pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード
PDF-XChange StandardでPDF編集もラクラク

PDF-XChange StandardでPDF編集もラクラク

Home > ランキング・レビュー・比較 > PDF-XChange StandardでPDF編集もラクラク

PDF編集を楽にするプリンタ仮想ドライバとして人気がある「PDF-XChange Standard」はどのようなドライバなのでしょうか。社内規定に沿ったPDFを作る時にも便利ですし、圧縮なども簡単にできることから、ユーザーに人気のドライバになっています。PDF変換でいつも困っているという人は是非一度使用して欲しい製品です。

(関連記事:【PDFソフト比較・レビュー】「PDF-XChange Viewer」と「PDFelement 6 Pro」の違いは?
PDF-XChangeEditorのレビューとその主な使い方について


PDF-XChange Standard最新版の紹介:


PDF-XChange Standardは、Microsoft OfficeやAutoCADなどに利用することができる仮想ドライバです。WindowsのOS上から印刷することができるアプリケーションに対して、仮想プリンタとしてPDFを出力できるのがとても便利だと評価されています。
Adobe Acrobatがサポートしているバージョン3.0以降を1バージョンで刻みで指定できたり、国際標準化機構(ISO)が策定しているPDF/A-1a~3uを指定することが可能となっています。会社によってはPDFの仕様が決められていることがありますが、PDF変換やPDF編集を行う時に形式が違うことで困ってしまった経験はありませんか。これはそのような面倒な作業を少しでも軽減してくれる便利な製品です。


PDF-XChange Standardのメリット:


そもそもPDFって何か知らないという人もいるかもしれません。PDFというのは紙に印刷するように、ページのイメージを保存する為のファイルのことであり、情報の配布や交換、蓄積などを電子的に行うことができるものです。紙に印刷しなくてもデータとしての保存が可能になる為、電子的な紙の役割を担っているのです。
PDF-XChange Standardのメリットというのは、このPDFファイルを規定に合わせて変換したり、編集することができることにあります。これによって調整したいと思った箇所を訂正することも可能になりますし、形式が違うものであってもこのドライバ一つで変換も行うことができるのです。Windowsの標準機能ではカバーできない部分も搭載しているのがメリットと言えます。


PDF-XChange Standardの機能紹介:


セキュリティや便利な機能が搭載:

PDF-XChange Standardはセキュリティも万全です。40/128bit RC4、128/256bit AES暗号化オプションをサポートしているので、セキュリティ対策としても有能と言えます。さらにデジタル署名機能が搭載されていますし、パスワード保護や権限オプションも利用することができます。これによってセキュリティ対策もしっかり行うことができるのです。

また、MRCをサポートし、非常に強力でありながらも高解像度を維持することができるデータ圧縮機能も搭載しています。テキストとイメージ画像の両面をラスタライズ化し、バイナリレベルで圧縮することが可能です。さらに、社内定型ドキュメントに対しても、最初に設定しておけばPDF作成時に自動的に重ね合わせてくれるのも便利な機能と言えます。


ハイパーリングが追加:

最新版のPDF-XChange Standardで新たに追加された機能に、ハイパーリンクがあります。この機能は、PDF変換時にページやファイルにハイパーリンクを追加することができるようになりました。それに伴い、様々なページなどのURLを挿入することができるようになったのです。
ハイパーリンクというのは、テキスト内に埋め込まれている他のファイルや位置などの参照情報のことを指し、画像や音声などを文書に埋め込んで、他の文書を参照することができるシステムをハイパーテキストと言い、ハイパーテキスト用のリンク情報がハイパーリンクと呼ばれています。これが新機能に導入されることによって、より詳しいPDFの作成が可能になりました。


メモリ管理機能が搭載:

PDF-XChange Standardに新搭載された機能として、メモリ管理機能があります。このドライバ内で使用するメモリ量をユーザーが自分で設定することができるようになりました。全体のメモリの中から、どれぐらいのメモリを割り当てるか設定することができるようになったことで、メモリ量を増やすことができます。それに伴い、快適なPDF作成が可能になったのです。


    PDF-XChange StandardはPDF編集や変換をスムーズにしてくれるドライバです。最新版では新たに機能が追加され、より使いやすくなったとレビューでも評価されています。社内規定に合わせることができるので、より仕事に活かすことができます。また、最初に社内規定を登録しておけば面倒な設定は必要ありません。

PDF高度編集・PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ: ランキング・レビュー・比較
作成日: Aug 27,2018 15:15 pm / 更新日: Aug 27,2018 15:15 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

PDF 編集
All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。

8,280 円から 年間/永久ライセンス

無料体験 購入する