OneNote for Mac(ワンノート)の活用したい便利機能8選:共有、PDF、エクスポート、動画埋め込み、手書き変換など

Home > 情報 >

Microsoft社が提供するOneNote、実はMacでも利用できることを皆さんご存じですか?便利なノート代わりに利用できるこのツール、Macユーザの方々も無料で利用できます。

この記事ではMacユーザの方々向けに、OneNoteの魅力とその便利機能について解説いたします。MACユーザの皆様、是非一読ください。

目次:


Macでプレビューを使ってPDFを結合する方法


OneNoteとは、Microsoft社が提供するデジタルノートアプリです。手書きノートの代わりに利用できる便利なツールで、手書きメモの作成というノートでできる事だけではなく、画像・動画・音声の貼り付けやスケジューラとの連携などアプリがゆえにできる便利機能を搭載しています。そしてなによりこのツールを無料で利用できる点が最大のメリットではないでしょうか?



■ Mac上でも無料で利用できる

OneNoteはMacも同様に無料で利用できます。AppStore上からダウンロードしインストールすれば準備完了です。WindowsとMacでアカウントを共有化すれば双方で同じデータを変更することもできるのです。ノート代わりに利用することで議事録作成やToDoなど後でデータ化し展開する必要があるメモなどは時間短縮などに役立ちます。


OneNote for Macの便利機能

それでは、OneNote for Macを利用することによるメリットはどのようなことがあるのでしょうか?無料で利用できる点が最大の魅力ですが、何よりデジタルノートとして利用する為に非常に便利な機能を多数兼ね備えている点でしょう。

ここでは大きく8つの便利機能について解説いたします。

■ワンクリック翻訳

1つ目はワンクリックで出来る「翻訳機能」です。OneNote上のデータを英語・日本語に翻訳できるため、英語版資料の作成や逆に英語資料を日本語に変換して内容確認することが可能なのです。

翻訳方法はいたって簡単です。OneNote上の翻訳範囲を選択し、表示>翻訳をクリックすれば終わりです。画面上に翻訳結果が表示されますので、後はコピペしていただくことで翻訳情報を入手できます。



■キーボード入力だけで表作成

2つ目はキーボードだけで表作成が出来る機能です。通常OneNoteで票を挿入する場合、挿入>票を使って挿入します。しかしながらOneNoteには表作成に関するショートカットキーが準備されていますので、これらを利用することで、キーボードだけで表入力が出来ます。

例えば、Tabキーでセル移動、Ctrl+Enterで下の行を追加、Ctrl+Alt+Rで右側にセルを追加などです。ショートカットキーで作業効率を上げたい方には最適な機能かと思います。



■他ページの任意箇所にリンク

別ページの関連個所と連携させたい場合、リンクを付けたいことありますよね?PDFなどにある、目次とそのページをリンクさせるように、記載したメモと関係するページをリンクさせるようなイメージです。

OneNoteではページリンクも可能です。方法は簡単です。まずはリンク先のページを表示、Ctrl+Pでリンク先のアドレスを入手します。次にリンク元に移動、文字列を選択した上で、挿入>リンクをクリックし、アドレス欄に先ほどのリンク先のアドレスを入力すれば完了です。

目次や資料内の文字にリンクを書けることで、資料の利便性はぐっと上がるはずです。



■共有

OneNoteの最も便利な機能の1つ、それが、共有機能です。複数ユーザとNoteを共有でき、プロジェクトや交代業務などの中で情報共有できるのです。

方法はいたって簡単です。ファイル>共有を選択し、共有するユーザに招待を送るか、共有リンクを作成し、関係ユーザに送付するか?のいずれかです。



■PDF化

OneNoteでは、作成したファイルをAcrobat等のPDFツールを使うことなく、PDFファイルとして保存できます。ユーザや社内配布する際、PDF化したほうが便利な場合もありますよね。そんな時に利用してください。

作成方法はいたって簡単です。ファイルメニューから「PDFとして保存」を選び、ファイルを保存するだけです。



■エクスポート

作成したOneNoteの資料を他に方に渡す、関係者と共有するなどしたいこともあるのではないでしょうか?そんな時に利用できる機能がエクスポートです。OneNoteメモをファイルとして取り出しできます。

マイノートブックで、エクストートするノートブックの名前をCtrl+クリックし、ノートブックのエクスポートをクリックします。次の画面でエクスポートをクリックして、ファイルを保管することでファイルとしてエクスポーできます。



■動画埋め込み

YouTubeや他サイトにある動画を参考までに埋め込みたい、そんな要望もあるでしょう。OneNoteはそのようなことにも対応できます。

動画埋め込み方法もいたって簡単です。目的動画のURLを入手したら、ページの目的の場所に張り付けるだけです。あとは、ビデオの再生ボタンが表示されてきますので、それを押し再生するだけです。


■手書き変換

OneNoteは、描画>ペンを選択し手書き文章を入力できます。普通のノートのようにメモを入力できるるわけです。ただそれだけではありません。さらに入力した手書きメモを文字変換することが可能なのです。

方法は簡単、手書き文章を書いたうえで、手書き範囲を選択し、「インクをテキストに変換」を選択します。こうすることで、手書き文字を文章に変換できるのです。

→関連記事:このWindows用PDF ソフトもMacプレビューのように簡単に閲覧、編集できる

→関連記事:OneNoteに直接PDF添付とPDFページを挿入する方法は?


まとめ: 便利なデジタルノート、OneNote for Macを利用しよう

いかがでしたか?普通のノートのように利用できるOneNote、多くのWindowsユーザが利用するこの便利ツールをMac上でも利用してみませんか?この記事を参考に利用検討いただければ幸いです。

PDF高度編集・PDFelement

Wondershare PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

作成日: 2021-06-10 14:47:05 / 更新日: 2021-11-17 17:43:09

0 Comment(s)

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。
pdfelement