pdf app

PDFelement(PDFエレメント) - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement(PDFエレメント) - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード

XMLとHTMLの違いとXMLファイルをWordに変換する方法

Home > PDF変換 > XMLとHTMLの違いとXMLファイルをWordに変換する方法を紹介

IT技術を本格的に勉強した人でもない限り、「XML」というIT用語を詳しくそして正確に説明できる人は少ないはずです。XMLとは「Extensible Markup Language」の略で、これを日本語で表現すると「拡張可能なマークアップ言語」となります。マークアップ言語とは、タグと呼ばれる文字列を使って文書の構造や装飾などの視覚表現をコンピューターが正しく認識できるようにする言語のことです。XMLを使えば、文書やデータに意味付けを行ったり文書の構造化をしたりするなどのデータ記述が行えます。ここでは、XMLの特徴やHTMLとの違い、それからXMLファイルをWord文書に変換する方法を解説します。

目次:


XMLの特徴

▶XMLの特徴の1つ目はあらゆるデータをわかりやすくできることです。
XMLではタグで囲まれた要素の名前を数字や文字などを使って好きなように定義できるため、データの意味をわかりやすく強調することが可能です。XMLはこのわかりやすさという特徴により、データの管理ややりとりをする場面でよく使われます。

▶XMLの2つ目の特徴は汎用性の高さです。
XMLはデータを記述するのに特化した言語であるため、HTMLと違いレイアウト情報を持っていません。その証拠にXML文書をウェブブラウザで表示すると、ただXMLで書かれたソースコードがそのまま表示されるのです。XML文書をより見やすいデザインに整えるには、XSLと呼ばれる別のマークアップ言語を活用する必要があります。


XMLとHTMLの違いとは?

XMLファイルをWordに変換する方法を紹介する前に、XMLとHTMLの違いについて理解を深めておきましょう。
HTMLとは「Hyper Text Markup Language」の略で、日本語で表現すると「ハイパーテキストのためのマークアップ言語」となります。ハイパーテキストとは、コンピューターを利用した文書作成や文書閲覧システムのことで、文書や画像、音声や動画などをリンクできるのが特徴です。XMLとHTMLはどちらも広く活用されているマークアップ言語ですが、両者の最大の違いはその用途にあります。

XMLがデータを記述するための言語であるのに対し、HTMLはウェブページを作成するための言語です。XMLはデータそのものをわかりやすくしたり検索しやすくしたりすることが得意な一方で、レイアウト情報を持たないがゆえにデータをわかりやすく「表示すること」はできません。

しかしHTMLはウェブページ作成のための言語であるため、タグを活用することでデータにレイアウトを与えることができます。したがってHTMLを使ってデータを書けば、ウェブを閲覧する人がより理解しやすいデザインのデータが完成するのです。このように用途が異なるXMLとHTMLを連携させ、それぞれの特徴やメリットを生かすことができれば、手持ちのデータをより効率的に活用できるでしょう。


PDFelementを使ってXMLをWordに変換する方法

XMLファイルをWordに変換するには、データ変換が行えるソフトを活用したり、インターネット上で展開されているウェブサービスを活用したりすることで可能です。今回は「PDFelement」(PDFエレメント)を使った方法を紹介します。PDFelementとは、PDFの作成や編集、変換などPDFに関するさまざまな機能が搭載されたシェアウェアです。PDFelementは、ビジネスシーンでよく使われるオフィス系のソフトと同じような感覚で操作できます。そのためオフィス系ソフトに慣れ親しんでいるビジネスマンであれば、導入後すぐにPDFに関する作業ができるのがPDFelementの強みです。

このPDFelementを使ってXMLをWordに変換するには、以下のような3つのステップが必要です。

 1,XMLファイルをブラウザで開きます。XMLファイルをブラウザで開くには、目的のXMLファイルをブラウザの新しいタブにドラッグ&ドロップするか、目的のXMLファイルを右クリックして「プログラムから開く」を選択し、表示されたプログラム一覧のなかから任意のブラウザをクリックすることで可能です。
 2,ブラウザの「印刷」ボタンをクリックし、印刷するプリンターのなかから「PDFelement」を選択します。「印刷」ボタンの場所はブラウザによって異なりますが、Chromeの場合、右上にある点が3つ並んだボタンをクリックして現れた選択肢のなかにあります。
 3,印刷を選択したXMLファイルはPDFelementで開かれるので、上部にあるメニューから「変換」を選択し、Wordのマークをクリックして変換します。

まとめ

XMLは汎用性が高いため、これに関する知識を手に入れればさまざまなシーンに適したデータを作れるようになるでしょう。Word文書への変換も使いやすいソフトを選べば意外と簡単にできるので、この記事で紹介した方法を参考にぜひトライしてみてください。

PDF高度編集・PDFelement

Wondershare PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

作成日: 2020-10-29 14:59:31 / 更新日: 2020-11-02 09:41:37

0 Comment(s)

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。
Top