PDFelement 7.6Mac版が登場

コスパ最高なMac版 PDF 編集ソフト.

Apple M1 チップを支持New
効率的にPDFelementをApple M1 Mac チップセットで利用できます。
直接にMacでスキャンナーからPDFファイルを作成できます。
任意のPDFファイルからデータを抽出できます。(スキャンされていないPDFファイルを含む)
PDFをアーカイバル・PDF(PDF/A-2B)に保存できます。また、フォームフィールドや注釈をフラット化することが可能。
プリファレンスツールバーを隠しながら注釈を連続的につけることができます。
「検索可能なテキストと画像」と「編集可能なテキスト」二つのOCRモードが選択できます。

歴史バージョン

1. macOS Big Sur Beta版に対応できるようになりました。
1. 数字キーパッド付きのマジックキーボードの削除キーでも内容を削除できるようになりました。
2. ePub形式へ変換する際に特定の問題を修正しました。
3. 製品のメモリ管理を強化し、製品の安定性を向上させました。
1. 読み取りモードで、右側のサイドバーは非表示になります。
2. Retina画面でない場合、ドキュメントがぼやけてくる表示問題を修復しました。
3. 韓国語入力の流暢さを向上させました。
1. スキャナからPDFの作成ができるようになりました。
2. .heic,.heifからPDFの作成ができるようになりました。
3. ソフトの表示言語を韓国語にすることができるようになりました。
1. 閲覧、ズームのパフォーマンスを改善し、ドキュメントの読みやすさが大幅に向上しました。
2. 透かしを並べて表示する機能を追加しました。
3. フィールドリストでフォームフィールドの管理ができるようになりました。
4. フォームフィールドのデータのバッチ抽出ができるようになりました。
5. 設定のオプションを改善しました。
1. PDFをPagesに変換できるようになりました。
2. リンクの外観を設定できるようになりました。
3. 印刷の効果を向上させました。
1. 注釈ツールバーはソフトの上部/左側に自由に設定できるようなりました。
2. 開いたウィンドウに新しいドキュメントをドラッグして、開くことができるようになりました。
3. 非Retinaディスプレイでテキストが鮮明に表示されない問題を修正しました。
4. テキスト検索機能を最適化しました。
5. 特定の状況でソフトがクラッシュしてしまう問題を修正し、全体的な安定性とパフォーマンスを向上させました。
1. ドキュメントの表示効果を最適化し、一部のドキュメントの内容がぼやける問題を解決しました。
2. 一部の中国語と日本語フォントが表示されない問題を修正しました。
3. macOS 10.13でOCRプラグインのダウンロード失敗問題を修正しました。
4. 特定のドキュメントで画像が表示できない問題を修正しました。
1. macOS 10.12でショートカットキーを使用してアプリケーションを終了する際のクラッシュ問題を修正しました。
2. 検索機能でページ操作を使用することによって引き起こされるクラッシュ問題を修正しました。
3. 単一ページビューと見開きベージビューでドキュメントを再度開いた後、ページの内容が表示されない問題を修正しました。
1. Word、PowerPoint、ExcelをPDFに作成することができるようになりました。
2. Pages、Keynote、NumbersをPDFに作成することができるようになりました。
3. ページのトリミングができるようになりました。
4. 墨消し機能を追加しました。
1. ユーザー体験を向上させるには、新UIをデザインしました。
2. ファイルのフラット化機能を追加しました。
3. フォーム機能を最適化させました。
4. ページビューの再設計により、ナビゲーションを最適化させました。ドキュメントの再編成、分割・抽出ツールへのアクセスを改善しました。
5. 細かい点の訂正と改善を行いました。
あなたの仕事効率を高める「PDFelement」

機能を全て「無料」でお試し頂くことが出来ます。

Top