 「権限」パスワードを設定する

続けて、「権限」項目から「文書の印刷および編集を制限」にチェックを付けて、「権限パスワード」を入力します。 後は、画面右下の「OK」をクリックして、設定を保存します。


Part 6.Macの「プレビュー」アプリでPDFにパスワードをかける

この方法を使うと、元からPDFのファイルにも後からpdfに変換したファイルにもパスワードを設定して保護することが可能です。

1.プレビューアプリで保護したいPDFファイルを開きます。
2.ファイル、プリントの順にクリックします。
3.画面左下のドロップダウンリストから「PDFとして保存」を選択します。
4.画面が変わるので、「セキュリティオプション」をクリックします。
5.「書類を開くときにパスワードを要求」にチェックを入れ、「パスワード」と「確認」のところに同じパスワードを入力してください。
6.「OK」をクリックすると、パスワードのかかったPDFファイルが生成されます。

この時、パスワードなしのファイルを残しておきたい人はファイル名を変更して保存するように注意しましょう。


Part 7.ZIP圧縮でPDFにパスワードを設定する

ファイルにパスワードを設定するには「ZIPに圧縮する」というのが有効です。ZIPファイルに圧縮する際にもパスワードを設定することが可能ですので、PDFファイルを多量にやり取りする際、それぞれにパスワードを設定するよりも手軽に利用できます。 当然ながらファイル容量の削減にも一役買っていますので大変おすすめです。Windows標準搭載の圧縮機能ではパスワードを設定することが出来ませんので、別途フリーの圧縮ソフトが必要です。様々な圧縮形式に対応している「7-Zip」を例にして、ZIPファイルにパスワードを設定する手順を見ていきましょう。

ステップ1
7-Zipのセットアップが完了すると右クリックメニューに「7-Zip」が追加されますので、圧縮したいファイルを右クリックし「圧縮」を選択してください。

ステップ2
そうすると「ファイル圧縮」という画面が開きます。ここで圧縮形式を指定し、パスワードを設定することが出来るわけです。

ステップ3
まずは、「書庫形式」を確認しましょう。この項目で、ZIPや7Z等の様々な形式を選択できるのですが、特にこだわりがなければZIPにしておくと良いでしょう。ZIP以外の形式は、解凍ソフトがないと解凍できないため、やり取りする環境によっては不便になってしまいます。

ステップ4
続いて暗号化の項目でパスワードを入力してください。暗号化形式も変更しないほうが利便性の観点でおすすめです。

ステップ5
入力すべき項目は以上ですので、内容を確認し「OK」をクリックしましょう。あとは圧縮が完了するのを待つだけです。

PDFは非常に便利なファイル形式ですが、中身が重要なデータや書類の時は情報漏洩対策を万全にしないと危険です。パスワードをかけることは有効な対策の一つです。「PDFelement」「Adobe Acrobat Pro DC」などのソフトなら簡単に用途に応じたパスワードをかけることができますし、そのセキュリティ強度も判定してくれます。また、もし無料でPDFパスワードを設定したい場合は、ぜひ紹介したオンライン保護ツールを利用してみましょう。
セキュリティの観点からパスワードを設定することは重要ですので、日頃から色々なものにパスワードを設定することを意識してみてください。

PDF高度編集・PDFelement

Wondershare PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

作成日: 2017-04-02 19:48:17 / 更新日: 2020-09-22 16:16:44

星野

編集者

0 件のコメント

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。
Top
[匹配渠道块数据有误ptengine.html]