4つのソフトでレイヤー付きのPDFファイルを作成する方法

Home > 活用Tips > レイヤー付きのPDFファイルを作成する4つの方法

はじめに

Adobe Photoshopなどでよく耳にする「レイヤー」という概念はPDFにもあります。PDF文書にレイヤーを使うことで資料の見せたくない部分を一時的に非表示にしたり、再度表示させたりすることが可能となります。

今回はPDFのレイヤーとはどんなものか、PDFelement(PDFエレメント)のレイヤー表示機能と、レイヤー付きのPDFファイルを様々なアプリケーションで作成する方法を紹介します。

目次:


1.PDFファイルのレイヤーについて

Adobe Photoshopではレイヤーを「積み重ねられた透明フィルム」と表現しています。レイヤーは複数作成可能で、それぞれのレイヤーには文字や画像を配置でき、順序を変更したり、表示/非表示を切り替えたりすることで多彩な表現が可能となります。

PDFレイヤーはAdobe Readerにて追加された機能です。PDF 内で情報を複数のレイヤーに分けて格納できます。各レイヤーに関連付けられたコンテンツを表示または非表示にしたり、エクスポートや印刷ができます。


PDFレイヤー


レイヤー付きPDFは地図や設計図のように最初から階層構造を持つものに使ったり、テストの問題と解答を分けたりしたい場合に非常に有用です。

例えば、1層目のレイヤーにテストの問題、2層目のレイヤーにテストの問題の解答を配置し、2層目の表示/非表示を切り替えることで、問題のみのPDF、問題と解答のPDFを1つのPDFで作成することができます。


PDFレイヤー


なお、PDFelement(PDFエレメント)でもPDFレイヤー機能を揃えています。「レイヤー名の変更」、「表示」、「表示設定のロック」、「エクスポート」、「印刷」などの機能があります。


PDFレイヤー


PDFelementの操作方法の詳細はこちらの記事を参照してください。

関連記事:レイヤーってなに?PDFにもレイヤーを操作可能に!>>


2.レイヤー付きのPDFファイルを作成する方法

次に、レイヤー付きPDFを作成する方法を紹介します。

PDFレイヤーはInDesign、AutoCAD、Visio、Illustratorなど様々なアプリケーションで作成できます。



① InDesignでレイヤー付きのPDFファイルを作成する方法

Adobe InDesignでのレイヤー付きPDFを作成する方法を紹介します。

InDesignで「ウィンドウ/レイヤー」→「新規レイヤーを作成」ボタンをクリックしてレイヤーを作成します。作成したレイヤーをダブルクリックしてカラーやレイヤーの表示/非表示、プリントなどのオプションが設定できます。

その他、レイヤーの色の割り当てでレイヤーを区別しやすくしたり、レイヤーへのオブジェクトの追加、レイヤーの複製、レイヤーの順序の変更ロック削除などの操作が行えます。

PDFへの書き出しは「ファイル/書き出し」→ファイル名と場所を指定→「ファイルの種類」でAdobe PDF(プリント)を選択して「保存」をクリックします。


PDFレイヤー


② AutoCADでレイヤー付きのPDFファイルを作成する方法

AutoCADでのレイヤー付きPDFを作成する方法を紹介します。

AutoCADで「ホーム」→「画像プロパティ管理」→「新規作成」アイコンをクリックします。画層名を入力してレイヤーを作成できます。画層プロパティ管理メニューの画層リストにてレイヤーの表示/非表示、ロック、色、透過性、印刷スタイルなどのプロパティが設定できます。

PDFへの書き出しは「ホーム」→「印刷」→印刷ダイアログボックスのプリンタ/プロッタで「DWG to PDF」を選択し、PDFオプションでイメージの品質など設定します。印刷プレビューで確認後、「印刷」をクリック→ファイル名と場所を指定して「保存」をクリックします。


PDFレイヤー


③ Visioでレイヤー付きのPDFファイルを作成する方法

Microsoft Visioでのレイヤー付きPDFを作成する方法を紹介します。

Visioで「ホーム」→「編集」→「レイヤー」→「レイヤープロパティ」→レイヤープロパティのダイアログボックスで「新規」をクリックします。レイヤーの名前を入力して「OK」をクリックします。Visio上の図形を選択して「ホーム」→「編集」→「レイヤー」→「レイヤーに割り当て」でレイヤーに図形が割り当てられます。

その他、レイヤーのアクティブ化、名前の変更、削除、表示/非表示などレイヤーの操作ができます。

PDFへの書き出しは「ファイル」→「エクスポート」→「PDF/XPSの作成」→ファイル名と場所を指定して「発行」をクリックします。


PDFレイヤー


④ Illustratorでレイヤー付きのPDFファイルを作成する方法

Adobe Illustratorでのレイヤー付きPDFを作成する方法を紹介します。

Illustratorで「レイヤーパネル」→「新規レイヤーを作成」ボタンをクリックします。Illustratorのオブジェクトを選択し、「レイヤーパネル」→「目的のレイヤー名」をクリックしてレイヤーに追加できます。オブジェクトの別のレイヤーへの移動やレイヤーの統合、項目の検索などの操作ができます。

PDFへの書き出しは「ファイル/別名で保存」→ファイル名と場所を指定、ファイル形式で「Adobe PDF(*.pdf)」を選択して「保存」をクリックします。


関連記事:イラストレーターを使ってpdfを保存するには?>>


PDFレイヤー



まとめ

今回はPDFのレイヤーとはどんなものか、InDesign、AutoCAD、Visio、Illustratorにてレイヤー付きのPDFファイルを作成する方法を紹介しました。

レイヤー付きPDFは地図や設計図のように最初から階層構造を持つものに使ったり、テストの問題と解答を分けたりしたい場合に非常に有用です。

また、各レイヤーに関連付けられたコンテンツを表示または非表示にしたり、エクスポートや印刷が容易に行えます。ぜひPDFelement(PDFエレメント)を活用してみてください。

PDF高度編集・PDFelement

Wondershare PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

作成日: 2021-09-22 14:58:26 / 更新日: 2021-10-08 09:59:01

0 Comment(s)

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。
pdfelement