pdf app

PDFelement(PDFエレメント) - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement(PDFエレメント) - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード

chromeでおすすめの拡張機能

Home > 情報 > chromeでおすすめの拡張機能

chromeにある拡張機能を知っていますか。知ってはいるけれど、どういった機能なのかわからないという人もいるでしょう。また、たくさんあるので、どれを使ったらいいの迷ってしまいます。ここでは、おすすめの拡張機能について解説します。機能の特徴を知ることで、どれを使ったらいいのかわかってきます。



1. OneTab


OneTab


OneTabは、画面をシンプルに使いやすしくてくれるchromeの拡張機能です。大量に届いたタブに困った、という経験がある人もいるでしょう。そんなときには、OneTabがおすすめです。複数のタブを1つにまとめることができます。たくさんあって、どこにどんな情報があるのかわからないというときにも、OneTabならアイコンをクリックするだけで、タブを1つにまとめてくれて、リスト化することもできます。履歴として残すこともできますし、名前をつけてグルーピングすることも可能なので、作業効率のアップにも繋がります。更に、メモリの使用量も少なくてすむというメリットもあります。



2. Black Menu for Google


Black Menu for Google


Black Menu for Googleは、あらゆるGoogleのサービスを使いやすくしてくれるchromeの拡張機能です。仕事をしているときに、Gmailや翻訳機能などGoogleのサービスを使いたいときもあります。そんなときに、Black Menu for Googleを使うと、クリックするだけでGoogleのサービスが、ポップアップメニユーとして表示されるので、簡単にすぐ活用することができます。時間短縮にもなるので、急いでいるときにはピッタリです。



3.Autopagerize for Chrome


Autopagerize for Chrome


Autopagerize for Chromeは、効率良く仕事をしたい人にはピッタリのchromeの拡張機能です。検索結果をスクロールすると、2ページ目、3ページ目と進んでいきます。その度にクリックするのは面倒だと感じている人もいるでしょう。そんなときに、Autopagerize for Chromeを使うと、自動で次のページを読みこんでくれるのです。スクロールしていくだけで、クリックすることなく次のページを読み続けられるので、時間も短縮できますし、必要な情報を一気に読むこともできます。



4. Speed Dial 2


Speed Dial 2


Speed Dial 2は、ブックマークを使いやすくしてくれる拡張機能です。ブックマークの数が多くなると、希望のサイトを探すだけで一苦労です。ですが、Speed Dial 2はサイトごとにグループ化してまとめることができますし、登録したサイトのタイトルとサムネイル画像がchromeのトップページになるので、使いたいサイトもすぐにわかります。これまで、ブックマークからサイトを探すのに時間がかかって困っていたという人には、最適な拡張機能です。



5. Save to Pocket


Save to Pocket


Save to Pocketは、記事の保存に便利なchromeの拡張機能です。Webサイトを閲覧していると、保存しておきたいページを見つけても、保存するまでに時間がかかって困るという人もいるでしょう。そんなときに、Save to Pocketを使えばWebサイトの記事をすぐに保存することができます。そして、外出先でも記事を見返したいというときがあります。そんなときには、Save to Pocketのスマホやタブレット版のアプリを入れておけば、いつでも記事を見ることができます。また、スマホやタブレットで保存した記事をPCで見ることも可能です。たくさんの記事を保存しておきたい人や、外出先でも仕事をする人にもピッタリな拡張機能です。


6. Search Preview


Search Preview


Search Previewは、検索結果にサイトのプレビュー画像を表示することができるchromeの拡張機能です。サイトを訪問したときに、後日、同じサイトを探してもなかなか見つからないときがあります。その理由は、検索結果に表示されるのがサイトのタイトルやURLといった文字だけだからです。ですが、Search Previewは検索結果にサイトのHPのプレビューが表示されるので、すぐにどのサイトを探しているかがわかります。この機能を使うことによって、目的のサイトを探すのに時間はかからないので、なかなか見つからずイライラするということもなくなります。


7. Grammarly for Chrome


Grammarly for Chrome


Grammarly for Chromeは、海外との仕事が多い人には最適なchromeの拡張機能です。chrome上で英語の文章を入力すると、すぐに文法やスペルをチェックしてくれるので、誤った文章を相手に送ることはありません。万が一、文法やスペルを間違えたときには、画面の右下に表示される数をクリックすれば、どこを修正したらいいのかがすぐにわかります。日頃から英語でビジネスに関するメールを作成したり、チャットをするときには、難しい英単語のミスも見つけてくれるGrammarly for Chromeは大いに役立ちます。


8. Weblioポップアップ英和辞典


Weblioポップアップ英和辞典


chromeで記事を読んでいるときに、意味がわからない英単語に困った人もいるでしょう。そんなときに役立つ拡張機能です。意味を知りたい英単語にカーソルを合わせるだけで、すぐにその意味がわかるので、記事をスムーズに読むことができます。英単語の意味も表示されますし、スピーカーのアイコンをクリックすれば、発音も確認することもできるので、単にわからない英単語を調べるだけではなく、これから英単語を学びたいと考えている人にもピッタリな拡張機能です。


9. HTMLエラーチェッカー


HTMLエラーチェッカー


chromeでHTMLを書いたときに、すべて目視でチェックするのは大変です。HTMLエラーチェッカーは、HTMLの構文エラーをチェックすることができます。エラーがあった場合には、エラーが発生している行に「開始タグがない」や「閉じタグがない」と表示されるので、どこにエラーがあるのかがすぐにわかります。でも、チェックするのを忘れてしまっては、結局ミスをしたままの文章になってしまいます。ですが、HTMLエラーチェッカーの自動チェックを有効にしておくと、アイコンをクリックしなくても自動でチェックしてくれるので、どんな小さなミスも防ぐことが可能です。


10. grt memo


grt memo


grt memoは、chromeを利用しながらメモをとることができる拡張機能です。サイトを閲覧していると、急にメモを残しておきたいときもあります。そんなときにgrt memoを使えば、簡単にブラウザ上にメモを残しておくことが可能になります。メモをとりたいときに、「メ」と書かれた部分をクリックするだけで、すぐにgrt memoの画面が表示されるので、内容を入力するだけで大事な内容をメモに残しておくことができます。また、TIME機能を使えば、現在の時刻も入力されるので、いつメモに残したかがすぐにわかります。更に、URL機能を使うと閲覧しているサイト名とサイトURLをすぐに入力されるので、後でサイトをもう一度見たいときにも便利です。



chromeをより便利に活用するためにも、拡張機能を使うことは大切です。どれを使ったら良いか迷ったときには、まず自分にとってどんな機能が必要なのかをじっくり考えてみましょう。自分が必要としている機能がわかったら、後は役立つ拡張機能を探すだけです。

PDF高度編集・PDFelement

Wondershare PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

作成日: 2020-10-29 11:55:45 / 更新日: 2020-10-29 16:55:59

avatar

星野

編集者

0 Comment(s)

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。
Top