pdf app

PDFelement(PDFエレメント) - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement(PDFエレメント) - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード

MacでExcleファイルをPDFに変換する方法

Home > PDF作成 > MacでExcleファイルをPDFに変換する方法

目次:

業務でMacを使うことも珍しくなくなってきました。MicrosoftのWordやExcelも利用できるため、以前より敷居が下がってきたのです。しかし何も気にせずにWindowsとデータ共有するのには注意が必要です。ここでは、Macで作成したExcelデータの扱いとPDFに変換する方法について見ていきます。


1.Mac版のPDF変換ソフトを使用してExcleをPDFに変換する方法

アドビアクロバットやPDFelementのようなPDF変換ソフトを使用して、数秒でMacのコンピュータでエクセルファイルをPDFに変換できます。ソフトのスタート画面で[PDF作成]という機能アイコンをクリックして、Wordファイルをエクスポートすれば、すぐにPDF化できます。以下のボタンからPDFelementを無料使用できます。


excelシートから変換されたPDF




2.PDF化によるOS間のやりとりと印刷適性


Microsoftの販売しているOfficeは長らくWindowsへの専売で、ライバルであるMacでは使えませんでした。しかし、学校で教えられたり、一般の企業がほとんど採用している現状から、MacでもOfficeが販売されるようになったのです。ただし、WindowsとMacとでは拡張子の問題があったり、そもそもエンコードの問題で開けないことが多く、ネットワークで繋がっていたとしてもそのまま受け渡しのできるデータとは言えません。そういった場合、PDFに変換することで、どちらのOSにも共通のデータとして安定したやりとりが行えるのです。


PDF化というのはOS間のやりとりだけでなく、データの維持にも便利な方法です。有料の専用ソフトを使わなければPDFファイルは編集できないため、よほど専門的なところでない限りPDFファイルというものは編集できないものと言えます。つまりロックが掛かった状態になるので、それ以上誰にもいじって欲しくないデータをPDFにすることで、編集不可状態を保てるのです。また、Excelのデータは印刷する際にそのパソコンとプリンターの環境で見映えが異なることがあります。PDFは印刷しやすいデータ形式であり、Excelよりしっかりとした状態で印刷できるのです。




3.「名前を付けて保存」でPDF化する方法


MacでExcelファイルをPDFに変換する方法は、比較的簡単です。Excelファイルを普通にExcel形式で保存するのではなく、PDF形式を選択して保存する形になります。具体的な方法は:

  1. そのExcelファイルを開き、編集が完了したら、メニューから「ファイル」を選びます。

  2. そこから「名前を付けて保存」を選択し、そのまま「保存」ではなく、ファイル形式を「PDF」に変更します。

  3. 保存する場所はそのままでも良いですが、その後メールで送ったりするのなら分かりやすく「デスクトップ」に保存などしておくと良いでしょう。「デスクトップ」を選び、「保存」をクリックすれば完了で、「デスクトップ」に「.PDF」のデータができていれば成功です。


「名前を付けて保存」にはショートカットキーが付いているので、もし繰り返し行う作業であったり、度々発生しそうなものならばショートカットキーを覚えておくと便利です。「名前を付けて保存」のショートカットキーは「Shift+Command+S」なので、通常の「保存」の「Command+S」に「Shift」を追加したボタン操作になります。これはExcel専用のショートカットキーではなく、他のソフトでも対応しているものが多いため、覚えておくと良いでしょう。


「名前を付けて保存」の注意点:

Excelファイルに限らず、業務で使うデータは少しずつ修正が入るものです。少し変更して保存という方法で完成へ近付けて行くものですが、PDFに変換した後は、専用のPDF編集ソフトを使用なくとPDFが直接に編集できません。専用PDF編集ソフトは以下から無料ダウンロードして使用できます。

専用ソフトを使って修正できたとしても、それをさらにExcelに戻した場合にはデータがおかしくなってしまう可能性もあるので、修正は基本的に最初のExcelデータのうちに済ませておきましょう。つまり、細かく修正が入るデータはPDF化するタイミングに気を付ける必要があるのです。PDF化した直後にあと少しの修正が入った場合は、またPDF化しなければなりません。


PDFにすると変更できないために、最後にPDF化したバージョンのデータもExcelで取っておく必要があります。作業の流れとしては、Excelで保存して、修正が入ったから修正して、それをPDF化したとします。ファイルはPDFで保存完了しているので、そのままExcelを閉じたとしても警告は出ません。しかしそこで閉じてしまうと、最後の修正後のExcelデータが残らないため、さらに次の修正があった場合は2回、Excelデータを直さなければならなくなります。記憶に頼るデータ修正というものは危険なので、最後の修正後にExcelデータとしても保存しているかを確認の上、PDF化を行いましょう。



4.「プリント」からPDF化する方法


Macでは、「名前を付けて保存」以外にもPDFに変換する方法があります。それは「プリント」を使う方法で、考え方としてはA4サイズでプリントするかB5サイズでプリントするかの選択肢に、PDFでプリントするという方法が追加されているイメージです。パソコンの環境によってはAdobe Acrobat関連のソフトがインストールされていないと選択肢が現れないため、もしメニューにその項目がない場合は確認してみましょう。具体的なやり方は:

  1. メニューの「ファイル」から「プリント」、「PDFとして保存」を選びます。

  2. 保存画面に遷移するので、名前を入力して保存場所を選択したら「保存」をクリックで、PDFに変換されます。


ショートカットキーを使う場合は、「プリント」のショートカットキーは「Command+P」なので、それを押すとプリント画面が立ち上がります。この「Command+P」も、Macで使えるソフトには共通して使えるプリントのショートカットキーなので、覚えておくと何かと便利です。



5.シートが複数あるExcelデータをPDF化する場合


Excleにはシートがあり、もしPDF化したいExcelデータが複数シートを持っていたとしたら、操作手順が変わってきます。


「名前を付けて保存」から行う場合、ファイル形式でPDFを選んだ後、その下の部分に「ブック」と「シート」のチェックボックスがあるため、そこを選択します。PDF化はシートのみ、ブック全体、選択範囲のみの3種類の方法が可能で、今現在開いているシートのみPDFに変換したい場合は「シート」を選びます。
全てのシートをまとめてPDFに変換したい時は「ブック」を選び、選択範囲のみの場合はあらかじめ選択しておいた上で「選択範囲」を選んで保存します。


複数シートをPDF化する場合、「名前を付けて保存」だと上手く行かない場合があるため、綺麗に変換されない時は「プリント」を使うことをおすすめします。PDFファイルはシートはありませんがページで分けられるため、変換は可能です。
ただし、見た印象が変わってしまうことはあるため、提出したり社外に配る資料の場合は、しっかりとした変換が行われているか確認した方が良いでしょう。データとしてはExcelで完成していますが、PDF化してプリントアウトしてみたら見づらいものになっていた、というケースも多いため、注意が必要です。


知らなければ分からないものですが、やり方を聞いてしまえば簡単にできるのがExcelのPDF保存です。Windowsへのデータの受け渡しや、変更されないデータとして維持したい場合によく使う方法なので、覚えておくといいのではないでしょうか。

PDF高度編集・PDFelement

Wondershare PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

作成日: 2020-10-28 16:40:15 / 更新日: 2020-10-28 16:49:08

avatar

星野

編集者

0 Comment(s)

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。
Top