pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード
PDF文書に文字の書き込みをする方法の紹介

PDF文書に文字の書き込みをする方法の紹介

Home > PDF編集 > PDF文書に文字の書き込みをする方法の紹介

目次:

PDFは文書の閲覧・印刷用の形式で、テキストやWordなどのワープロソフト用のファイルのように文字の入力をするためのものではありません。それでも文書に追加でテキストの書き込みをする必要が生じる場合があります。このような時に、PDFドキュメントの任意の場所にテキストを追加する方法をいくつかご紹介します。


PDF編集用のソフトを利用せずに文字を書き込む方法:


1.Wordや他のワープロソフト用のファイルに変換して編集する

PDFドキュメントのファイルをテキスト(txt)やWord(doc)形式に変換すれば、ワープロソフトで文書を編集することができるようになります。この方法だと、全体のスタイルが大きく変わってしまいます。


2.PDF閲覧ソフトのフォーム機能を使う

あらかじめドキュメントに入力用のフォームが含まれていれば、AdobeReaderなどの閲覧ソフトでその場所に文字を入力して印刷をすることができます。フォームが備えられていなければ、この方法は使えません。


3.画像編集ソフトを使う

Photoshopなどの画像編集ソフトでPDF文書を開くと画像に変換されるので、画像ファイルの編集機能を利用してテキストを追加することができます。画像に変換をする際に、図の解像度が落ちてしまう場合があります。


PDF編集用のツールで文字の書き込みをする方法:


1.編集ソフト「Acrobat」のタイプライター機能や注釈機能を利用する

PDF編集用のソフトのタイプライター・注釈機能などを利用すれば、既存のテキストボックスや入力用のフォームなどに文字を書き込むことができます。ボックスに入り切らない文字が切れてしまいます


2.Acrobatのタッチアップ機能を利用する

ドキュメント上に新たにテキストボックスを作成すれば、文字を入力することができます。任意の場所にテキストボックスを配置することができるので、自由度が高いというメリットがあります。 AdobeAcrobatを利用すれば自由に文字を追加することができるというメリットがありますが、ライセンス料が高額で難易度が高いというデメリットがあります。ある程度パソコンに詳しい人でなければ、Acrobatを使いこなすことができません。


3.PDFelementを活用して文字入力を行う方法

AdobeAcrobatではなく、「PDFelement」を利用して既存のPDFドキュメントに文字の書き込みをしたり編集作業を行う方法があります。これはAcrobatと同等の機能が利用できる編集用のソフトで、既存の文字の編集やテキストボックスの追加などが可能です。注釈やフォームに書き込みをしたり、フォーム付きのドキュメントを作成することもできます。詳しい操作方法はこちらです:「PDF 書き込み:PDFファイルに文字入力するには?」>>


PDFelementでPDFに書き込む方法:

操作方法ですが、ソフトを起動してから元のドキュメントをウインドウ内にドラッグすると編集モードが起動します。既存のテキストをダブルクリックすると、テキスト部分の編集ができるようになります。新たにテキストボックスを追加したい場合には、「編集」タブに切り替えて「テキスト追加」ボタンを選択します。編集作業が完了したら、ファイルを保存したり印刷をすることができます。以下のボタンからPDFelementを無料ダウンロードすることができます。

PDFelementの便利機能の紹介:

このソフトは単に既存のドキュメントに変更を加えるだけでなく、新たに文書ファイルを作成したり他形式から変換する機能も備えています。Wordやエクセルなどのファイルから新たにPDF文書を作成することができますし、空白の文書から新規にドキュメントを作成することも可能です。空白の状態からテキストを入力すれば、ワープロソフトで文書を作成する感覚でドキュメントを作成することができます。 これらに加えてスキャナーで読み込んだ画像の文字を認識してテキストに変換するOCR処理機能も備えているので、古い書類をパソコンで編集可能な状態で電子化したい時にも便利です。PDFelementを詳しく>>


PDFelementを利用するメリットとは:

PDFelementはAdobeAcrobatと同等の機能を備えていますが、操作方法が簡単であるという特徴があります。編集画面はワープロソフトと同じ構成なので、文書編集ができる方であれば誰でも簡単に操作をすることができます。編集した文書はWord・エクセル・パワーポイントなどの他の多くの形式に出力をすることも可能で、ビジネス関連の文書の作成・編集作業の際に非常に便利です。これに加えてAcrobatよりもライセンス料が安く、永久ライセンスを購入する場合でも9,980円です。ちなみにAcrobatのライセンスは更新制で、1年あたりの使用料だけで1万円を超えてしまいます。

    PDFelementはAdobeAcrobatと同等の機能を備えていますが、ライセンス料が安くて個人用でも利用することができるというメリットがあります。ワープロソフトを編集する感覚でテキストの入力ができるので、初めての方でもすぐに使用することができます。PDF編集用のツールは他社の製品も存在しますが、他の編集ソフトはOCR処理機能を備えていません。

PDF高度編集・PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ: PDF編集
作成日: Nov 15,2018 17:29 pm / 更新日: Nov 15,2018 20:53 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

PDF 編集
All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。

8,280 円から 年間/永久ライセンス

無料体験 購入する