Acrobat XでPDFを画像ファイル「TIFF」に変換!同じ機能でも価格が圧倒的に安いソフトをご紹介♪

普通おなじみの画像ファイル形式「jpg」、「png」と違い、「TIFF」とは?

TIFFとは、MicrosoftとAldus(現在はAdobeによって吸収合併されている)によって開発された画像データのファイル形式のことである。

圧縮・非圧縮どちらにも対応し、カラーチャンネルを複数選択できるなどの特性があるため、一部の分野では活躍されています。しかしながら、独自形式であるために対応するソフトウェアが少ないから、時々ファイルをtiff形式に変換することでつまずきますね。
例えばPDFファイルをTIFFに変換したい場合、無料の変換サイトならJPGにしか対応できないため、多くの方は高価のAdobe Acrobatを使うことになります。

ここでAcrobatと同じく、PDFからTIFFに変換できるソフトを紹介します。コスパが高いので、Adobeの代用品としてぜひ無料体験してみてください。

Part 1Adobe AcrobatでPDFをTIFFに変換する方法

Step 1. ツールパネルから、文書処理/すべての画像を書き出しを選択します。

PDFelementでPDF履歴書を編集する

Step 2. すべての画像を書き出しダイアログボックスで、画像のファイル形式を「.tiff」に選択します。

PDFelementでPDF履歴書を編集する

選択完了後、「保存」を押して、PDFからTIFFへの変換が完了です。

    Acrobatは様々な機能を備え、大変優秀な製品です。しかしながら、高額の費用が掛かり、操作方法もパソコン初心者にはやや複雑です。 
    そこで、「PDFelement 6」という製品をご紹介します。 この製品はパソコン初心者や操作が苦手なユーザーでも簡単にPDFファイルをtiffファイルへ変換する事が出来ます。

Part 2コスパ高の代用品!PDFelement 6でPDFをTIFFに変換する方法

Step 1.「PDFelement 6」のスタートメニューで、「PDF変換」を選択します;

PDFelementでPDF履歴書を編集する

ダイアログボックスで、TIFFに変換したいPDFファイルを指定します。

Step 2. PDFファイルの指定が完了後、画像のファイル形式を「.tiff」に選択します。

PDFelementでPDF履歴書を編集する

選択完了後、「保存」を押して、PDFからTIFFへの変換が完了です。

    以上、「PDFelement 6」でPDFをTIFFに変換する方法を紹介いたしました。
    Adobe Acrobatと同じく機能で、わずか2ステップで変換が完了、初心者にも優しいソフトです。
    価格も税込5,980円という、お求めやすい値段となっています。 Windows 10/8/7/XP/Vistaと幅広いOSに対応している点も嬉しいですね。
    コスパ重視なら、ぜひAcrobatの代用品として活用してください!

PDFelement6

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、第24回VectorプロレジPDF部門受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ:
作成日: Mar 29,2017 11:47 am / 更新日: Apr 19,2017 21:39 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

Home > PDF変換 > 同じ機能でもコスパが圧倒的に高い!今すぐ無料体験
All-In-OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF作業体験を。

5,980 円から 永久ライセンス

無料体験 購入する
Top