PDFファイルサイズを縮小してくれるフリーソフト・オンラインサイト10選!

Home > ランキング・レビュー・比較 > PDFサイズを縮小するのに最適なソフト

ペーパレス化が進んだ最近ではPDFファイルはいろいろなところで利用されています。紙の資料を郵送するならメールに添付して送った方が早くて簡単です。費用もほとんどかからないので助かります。でもサイズが大きくなると送れないこともあり、ファイルサイズを圧縮して添付可能な状態にする必要があります。また、PDFファイルのファイルサイズを縮小することによって、解凍する時間も短縮されるので使い勝手が良くなるでしょう。


PDF編集ソフトはPDFファイルを圧縮しファイルサイズや容量を縮小したり、最適化することができます。そこで今回は、大きくなりすぎたPDFファイルのサイズを圧縮する方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


目次:


Part1:PDF圧縮が必要なシーン

PDFファイルは、さまざまなシーンで活用されているファイル形式になりますが、ファイルサイズに気を付けなければ「メール添付で送信エラーが起きてしまう」「アップロードに時間がかかる」「ファイルを開くのに時間がかかる」などの不具合が出てきてしまいます。


とはいえ、ファイルサイズに注意しても「高画質な画像ファイルを使用している」「IllustratorからPDF保存した」「クリップアートを多用している」このようなPDFはどうしても容量が大きくなってしまいます。

そのため、上記のようなケースでは、適切なファイルサイズに縮小しなければなりません。

では、容量を減らす方法を探している方も多いのではないでしょうか。専用の圧縮ソフトを利用し、データを最適化して圧縮できるほか、効率のいいPDF作業が実現します。


圧縮



Part2:オンラインでPDFをギュッと圧縮できるツール

ファイル形式の中でもデータとして編集作業を始めてから、紙として印刷作業を終えるまでの間、崩れることなく内容を保っていられるのがPDFの強みです。画像を多数用いる場合に、デバイスの保存領域を圧迫してしまうので、ファイルのサイズが大きくなる為に圧縮が必要とされます。


そこでここからは、PDF軽量化できるオンラインサービスを紹介します。Web上で簡単に圧縮できるため、気になった方は試してみましょう。

⊡HiPDF

hipdfでPDFをギュッと圧縮

HiPDFはPDF文書処理オンラインサービスとして、PDF圧縮の他に、PDF変換などの機能も備えています。


HiPDFの公式サイトhttps://www.hipdf.com/jp/に入り、上のツールバーで「全てのツール」をクリックして[PDF 圧縮]ボタンを選択すると、PDF圧縮の操作画面に入ります。サイズを縮小したいPDFファイルをアップロードして、三つの圧縮程度を選んで、PDFの圧縮がすぐ行われます。


PDF圧縮操作手順がただ2ステップなので、パソコン初心者にとってそれは一番簡単なPDF圧縮方法といえます。
Hipdf使ってPDFサイズ縮小する具体的の操作方法はこちらです>>



⊡PDF Compressor

PDF CompressorでPDF サイズ 縮小

開設したブログやSNS、メールアカウントでの情報発信に利用されるPDFを圧縮しつつ、解像度を落とさないので紙への印刷作業にも対応するオンラインツールです。


▶【PDF Compressorでの操作手順】
最大数の20点を意識しながらデバイスにてファイルを選択後、PDF Compressorへのドラッグアンドドロップで圧縮しますが、ファイル形式をZIPにしなければダウンロードは1点ずつとなります。


「PDF Compressor」はファイルやフォルダなどをドラッグ&ドロップし、「Start Compression」のボタンをクリックすると簡単に圧縮を実行してくれるフリーソフトです。実行した後には実行前のサイズと実行後のサイズなどを表示し、「Open」のボタンをクリックし実行した後のファイル内容をチェックすることができます。「Compression Settings」からさらにさまざまな設定を行うことが可能です。



⊡SHRINK PDF

SHRINK PDFでPDF サイズ 縮小

「SHRINK PDF」はファイルをドラッグ&ドロップし、ファイルサイズを縮小するフリーオンラインツールです。


「アップロード」のボタンをクリックしファイルを選択したり、ファイルをドラッグ&ドロップしてスタートします。最大20ファイルまで登録することができ、作業が終わるとダウンロードすることができ、一度にまとめてダウンロードするのも可能です。



⊡Smallpdf

SmallpdfでPDF サイズ 縮小


ブラウザでの利用を前提にすることでWindows、MacといったOS間に存在する壁を取り払い、最大値となる5GBのPDFを高速で圧縮し終えた後も、履歴を残さないオンラインツールです。


【Smallpdf-PDF 圧縮での操作手順】
中央付近のプルダウンメニューにて、オンラインストレージのDropboxやGoogle Driveからファイルを選択か、ドラッグアンドドロップにてファイルを直接移動かの2パターンで圧縮します。

➬関連記事:オンラインでもデスクトップでも使えるSmallpdfを詳しく紹介



⊡PDF24 Tools

PDF24 ToolsでPDF サイズ 縮小

ユーザーの立場からすると嬉しい運営方針として、無料/無制限/安全という3点を同時に掲げており、今回のように画像を多数用いるPDFの圧縮を得意としているオンラインツールです。


▶【PDF24 Tools-PDF 圧縮での操作手順】
点線で区切られた枠内の右下に注目するとデバイスやDropbox、Google Driveなどの保存場所へアクセスできるアイコンが配置されています。それらの保存場所からファイルを選択後に、表示の密度や品質といった設定を済ませた上で圧縮します。

➬関連記事:【使ってみた】無料PDFソフト PDF24の機能紹介とレビュー



⊡Acrobatオンラインツール

AcrobatオンラインツールでPDF サイズ 縮小

Adobeの提供している「Acrobatオンラインツール」は、簡単にファイルサイズを縮小できるオンラインサービスです。PDFファイルの編集など細かい設定はできないものの、最大2GBまでのファイルなら画質やフォントを劣化させないまま圧縮できます。



⊡Soda-PDF

PDF サイズ 縮小

必要になる操作数が抑えられている為、すぐにPDFを圧縮できることに加えて、オフライン時でもユーザーの手を止めてしまわないよう、デスクトップ版も用意されているオンラインツールです。


▶【Soda-PDFを圧縮での操作手順】
ドラッグアンドドロップにてファイルの直接的な移動、オンラインストレージのGoogle Driveや Dropboxから、ファイルの選択が確認されると連動して圧縮が掛かります。


Part3:デバイス別のPDF圧縮方法を解説

「オンラインツールは情報流出の危険がある」という声も少なくありません。流出トラブルの報告こそありませんが、オンラインツールの安全性を鑑みるに今後もトラブルが発生しないという確証は無く、常にプライバシー・リスクが付きまとうのです。

だから、以下で「PDFelement」(PDFエレメント)を用いてWindows・Mac・スマートフォン等、様々なデバイス別に解説していきます。

Windowsの場合


① ファイルを開く

圧縮したいファイルを開くには、トップメニューに表示されているフォルダアイコン(①)、アイコンメニュー(②)をクリックしてファイルを選択するか、メインエリア(③)にファイルを直接ドラッグ&ドロップすれば開くことができます。


ファイルを開く


② PDFを圧縮する

ファイルが正常に読み込まれたら、メニューバーにある[ツール]を選択してください。するとメニューバーの下段に[PDFを圧縮]という項目が出てくるので、そちらをクリックしましょう。


PDFを圧縮する


[PDFを圧縮]をクリックすると、ウィンドウが表示されるため、適切な圧縮比率を選択して[適用]をクリックしてください。
なお、画像などを多用している場合は圧縮比率を[中]にしておくことで、画質の劣化を最小限に抑えることができます。


PDFを圧縮する


ファイルを保存する

圧縮比率を適用すると、最終的に圧縮されたファイルサイズが表示されます。内容に問題がなければ、[開く]を選択してファイルを保存すれば完了です。


ファイルを保存する



Macの場合

Windowsと同様に、まずPDFelement(PDFエレメント)を立ち上げましょう。

① ファイルを開く

トップメニューの[ファイル]→[開く...]の順にクリックをして、圧縮させたいファイルを開いてください。なお、上記の手順以外にも、メインエリアの[ファイルを開く]をクリックするか、ドラッグ&ドロップしてもファイルを開くことができます。


ファイルを開く


② PDFを圧縮する

圧縮するファイルを開いたら、次にPDFファイルを最適化しましょう。まず画面左上の[ファイル]を開いて[その他の形式で保存]をクリックします。すると[最適化されたPDF...]の項目が出てくるため、そちらをクリックしてください。


PDFを圧縮する


ファイルを保存する

[最適化されたPDF...]の項目をクリックすると、[PDFの最適化]のモーダルウィンドウが開きます。次に「圧縮後のサイズ」と「減少したサイズ」などの項目を確認しつつ、[最適化オプション]のスライダーで圧縮比率を調整しましょう。


ファイルを保存する


最適化オプションの調整が完了したら、次に[別名で保存]をクリックします。すると保存先の選択ができるため、適切な保存場所を選択して[保存]をクリックしたら完了です。

➬関連記事:Macのプレビュー機能を使ってPDFの容量を圧縮する方法


スマートフォンの場合

スマートフォンでPDFファイルを圧縮する場合の手順は以下のとおりです。※iOSの場合

① ファイルを開く

まずPDFelement(PDFエレメント)を立ち上げて、右下「+」ボタンから圧縮したいファイルをインポートしましょう。アプリ内にファイルがインポートできたら、ファイルを選択して開いてください。

② PDFを圧縮する

圧縮するファイルを開いたら、右上のメニューをクリックして[PDFを最適化]を選択し、圧縮比率を決定しましょう。スマートフォンでは、5段階の品質から選ぶことができるため、最適な品質を選択してください。

ファイルを保存する

最後に[最適化されたPDFとして保存]をクリックして保存したら完了です。


PDFを圧縮


➬関連記事:ipadにPDFを最適 化できる無料アプリ8選の紹介


まとめ

PDFはWindowsやMacなど端末の環境に依存しないため、どこでも同じように表示して共有ができます。非常に便利なファイル形式になるため、個人利用はもちろんのこと、ビジネスシーンでも幅広く利用されています。

しかし、PDFの容量が大きくなってしまった場合、いろいろな弊害が出てきてしまうため、PDFファイルを縮小させてファイル容量を減らします。「PDFelement」(PDFエレメント)を利用すれば、画質の劣化も少なく圧縮ができるためおすすめです。

PDF高度編集・PDFelement

Wondershare PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

1. PDFelement----PDFを圧縮するのに最適なソフト



PDFelement 」はPDFサイズを縮小するのに最適なソフトです。PDFサイズ縮小の圧縮率を調整することができ、例えば 圧縮率高中低によって、元のPDFファイルを解像度150dpi、300dpi、600dpiまで圧縮することができます。ファイルアップロード、印刷するために最適な方式を提供してくれます。自由度の高い設定を行うことができます。
一般的にファイルをメールに添付し使用することが多いですが、「PDFelement 」を利用するとストレスフリーで普段の作業を行うことが可能です。操作方法も簡単で、直感的で分かりやすい画面なので、「最適化」をクリックしファイルの保存先を選ぶとスタートします。無料体験版があるので、無料で利用することができ、さまざまな機能を体験することができるでしょう。PDFelementを使ってPDFサイズを縮小する具体的な操作方法はこちらです>>

2.Hipdf----オンラインで無料でPDF軽量化・インストール不要

hipdf

HipdfはPDF文書処理オンラインサービスとして、PDF圧縮の他に、PDF変換などの機能も備えています。Hipdfの公式サイトhttps://www.hipdf.com/jp/に入り、ホームページの[PDF圧縮]ボタンをクリックすると、PDF圧縮の操作画面https://www.hipdf.com/jp/compress-pdfに入ります。サイズを縮小したいPDFファイルをアップロードして、三つの圧縮程度を選んで、PDFの圧縮がすぐ行われます。PDF圧縮操作手順がただ2ステップなので、パソコン初心者にとってそれは一番簡単なPDF圧縮方法といえます。Hipdf使ってPDFサイズ縮小する具体的の操作方法はこちらです>>

3.PDF Compressor----PDFサイズ縮小にはさまざまな設定を行うことが可能

PDF サイズ 縮小

開設したブログやSNS、メールアカウントでの情報発信に利用されるPDFを圧縮しつつ、解像度を落とさないので紙への印刷作業にも対応するオンラインツールです。
▶【PDF Compressorでの操作手順】
最大数の20点を意識しながらデバイスにてファイルを選択後、PDF Compressorへのドラッグアンドドロップで圧縮しますが、ファイル形式をZIPにしなければダウンロードは1点ずつとなります。
「PDF Compressor」はファイルやフォルダなどをドラッグ&ドロップし、「Start Compression」のボタンをクリックすると簡単に圧縮を実行してくれるフリーソフトです。実行した後には実行前のサイズと実行後のサイズなどを表示し、「Open」のボタンをクリックし実行した後のファイル内容をチェックすることができます。「Compression Settings」からさらにさまざまな設定を行うことが可能です。

4.SHRINK PDF----PDFファイルサイズを縮小するフリーオンラインツール

PDF サイズ 縮小

「SHRINK PDF」はファイルをドラッグ&ドロップし、ファイルサイズを縮小するフリーオンラインツールで、「アップロード」のボタンをクリックしファイルを選択したり、ファイルをドラッグ&ドロップしてスタートします。最大20ファイルまで登録することができ、作業が終わるとダウンロードすることができ、一度にまとめてダウンロードするのも可能です。

5. PDF Cleaner----不要なゴミを取り除くことによってPDFファイルサイズを縮小する

PDF サイズ 縮小

「PDF Cleaner」はファイルに保存されている通常不要なゴミを取り除くことによって、ファイルサイズを縮小することができるソフトです。未使用のオブジェクトや相互参照テーブルなどに残った削除済みのオブジェクトを削除したり、相互参照テーブルの削除やXMLによる無用文書メタデータなどの削除などを行うことによってファイルサイズを縮小することができます。少しでもPDFファイルサイズを縮小したい人におすすめです。

6. ORPALIS PDF Reducer----不要なオブジェクトを削除しファイルサイズを縮小することができるソフト

PDF サイズ 縮小


「ORPALIS PDF Reducer」はPDFファイルに含まれている画像ファイルを圧縮したり、不要なオブジェクトを削除しファイルサイズを縮小することができるソフトです。指定フォルダに含まれているPDFファイルに対し、一括処理を行うことができます。 画像処理として4段階において画質を指定することが可能です。尚、画質を低下するとファイルサイズは軽くなりますが、ドキュメントとしてやや見づらくなるので仕上がりをチェックする必要があります。

→関連記事:JPG、PNGなどのイメージをオンラインで無料圧縮する方法

7. Smallpdf-PDF 圧縮

PDF サイズ 縮小


ブラウザでの利用を前提にすることでWindows、MacといったOS間に存在する壁を取り払い、最大値となる5GBのPDFを高速で圧縮し終えた後も、履歴を残さないオンラインツールです。
【Smallpdf-PDF 圧縮での操作手順】
中央付近のプルダウンメニューにて、オンラインストレージのDropboxやGoogle Driveからファイルを選択か、ドラッグアンドドロップにてファイルを直接移動かの2パターンで圧縮します。

8. PDF24 Tools-PDF 圧縮

PDF サイズ 縮小

ユーザーの立場からすると嬉しい運営方針として、無料/無制限/安全という3点を同時に掲げており、今回のように画像を多数用いるPDFの圧縮を得意としているオンラインツールです。
▶【PDF24 Tools-PDF 圧縮での操作手順】
点線で区切られた枠内の右下に注目するとデバイスやDropbox、Google Driveなどの保存場所へアクセスできるアイコンが配置されています。それらの保存場所からファイルを選択後に、表示の密度や品質といった設定を済ませた上で圧縮します。

→関連記事:MacでPDF圧縮: 4つのステップでPDFのサイズを縮小することが可能になる!

9. Soda-PDFを圧縮

PDF サイズ 縮小

必要になる操作数が抑えられている為、すぐにPDFを圧縮できることに加えて、オフライン時でもユーザーの手を止めてしまわないよう、デスクトップ版も用意されているオンラインツールです。
▶【Soda-PDFを圧縮での操作手順】
ドラッグアンドドロップにてファイルの直接的な移動、オンラインストレージのGoogle Driveや Dropboxから、ファイルの選択が確認されると連動して圧縮が掛かります。

10. Jinapdf-PDF 圧縮

PDF サイズ 縮小

パスワードを始めとする情報の登録をユーザーに求めず、シンプルな仕組みなので圧縮を予定しているPDFが多数控えていても、時間の短縮が見込めるオンラインツールです。
▶【Jinapdf-PDF 圧縮での操作手順】
画面中央に見える点線の枠内には名前の通り、まさしくデバイスへアクセスできるボタンが配置されています。予想以上の時間の短さに驚かれるかも知れませんが、後はデバイスからファイルを選択すれば圧縮が掛かります。

→関連記事:IllustratorをPDF形式で保存する際にファイルを軽くする圧縮方法を紹介

これらのデスクトップ版ツールやオンラインツールにより、画像を多数用いたファイルサイズが大きいPDFを圧縮できれば、デバイスの保存領域に余裕が生まれるので、今度こそ気になるポイントが全くの無しに近づきます。 また、保存領域に余裕が生まれると同デバイスにて、PDFと共に異なる形式のファイルも管理しやすくなることから、ビジネスのシーンで作業効率が上がるのは明らかでしょう。

普段の仕事などにおいてPDFサイズを縮小するシーン、PDF変換編集シーンは多いですが、パソコンに「PDFelement 」のような万能ソフトがあると便利で、日頃の作業をストレスフリーで行うことができるでしょう。もちろん、ソフトをインストールしたくない場合もオンラインのフリーサービスでPDF圧縮などのPDF作業を解決することができます。

PDF高度編集・PDFelement

Wondershare PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

作成日: 2017-11-23 15:44:32 / 更新日: 2021-10-22 14:11:50

星野

編集者

0 件のコメント

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。
pdfelement