pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード
OCR機能でスキャンされたPDFデーダを抽出・変換 →

【PDF OCRソフト】画像化のPDFデーダ抽出・変換する方法

Home > PDF-OCR > OCR機能でスキャンされたPDFデーダを抽出・変換 →

目次:

OCRとは、自動文字認識のことでスキャンした画像データから自動で文字を識別してテキスト化することができる機能です。OCRは、さまざまなソフトウェアで使用できるもので文書ファイル形式のPDFを取り扱うAdobe Acrobatでもその機能が搭載されています。しかしAdobe Acrobatを使わなくても高機能なOCRを搭載したPDF編集加工するソフトウェアは多く存在しています。

Part 1. OCRとは?OCRの仕組みと用途について


OCRの仕組みについて

OCRとはOptical Character Recognition/Readerの略で日本語では光学的文字認識と呼ばれます。これらは画像データにある文字を識別してテキスト化(文字コード化)するものです。仕組みは手書き文字認識と同じで一定の範囲にある線を識別して最適な文字コードを探し出して変換するというものです。活字体で書かれたものであれば、ほぼ完全にテキスト化することができますし、手書きのものも精度が上がっており、またコンピューターの性能が向上しているので、わずかな時間で作業を完了させることができます。


OCRの用途について

用途としては文書をテキスト化するさいの補助として使われます。OCRが登場する以前のテキスト化は人力ですべての作業を行ってきましたが、これをソフトウェアで補助することでその作業の度合いを大幅に減らすことができます。またpdfファイルでは、必ずしもすべてをテキスト化するのではなく検索時だけ適用されるものがあり、この場合には画像ファイルによる文章ですが、検索するさいにはocrによって得られたデータを用いて行うので、画像の文書であっても、検索機能を使って目的のページを探すことが可能です。


Part 2. PDFを使うメリットは?PDFで出来る機能とは?


PDFを使うメリット

PDFは、Portable Document Formatの略で、アドビシステムズが発表している文書規格です。目的としてはソフトウェアやハードウェア、またオペレーションシステムによる違いに関係なく文書を確実に表示したり、また印刷するための機能を有しています。現在、国際標準化機構(ISO)によって管理されており、世界中で使われており数多くのソフトウェアで対応しています。基本的に閲覧だけであればAdobe Acrobat readerと呼ばれるソフトを使います。Adobe Acrobat DCは編集加工ソフトで無料で試用することができます。


PDFで出来る機能

基本的な考え方としてはあらゆるハードウェアやソフトウェアでも規格通りに作られたソフトウェアを使えば正確にその文書を見ることができるというものです。このためページ印刷に特化しておりPDF形式でマニュアルや申請書を作成して公開しているところも多くあります。圧縮機能があるのでファイルサイズを小さくすることができますし、パスワードを設定することで自由に閲覧できないように制限するといった機能も付与されているものです。それに電子署名にも対応しているので公文書の形式としても広く使われています。また文書を作成する一定の機能を有しているソフトも多く、その中の便利な機能がOCRです。


Part 3. PDFelementを使ったOCR


PDFelementは、PDF編集や加工を簡単に行えるソフトウェアです。多様な機能が搭載されていますが、そのひとつにOCR機能も実装しています。PDFelementの使い方は簡単で画像を読み込ませ実行すればテキスト化が完了です。これによりテキストの検索やコピペが可能です。それにテキストの編集や挿入が出来ますし文字のフォントやサイズを変更することもできます。また文字以外の画像もサイズごとに切り分けて保存されるので、ロゴだけを抽出するといった使い方もできます。

PDFを編集加工するのであれば、ocrの機能が搭載されているものを選ぶことで紙媒体による文書を読み込ませるさいの作業負担を大幅に軽減することができます。それにテキスト化することによってPDFファイルから目的のワードを検索することができますし、読みにくい文書を読みやすく編集するといった面でも便利です。


Part 4. PDFelementのOCR機能でスキャンしたPDFを編集可能なファイルに変換する方法


日常の仕事にデジタル文書形式のPDF、Webサイトや取引先から入手したPDFはいつも困るでしょう?また、新聞・雑誌の多くは、単に文字が同じ並び方で並んでいるのではなく、段組みやコラムがあり、表や図があり、標題があります。閲覧・印刷用だけに困るのはそのデータの再利用でしょう?この場合再利用したい時はどうしたらよいでしょうか?「PDFelement 」をお勧めします。その中のPDF OCR機能で従来画像として出力されていた文字を、編集可能な文字として出力可能です。(*PDFelementの他にはPDF OCRツールもあります、より多くの無料PDF OCRツールについて詳しくは>> )

PDFelementのOCR機能を利用することで、フォントが埋め込まれていて文字コードがないPDFからも文字を認識して変換することが可能です。今回は、「PDFelement Pro」のOCR機能で画像化のPDFデーダ抽出・変換する方法をご紹介いたします。


Step1. 画像形式、あるいはスキャンされたPDFファイルの読み込む

『PDFelement 』をダウンロードして、インストールしてください。

起動後、PDFをドラッグ&ドロップでこのソフトのウィンドウに落とすか、『開く』ボタンからファイルを選んで、変換したい画像化のPDFファイルを選択・登録できます。複数のPDFファイルを一括で読み込みできます。


Step2. 「PDFelement Pro」とOCRプラグインのインストール

「編集」→「OCR」から、OCRプラグインをダウンロードしてインストールしてください。


PDF OCR


Step3. 画像化のPDFデーダを出力する前に、出力形式とOCR機能を設定

変換する前に、PDF OCR設定を行うのが必要です:出力形式を選択した後、出てきたウィンドウに「設定」をクリックして、「OCR機能」→「スキャンされたPDFファイルのみ」を選択し、「OK」をクリックします。
「変換」タグから、「Word形式に」または「他の形式に」で出力ファイル形式を選びます。*スキャンしたPDFファイルを編集可能のWordに変換する方法について詳しくは>>
Word、Excel、PowerPoint、画像、EPUB、HTML、TEXT、RTFなどで出力することができます。*OCR機能でスキャンしたPDFを編集可能のエクセルに変換する方法について詳しくはこちら>>
変換したいファイル形式をクリックすれば相応形式に変換してくれます。


PDF OCR


Step4.  画像化のPDFを他の形式に変換開始

PDF OCR設定が終わったら、保存先を設定し「保存」をクリックして、変換が始まります。
数秒後にファイルが変換完了ということを知らせる画面が表示されます。画像化のPDFから変換されたファイルは編集可能になります。


PDF 変換


以上はOCR機能付きのPDF編集・変換ソフトで、画像化のPDFを編集う可能のファイル形式に変換する操作手順でした。簡単でしょう。

PDFelement」は文字認識可能なOCR機能を付き、文字が画像化されてしまったPDFに対しても、画像からテキスト情報を抽出して、PDFを各形式ファイル(Word、Excel、PowerPoint、Epub、HTML、Text、画像jpegなど)への高精度変換も可能です。今すぐこのPDF ocrツールを無料でダウンロードして試してみましょう。

PDF高度編集・PDFelement Pro

Wondershare PDFelement Pro

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

作成日: Apr 03,2017 11:32 am / 更新日: Sep 11,2019 15:29 pm

0 Comment(s)

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。