pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード
今すぐ「PDFelement 6 Pro」の共有機能を体験してみましょう →

【使ってみた】「PDFelement 6 Pro」の共有機能をレビュー!

Home > 情報 > 今すぐ「PDFelement 6 Pro」の共有機能を体験してみましょう →

PDFは仕事やプライベートで広く使われているファイル形式です。よって、人とPDFファイルのやりとりをすることもよくあります。そういう際に、以前だったらUSBメモリーでファイルを手渡すことが一般的だったでしょう。もちろんいまだにUSBメモリーは広く使われているので、これが有効なやり方であることには変わりがありません。しかし、その都度人と会って手渡しするのは面倒ですし、USBメモリーの紛失による情報流出の危険もあります。可能ならば、もっと簡単に人と共有したいですね。また、PDFファイルをオンラインストレージサービスと共有することができれば、手間をかけずにバックアップをとることも可能です。

ここではPDF編集アプリケーションであるPDFelement 6 Proの共有機能についてレビューしてみます。

PDFelement 6 Pro

無料ダウンロードから試用することができるので、PDFelement 6 ProをPCにインストールすると、PDFファイル共有作業を行うことができます。
PDFelement 6 Proのインターフェイスと呼ばれるウインドウは、見やすくてしかもスタイリッシュという感じがします。

今日は一番肝心なPDF最適化機能についてレビューしたいと思いますので、早速PDFファイルを取り入りましょう。

【メールによる共有機能をレビュー】

メールによる共有機能

人とファイルを共有する際に、もっとも一般的なやり方は、メールに添付ファイルとして付けて送ることでしょう。PDFelement 6 Proの共有機能を使うと、この添付作業を効率的に行うことができます。やり方は簡単です。まずPDFelement 6 Proで送りたいファイルを開いてください。ウィンドウ上部の「ファイル」メニューの中にある「開く」から、開きたいファイルを選択することができます。そして、PDFファイルが読み込まれたら、再び「ファイル」をクリックしてください。そこで開くメニューの中に「共有」を選択します。すると、いくつかの共有手段が表示されますから、「Eメール PDFを添付ファイルとして転送」を選択します。これだけで、そのパソコンにおける既定のメールクライアントが立ち上がります。あとは適宜文面やアドレスを入力するだけです。わざわざメール作成画面にドラッグ&ドロップなどをしなくてもいいだけ、お手軽です。しかしメールによる転送ですから、アドレスの打ち間違いなどはないように注意しましょう。また同じファイルをメールでやりとりしながら共同作業をする場合などは、どれが最新のヴァージョンかわからなくなることがあるので、ファイル名に日付を加えたり編集者名を入れるなどの取り決めをしておくと混乱を避けることができます。

【オンラインストレージサービスを使った共有機能をレビュー】

PDFelement 6 Proの共有機能

PDFelement 6 Proでは、オンラインストレージサービスとの共有機能も用意されています。先ほどと同じく「ファイル」から「共有」を選択し、希望するサービスを選択してください。PDFelement 6 Proでは、Dropbox、Evernote、Google Driveへの共有機能が備わっています。どれも代表的なオンラインストレージサービスですから、これら3つがあれば多くの人にとっては十分でしょう。希望するサービスをクリックすると、初回は各サービスへのログイン認証が行われます。自分のアカウントとパスワードを入れ、認証されれば共有可能です。ファイルは自動的に、各サービスのルートフォルダ(Evernoteについてはinbox)に入れられますので、それを必要に応じて希望するフォルダに移したり、あるいは他の人との共有手続きをとったりします。

    PDFelement 6 Proを使えば、ここまでレビューしてきた共有機能のおかげで、手作業でアップロードする手間が大幅に省けますから、作業を効率化できます。またUSBメモリーで物理的にファイルを持ち歩くよりも、盗難や紛失の危険性も下がります。共有機能を使えば、ファイルの共有だけでなくオンラインストレージにバックアップも取れるわけですから、さらに安心です。もっとも、オンラインストレージを使う場合は、アカウントを盗まれたりパスワードを紛失しないようにきちんと管理する必要があります。その点は配慮して使用しましょう。

PDF高度編集・PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ: 情報
作成日: Jul 12,2017 14:46 pm / 更新日: Jul 12,2017 15:30 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。

8,280 円から 年間/永久ライセンス

無料体験 購入する