pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード
最高のPDF圧縮体験 →

PDFドキュメントを軽くする五つの方法・無料でWordやフリーソフトを使って圧縮できる!

Home > PDF最適化 > 最高のPDF圧縮体験 →

目次:

PDFドキュメントには、文字や画像の他に入力用のフォームや添付ファイルなどの多くのデータを組み込むことができます。ファイルのサイズが大きすぎる場合には、画像の解像度を下げたり無効なオブジェクト・テキストボックス・不要なデータを削除することでファイルを圧縮することが可能です。PDFファイルを軽くする方法をいくつかご紹介します。


Part1. PDFelementの最適化機能を活用する方法


PDFelement 」でファイルサイズを小さくする方法があります。このソフトウェアは「最適化」機能を備えていて、画像解像度を変える方法でファイルサイズを小さくします。画像データの解像度を下げるとファイルを軽くすることができますが、不鮮明になって見た目が悪くなってしまいます。見た目を変えない程度にファイルを軽くしたい場合は、画像を加工する程度を調整する必要があります。Windowsで利用できるだけでなく、Mac OSにも対応します。MacでPDF圧縮する詳しい方法はこちら>>
このソフトの「最適化」機能はどの程度まで解像度を下げるかを選択したり、数値を入力して自由に設定することができるというメリットがあります。画像が多いドキュメントであれば1/5以下まで圧縮をすることができますが、これよりも低い圧縮率にすることも可能です。PDFelementの最適化機能のレビューはこちら>>


pdf 軽くする



Part2. オンラインサービスを利用して解像度を下げる方法


オンライン上の無料サービスを利用すれば、ドキュメントに含まれる画像の解像度を下げることでファイルサイズを縮小できます。ブラウザを起動して「Hipdf」というサイトにアクセスすると、トップページにメニューが表示されます。3段目にある「PDF圧縮」を選択して元のファイルを点線内にドロップすると、3段階で画質を選択する画面が表示されます。いずれかを選んで「圧縮」をクリックすると処理が行われ、完成したファイルをダウンロードできます。画像を多く含む文書であれば、最大で1/4程度まで軽くすることができます。PDFを無料で圧縮できるツールの詳しく情報はこちら>>


pdf 軽くする



Part3. フリーソフトを利用する方法


インターネット上で公開されているフリーソフトを用いてドキュメントのサイズを小さくする方法もあります。PrimoPDFという無料ソフトは、印刷コマンドで出力された画像をドキュメントのファイルとして出力する機能をもちます。Acrobat Readerなどで文書を開いてからこのソフトを利用してドキュメントとして出力(エキスポート)をすると、解像度を下げたり印刷に反映されない無効なデータが削除されます。この方法を利用すると、最大で1/4程度まで軽くすることができます。ただし、場合によってはサイズが大きくなってしまう場合があるので注意が必要です。この方法は手順が簡単ですが、オプションを設定することができないというデメリットがあります。より多くのPDF圧縮フリーソフトを探している方はこちらの記事をご参考ください:PDFファイルサイズを縮小してくれるフリーソフト・オンラインサイト6選>>


pdf 軽くする



Part4. Acrobat Pro DCで最適化をする方法


Acrobat Pro DCは最適化という機能を備えていて、不要なデータを削除したりカラー変換や画像の解像度を下げることでドキュメントのサイズを小さくすることができます。細かくオプションを設定することができるので、見た目を変えずにファイルを圧縮したい場合に便利です。 「最適化」機能を選択すると画像の変換オプションを選ぶことができますし、「オブジェクトを破棄」を選択して不要データを削除することもできます。画像の解像度を下げたり不要なデータを削除するなどすると、最高で1/10程度までファイルサイズを圧縮することが可能です。Acrobat Pro DCの最適化機能は処理方法を自由に設定することができるというメリットがありますが、コンピュータについての知識が必要です。Adobe AcrobatでPDF圧縮する四つの方法はこちらです>>


pdf 軽くする



Part5. WordでPDFサイズを縮小する方法


PDF圧縮ソフトを持ってない場合やネット環境ではない場合には、どうしますか。Microsoft WordでPDFファイルの容量を縮小してみていきましょう。 まずはWordを使ってPDFファイルを読み込みます(Microsoft WordでPDFをWordに変換します)。デスクトップのPDFファイルのアイコンを右クリックして、「プログラムから開く」→「Word」を選択すると、Wordが自動起動して「PDFに変換」というようなメッセージが出てきます。「Ok」をクリックすれば、PDFが読み込み完了します。或いは、Wordファイルを新規作成して、「ファイル」→「開く」からPDFを選択して読み込みます。


Word 無料 pdf 軽くする


編集有効な状態でメニュバーの「ファイル」をクリックして、「エクスポート」→「PDF/XPSの作成」をクリックします。


Word 無料 pdf 軽くする


ダイアログボックスの中に「最適化」のオプションがありますので、「標準」・「最小サイズ」を選択できます。最後に「発行」をクリックすれば、PDFのサイズが圧縮完了です。以上はWordを使って無料でPDFの容量を縮小する手順です。


Word 無料 pdf 軽くする



Part6. 画像変換以外の方法でサイズを小さくする方法


PDFelement 」は編集ソフトなので、オブジェクト・テキストボックスの追加・添付ファイルの削除・しおりや注釈の削除などの処理ができます。PDF内のテキスト編集、変更する方法はこちらです>>
ドキュメントに含まれる画像の見た目を変えたくない場合には、不要データを削除する方法でファイルを圧縮します。編集モードで起動して不要なフォームやオブジェクトなどを手作業で削除することで、ドキュメントの見た目を一切変えずにファイルサイズの圧縮ができます。 画像の解像度を下げたくない場合には、「PDFelement」の編集機能を活用してみると良いでしょう。PDFでテキストを一括削除する方法はこちらです>>


pdf 軽くする


    PDFファイルが大きい原因の多くは画像の解像度が高すぎることに起因しています。場合によっては大きな添付ファイルが付いていたり、多くの無効なオブジェクトが含まれていることがあります。画像の見た目を変えずに圧縮したい場合には、編集機能を活用して不要データを削除することができます。「PDFelement」は画像の解像度を下げたり、不要データを除去するのに便利です。

PDF高度編集・PDFelement

Wondershare PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

作成日: Nov 23,2018 10:35 am / 更新日: Sep 26,2019 14:32 pm

0 Comment(s)

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。