TIFFとPDFの違いを比較する

Home > PDF変換 > TIFFとPDFの違いを紹介

プレゼンなどの資料を作成したり確認したりする時、様々な形式のファイルがあることに気づきませんか?画像を使ったファイルの保存形式にはいくつかの種類があり、保存形式によって特徴も適した用途も異なります。中でも、プレゼン資料などを作成する際に頻繁に目にするファイル形式であるTIFFとPDFについて、両者を比較しながらその違いについて解説します。

目次:


基本はどちらもそう変わらない

TIFFもPDFも基本的には冊子や資料など、印刷物のデータファイルに使用されることの多いファイル形式です。画像を含む、あるいは画像データを保存するための形式の一つで、一定の画質を保った状態でデータを保管するために使用されます。また、JPEGやPNGなど他の保存形式と違って、両者とも複数の画像データを1つのファイル上で一元化して扱うことができます。


TIFFとPDFって何が違う?

TIFFとPDFにはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴を比較してみましょう。

#TIFFは画像をまとめたもの、PDFはデジタル化した書類

TIFFは、複数の画像データをタグと呼ばれる識別子を使用して紐づけ、一つのファイル上で扱えるようにした保存形式です。最も特徴的なのは、保存の際にデータを圧縮する処理をおこなわないので、画像を生のデータのまま画質を落とさずに保存できることです。そのため、サイズの大きな画像や解像度の高い画像を保存するのに適していて、印刷業界では広く使われるファイル形式です。

対してPDFは、文字や画像のデータをレイアウトして作った“書類”を、任意の設定に従って圧縮処理をおこない、PC上のデータファイルとして保存したもので、電子文書とも呼ばれます。画像だけでなくテキストデータも同一ファイル上で扱えるのが特徴で、PDF作成ソフトを使用することでWordやExcelで作成したデータファイルもPDFに書き出して使用することができるため、業務で使用する文書や書類のファイル形式として最も一般的に使用されています。大容量のデータを圧縮しながら高い画質を保つことができるのが特徴で、印刷媒体だけにとどまらず、ウェブ上でも広く扱われるファイル形式です。

#TIFFは画像データを異なるOSで利用でき、PDFは同じレイアウトを異なるPCで利用できる

TIFFは複数のOSに対応したファイル形式なので、WindowsとMacなどOSの異なるPC間でも同じ画像ファイルを扱うことができます。PDFは、どのPCで閲覧しても、印刷した紙媒体を配布するかのように、同じ形、同じレイアウトで表示できるのが特徴です。

#ファイル容量が全く違う

TIFFは前述通り圧縮を全くおこなわないため、ファイルサイズはかなり大きくなることが多いです。対してPDFは設定に基づいて圧縮処理がおこなわれるためファイルサイズが小さいのが特徴で、設定によっては数キロ~数百キロバイト程度の小容量で保存できます。

#対応するアプリケーションが異なる

TIFFとPDFでは対応しているアプリケーションが異なります。TIFFは複数のOSのアプリケーションで開いたり編集することができますが、PDFはadobe社の規格のため、基本的には同社の提供しているアプリケーションadobe Acrobatやadobe Readerでのみ編集・閲覧することができます。

#TIFFはウェブでは使えない

TIFFはウェブブラウザには対応していないため、ウェブ上で表示することができません。そのため、TIFF形式の画像をウェブ上で表示したい場合は、JPEGなどの他のファイル形式に変換する必要があります。対してPDFはウェブブラウザにも対応しているため、adobe Readerのアドオンが適用されているブラウザであれば閲覧することができます。




PDFelementを使ってTIFF形式の画像ファイルをPDF形式に変換する

「PDFelement」(PDFエレメント)というアプリケーションを使うことで、大容量のTIFF形式ファイルをPDFに変換することができます。その手順を解説します。

#変換前の準備

まずは、変換したいTIFFファイルをPDFelementで開きます。アプリケーションを立ち上げたら、スタートメニューから「PDF作成」を選択してダイアログボックスを開き、変換したいTIFFファイルを選択して開きます。

#あとは保存するだけ

PDFelementの「PDF作成」モードでTiffファイルを開くと、ファイルが自動的にPDF形式に変換されます。あとは、編集画面の左上にある「保存」アイコンをクリックすると、開いたTIFFファイルがPDF形式で保存されるので、それで完了です。

→関連記事:PDFをTIFFに変換する方法とソフトとは?


画像だけならTIFF、テキストデータも含む場合やウェブ上で利用する場合はPDF

画像データのみを扱い、印刷して使用する場合は画質に優れるTIFFに強みがあり、テキストデータも含めた文書として作成する場合やウェブ上での使用を前提としている場合は汎用性と容量コストに優れたPDFに強みがあります。使用するデータや用途、ファイルを使う媒体などシーンに応じて使用するファイル形式を使い分けるといいでしょう。

PDF高度編集・PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け学割優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

作成日: 2020-12-21 14:24:18 / 更新日: 2022-05-16 11:29:20

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。