pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード
MacでPDFを印刷にかける方法を分かりやすく解説

MacでもPDFを印刷したい!MacでPDFを印刷にかける方法を分かりやすく解説

Home > PDF印刷 > MacでPDFを印刷にかける方法を分かりやすく解説

電子データが主流となっている社会ですが、依然としてPDFを紙に印刷しなければならない場面は多いです。日常的に行っていることですが、実は細かい設定が可能なことを知らないまま使っている人も多いと思います。

そこで、Macを使っている方向けにPDFを印刷する方法を紹介します。

MacでPDFを印刷する方法:


1.印刷したいPDFファイルを開く

Macでpdfをプリントアウトする際は、基本的に純正アプリの「プレビュー」を使います。もちろんPDFを扱える他のアプリからでも可能です、機能としては大差ありません。まずは、印刷したいファイルをプレビューあるいはPDFソフトで開きます。設定画面を呼び出すためには、メニューバーから選択する場合、PDFを開いたらメニューバーから「ファイル>プリント」の順に選択してください。また、ショートカットキーを使って、「Command+P」を押すと、すぐに設定画面に移ることもできます。このショートカットはMacで使われるほとんどのアプリケーションで共通ですので、ぜひ覚えておきましょう。※ちなみに、Finderでファイルにカーソルが合っている状態で「Command+P」を押すと、自動的にプレビューで開いてプリントアウトまでしてくれます。ただ、設定をするウィンドウまで省いてしまいますので、詳細な設定をしたい場合は一旦ファイルを開いてください。次に、設定画面では印刷の詳細設定が行えます。詳細が表示されていない場合は、左下の「詳細を表示」ボタンを押すと、より細かい設定が可能になります。その中でも、実際によく使う設定についていくつか説明します。


スキャナー スマホ PDF 作成


2.部数指定とページ指定をしたい時

仕事用に資料をプリントアウトする場合、部数を指定したかったり、特定のページだけを印刷したい場合などがよくあります。部数の設定は、部数のインプットボックスに刷りたい数だけ入力してください。ページ指定をしたい場合は、「ページ」の横のチェックボックスを一番下に合わせた上で、開始位置と終了位置のページ番号を入力してください。


スキャナー スマホ PDF 作成

3.先頭に表紙をつけたい時

PDF自体に表紙がついておらず、印刷時に冊子にする場合は、表紙が必要となることがあります。その場合は、設定画面のドロップダウンリストから「表紙」を選択してください。すると、表紙を書類の前後に設定できるようになります。また、表紙のタイプの選択も可能となります。タイプとしては、仕事でよく使う「社外秘・部外秘・未分類」などの表紙がありますので、使いたいものを選択してください。

4.1枚に複数のページをおさめたい時

ページ1枚では情報量が少なく、紙がもったいないと思う場合もあるでしょう。その場合は、1枚の用紙に複数のページをおさめると良いでしょう。まず、ドロップダウンリストから「レイアウト」を選択します。次に、1枚に収めるページ数を選択します。ここで2枚以上を選択すると、組み方向を選択することができます。また、ページ間の境界線や反転なども設定することができます。加えて、両面にチェックを入れた場合、1枚の用紙に対して指定したページ数の倍のページが表示されることになりますので、かなりの紙の節約になります。

5.プリセットについて

最後にプリセットの設定について紹介します。プリセットとは一連の設定をまとめたもののことです。そのため、印刷のたびに複雑な設定をする場合、毎回決まった設定をする場合などは、プリセットに登録しておくことをおすすめします。そうすることで、次回からは細かい設定をすることなく、登録した設定を呼び出すことができます。登録方法は、登録したい設定に変更した後、「プリセット」のドロップダウンリストから「規定のプリセットとして保存」を選択することで登録が出来ます。プリンターごとの設定なども可能で、特殊な用紙サイズを使うプリンターなどは、ここで設定しておくとよいでしょう。間違えてA4でプリントアウトしてしまい、紙の無駄遣いになってしまうことを防げます。


スキャナー スマホ PDF 作成

    MacでPDFを印刷するのは簡単ですが、詳細な設定などについては詳しく知らない人が意外と多いと思います。特に、複数ページを一枚に収める設定は意外と知られていなかったりします。非常に細かい設定まで可能ですのでぜひ一度試してみてください。

PDF高度編集・PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ: PDF印刷
作成日: Mar 15,2018 17:11 pm / 更新日: May 14,2018 14:10 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。

8,280 円から 年間/永久ライセンス

無料体験 購入する