3つのステップでPDFのサイズを縮小してみましょう!→

PDF圧縮:3つのステップでPDFのサイズを縮小できる!

Home > PDF最適化 > 3つのステップでPDFのサイズを縮小してみましょう!→

「共有のためのWebに大きなPDFファイルをアップロードすることができない...または、大きなPDF形式の契約書を添付ファイルとして電子メールで送信できない...? 」
日常生活の中で、インターネットにPDFファイルをスムーズにアップロードしたい場合は、PDFファイルを圧縮する必要があります。
Adobe Acrobat またはAppleのPDFプレビューでPDFファイルのサイズを縮小することを試してみたことがあるなら、PDFファイルのテキスト、イメージ、グラフィックスが出てぼやけなったことをわかると思います。無論、無料サイトで圧縮するのも、出力品質をコントロールすることができず、困ります。

いつも愛用している「PDFelement 6」にPDF最適化の項目がないが、Proバージョン「PDFelement 6 Pro」を使うことになり、 解像度を3段階で選べるだけでなく、圧縮比をカスタマイズすることもできることがわかりました。

今日はここで、「PDFelement 6 Pro」でPDF圧縮/最適化の方法を説明します。
最後に無料ツールとのPDF圧縮効果の比較もありますので、ぜひご確認ください!

Step1. PDFファイルを「PDFelement 6 Pro」に取り込みます。

PDF 圧縮

ここで、合計94ページ、サイズが8.16MBまで達するPDFファイルを取り込みました。
最適化後のPDF圧縮効果検証が楽しみですね。

そして意外なことに、自分のPCのせいか、
普段Acrobatで大きい容量のPDFを取り込む際必ずPCがフリーズしますが、「PDFelement 6 Pro」ならスームに取り込む事ができました。

Step2. 「ファイル」メニューに入り、「最適化」の項目をクリックします。

PDF 圧縮

「最適化」の項目に、4つの種類のPDF圧縮/最適化方法が用意されております。
「ウェブ標準」は、元のPDFを解像度150dpiまで圧縮する、つまりウェブにアップロードするに最適なPDF圧縮方式ですね;
「オフィス標準」は名の通り、PDFオフィス文書に最適な解像度300dpiまで圧縮すること;
「プリント標準」は、プリントに適用できる、解像度600dpiまで圧縮すること。
最後になるのが「カスタム」ですが、高度設定が必要の上級者なら喜ぶはず。

上級者必見 自由度の高いカスタマイズPDF圧縮設定

PDF 圧縮

「カスタム」PDF圧縮方式では、カラー画像/グレースケール画像/白黒画像のDPI、圧縮フォーマット、画像品質の設定ができます。

上記3つのクリック圧縮方法と違い、自由度の高いPDF圧縮設定ができます。

Step3. 自分のニーズに合わせて圧縮方式を選びましょう。

PDF 圧縮

皆さんは普段PDFファイルをメールで添付する事が多いのではないでしょうか。ここでウェブ標準より解像度の高い、しかも「プリント標準」よりサイズの小さいl「オフィス標準」を選んでみました。
選択が完了後、「最適化」をクリックし、圧縮後PDFファイルの保存先を選択し、PDFの圧縮が始まります。

Step4. PDF圧縮の効果を検証!もと8.16MBのPDFファイルのサイズが品質劣化せずに4.80MBまで縮小されました!

PDF 圧縮

しかも画像つきのページ内容を比較しましたが、元のファイルとの違いが確認できず、つまり劣化せずにPDF圧縮ができました。

一方で、無料ツールでもPDF圧縮機能を試してみましたが…

PDF 圧縮

有名な無料サイト「SmallPDF」で同じPDFファイルの圧縮も試しました。
アップロード、圧縮プロセス、圧縮後ダウンロードの速度が「PDFelement 6 Pro」より何倍も遅くなるだけでなく、圧縮の具合も指定できず、
結局8.16MBのPDFファイルのサイズが2.78MBまで縮小されましたが、一部の画像が劣化され、先方に悪いと思うので、メールで添付することができませんでした。

    「PDF圧縮」、一見とても簡単な操作ですが、「PDFelement 6 Pro」を使ってから、消費者のニーズを隅々まで考えてくれるソフトのありがたさがわかりました。

    日常の仕事でPDF圧縮する必要のある場合も多いと思いますが、常にPCに「PDFelement 6 Pro」を置いとくと便利ですね。

PDF高度編集・PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、第24回VectorプロレジPDF部門受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ:
作成日: Apr 02,2017 12:57 pm / 更新日: Dec 05,2017 15:13 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All-In-OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF作業体験を。

8,280 円から 永久ライセンス

無料体験 購入する
Top