pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード
Kindle Oasis、Paperwrite、Voyape紹介

【キンドル愛好者必見!】--Kindle Oasis、kindle Paperwrite、kindle Voyape人気モデル紹介

Home > 情報 > Kindle Oasis、Paperwrite、Voyape紹介
目次:


kindleとはどういうものか


kindleという言葉は、よく耳にしたことはある人は多いのではないでしょうか。 実際にkindleと言えば、どういうものなのか説明できる人は少ないのではないでしょうか。 kindleというのは、電子書籍リーダーです。 電子書籍を読むために用意された専門の端末です。 アマゾンが開発した電子書籍リーダーで、2007年に始めて発売が開始されました。 このkindleは日本だけではなく、世界100カ国以上で同時発売されていて、電子書籍を読むにはkindleといわれるくらい有名になりました。 単純なつくりで、白黒表示となっていて、まさに電子書籍を読むためだけに開発された電子書籍リーダーです。


メモリーには2GBほどあり、約20000冊ほどの電子書籍を読むことが出来ます。 kindleはアマゾンでのみ販売されていて、それもアメリカのアマゾンだけでしか販売をしていません。 そのため購入した場合は、アメリカのアマゾンから発送されます。 それだけではなく、パソコンでも読めるように、パソコン用のソフトも販売していて、kindleの端末だけではなく、送付とを利用して電子書籍を読むことが出来るようになっています。 最近では、kindleの端末を購入するのではなく、kindleソフトをインストールしてから電子書籍を読むことが進んできています。 iphone・スマホ用のソフトだけではなくandroid用・ipad用とほとんどのデバイスで電子書籍が読めるように無料のソフトやアプリが利用できるようになっています。


Android版の「Adobe Acrobat Reader」アプリ


1.kindleの利用方法


まずは無料のkindleソフトをダウンロードしてからインストールします。 インストールするとすでに管理画面が付いてきて、管理できるようになっています。 起動するとMY kindleという管理画面がありますので、そこで利用する端末の設定を行えば、どの端末でどのような利用状況なのかを管理することが出来ます。 kindleアプリを起動すると、書籍一覧が表示されます。 無料の書籍など、無料の書籍を暖ロードしてみて、どう管理されるのかを見ていくことが出来ます。 アマゾンの書籍を購入するときに、どの端末にダウンロードするのかを選択できるようになります。 これで、どの端末にどの書籍があり、全体でどれだけの書籍をダウンロードしたのかがわかるようになります。


設定できる端末は全部で6台まで出来るようになっているので、パソコン、iPhone、タブレット端末などをそれぞれ設定することが出来ます。 ダウンロードしたら、その書籍が本棚に追加されるので、早速一覧に出てきた書籍をタップしてから開くことが出来ます。 登録している端末のいづれかで購入してダウンロードした場合は、他の端末でも共有して読むことが出来ます。 二重にお金を支払う必要はありません。 そのため、購入するのにパソコンを使って、読むのにはタブレット端末やスマホで読むことも出来るので、便利です。


2.kindleのメリット


kindleを利用すると、幾つかメリットがあります。 無料でインストールしたkindleソフトで、遠視書籍を読むことが出来るだけではなく、ワードやtxtファイルなど他のファイル形式のフィルを読むことも可能です。 kindeを使うと、本を好きなときに好きなものを自由にスマホやタブレット端末1台あれば読むことが出来ます。 本を持ち歩く必要もありませんので、どこにいても荷物にならないで読むことが出来ます。 通常の紙ベースの本よりも、電子書籍の場合は安く購入することが出来ます。 紙ベースの本よりも、30%以上安く購入することができます。

kindleをわざわざ買ってから電子書籍を読まなくても、タブレット端末で十分ではないかと思う人も多いと思います。 そこで、kindle独自の特徴を少し見ていきたいと思います。 kindleならではの特徴があります。 kindleはアマゾンが直売している電子書籍専用の端末ですが、プライム会員であれば、4000円引きで購入することが出来ます。 通常kindleを買うと8980円となりますが、プライム会員であれば4980円で購入することが出来ます。 あとは、kindle会員になっていて、kindle端末を持っている人は毎月1本の電子書籍が無料でダウンロードすることが出来ます。 ただし、kindleで本を読む場合は、他の本をダウンロードすると、前にダウンロードした本が読めなくなります。

kindleでストックできるのは1本までデ、何本もストックすることは出来ません。 これを知らないで2本ダウンロードしてしまうと、片方の1本は読む前に読めなくなる可能性があります。 kindleを使って読む場合は、1本ダウンロードしたら読み終わってから次の電子書籍をダウンロードするように心がけておかなければいけません。 通信回線を無料で利用することが出来るので、回線料がかかりません。 3G回線ですが、電子書籍をダウンロードするために通信回線を契約する必要がありません。 アマゾンのほうでドコモトと契約して、kindle用の回線を確保しているので、kindleが手元にあれば、いつでもどこでも電子書籍をダウンロードすることが出来ます。 端末の容量が4GBしかないので、大量に電子書籍を保存しておくことが出来ません。 そこでグラウドを無料で利用して、今すぐに読まないような書籍を一旦転送しておいて、kindle本体から削除しておくことが出来ます。


3.kindleと他のタブレットとの違い


kindleとは、どういうものと思っていますか。 kindleというものを他のタブレットと同じように考えている人も多いのではないでしょうか。 実際にkindle端末の形は他のタブレットのように、同じ形をしているので、タブレットPCと同じように考えている人もいると思います。 ただしkindleは、他のタブレットPCとはまったく違っていて、まず、kindleは電子書籍専用の端末で、その他の機能は付いていません。 電子書籍を管理して読むための機能が豊富についていて、ブラウザーソフトも付いていますが、動画を見ることは出来ません。 あくまでもアマゾンの電子書籍を読むためだけに作られた端末です。 そう考えると、高いのではと思うかもしれませんが、専用のタブレットということで、他のタブレットPCではありえないような特徴があります。


まずはそのサイズですが、他のタブレットのように両手で持たないともてないのではなく、あくまでも本を片手で読めるように、大きさにも工夫がしてあります。 それが片手でもてるようになっていることです。 重さもタブレットと違って、非常に軽くなっていて、読むときの動作速度も断然kindleのほうが早くてスムーズにページめくりをしたりすることが出来ます。 あとは、長時間読み続けることが出来るように、バッテリーが長持ちします、 1回の充電で長時間使えるようになっています。 読むときの目の疲れ方が、タブレットPCとはまったく違います。 kindleの場合は、目が疲れにくいように紙を上の文字を読むように自然な画面が作られています。 実際に見比べてみるとすぐにわかりますが、目に優しい画面となっています。 あとは、光の当たり方で、直射日光があたると反射して読みにくくならないような工夫もされています。


kindleにはいくつものモデルがあるの?


1.kindleに5つのモデルが存在する


kindleには5つのモデルがあるのをご存知でしょうか。 それぞれで価格が違っていて、最低価格の機種として8980円から最高額の機種として、35980円と4倍近い価格差があります。 この価格差に見合うだけの違いが果たしてあるのでしょうか。 5つのモデルとは、kindle・kindle Paperwrite・kindle Paperwriteマンガモデル・kindle Voyape・kindle Oasisとなります。 それぞれに特徴がありまして価格で選ぶか機能面で選ぶかで大きく購入額が変わってきます。


モデル間で大きく変わる点と言えば、暗いときでも読むことが出来るようにバックライトがついているかいないかと、解像度が167ppiか300ppiかの違いぐらいしかありません。 この2つ以外でも重量を軽くすることもありますが、その重量を軽くするだけで、料金的には大きな差がついています。 一番高額のモデルとしてはkindle Oasisがありますが、35980円となっていますが、確かに機能面ではkindle Paperwriteよりはいい面が幾つかありますが、重量を軽減させるために最新の技術を駆使して、少しでも薄くしてから重量を軽くしている点はすばらしく、最新の技術のkindleがほしいという人にはおすすめしますが、価格面なども考慮してから機能面とあわせて考えると、kindle Paperwriteはお手ごろのモデルではないでしょうか。 それでも、安いほうがいいという人にはkindleの8980円を購入しても十分に電子書籍を読むことが出来ます。


Android版の「Adobe Acrobat Reader」アプリ


2.kindleモデルで一番人気はどれ


kindleいは5つのモデルがあることはわかりましたが、その中でどれがいちばん売れているのでしょうか。 気になるところです。 他の人が買っているモデルを買えば間違いが少なくなると思うので、人気のモデルを見ていきましょう。 実際に機能面や価格の両面で見ていくと、それぞれ特徴がありますが、やはり基準は価格が一番で、安いモデルを買いたいというのが一番ではないでしょうか。 次に機能面で、どこまでの機能があれば満足できるかということで、総合的に考えてから購入されているのがkindle Paperwriteではないでしょうか。 このモデルが人気の秘密は、価格と機能面の両方を考えてみてから安くて基本的な機能がそろっているということです。 どちらも程よくそろっていて、可もなく不可もなくといった感じです。 これは機能面で見ていくと、バックライトのLEDはついているし、解像度に関しても標準の300ppiがありますし、重さ的にも205gと持っていて重さをそこまで感じることがない重量なので、人気のkindle商品です。 価格は下から2番目に安い14280円と、機能面がそろっている割には安く購入することが出来ます。


3.kindleはどのようにして選べばいいのか


kindleのモデルにはこのように5つありますが、どれを選べばいいのかがわからないという人に、もう少しどのモデルを選べばいいかのチェックポイントを教えます。 機能面だけで考えるか価格だけで考えるかで必然的にそれを選んだらいいのかが変わってきます。 価格と機能が正比例しているので、価格が高いものが機能が優れていて、価格が安いものが機能が劣っています。 ただし、機能が劣っているといって電子書籍を読むことが出来ないわけではありません。 出来るだけ安いkindleガほしい人にはkindleモデルを絵ラン絵、金額は気にしないような人は最高モデルのkindle Oasisを選べばいいだけです。


kindleの各モデルごとの特徴について


kindleの端末モデルの5つを価格や性能面で見ていきます。

kindle Oasis


1.Kindle Oasisを使う目的やメリットは


Kindle Oasisはこの機種の中でも、最高の機能を有していて、その中でも全機能において最高のものを提供しています。 そこで、Kindle Oasisの目的としては最高の電子書籍リーダーとして発売されていて、現時点で出来る電子書籍を読むために必要な機能はほとんどそろっています。 そこで、必要なKindle Oasisの機能としては電子書籍を読むときの見易さや目の負担軽減など、いろいろな面で最高の機能を有しています。 持ったときの軽さも十分で、できるだけ軽い端末を持っていることで、持ち歩きやすさと読むときの軽さなど軽量化を最大限発揮できるように薄く軽くを前提に作られています。 機能をどれだけ満たすかを最優先で考えて、それに価格に関しては非常に良くなっています。

電子書籍を最高の環境で読むために作られた端末といっても、過言ではありません。 この端末を使うことで、今までの電子書籍を読むのには、最高の環境面を用意したということがいえます。 アマゾンの電子書籍端末への力の入れ方が見て取れます。 よく電子書籍を読む人には、この最高級の機能のよさがわかるのではないでしょうか。 ただし、価格面などを考えると、そこまでの普及が行われていないのは残念です。 消費者からしたら、価格面は重要で、費用対効果という面で考えると、ちょっと電子書籍を読むという人には不向きなのかもしれません。 そこまでの軽量化よりも価格を安くといったニーズのほうが高い面があります。


kindle


2.Kindle Oasisの機能面


Kindle Oasisは、Kindle端末の中で一番高額の端末ですが、その中でも性能面で一番良くなっています。 まずは、価格ですが35980円になっていて、一番高額の金額となっています。 その分の金額に対しての機能は充実していて、LEDが通常の4個ではなく6個装備されていて、Kindle Voyageと同じ機能になっていますが、より明るさ調整が均一化されていて、自然の明るさ調整が出来るようになっています。 画面オ解像度は、300ppiとなっていて、平均的な解像度で、文字を読むときには十分な解像度となっています。 充電機能が充実していて、1回の充電で約1ヶ月も持つようになっていて、バッテリー能力には十分な期間があります。 あとは重量ですが、Kindle端末の中では最軽量で、130g程度とずいぶんな軽量化に成功しています。 薄くて軽量のKindle Oasisはこの端末の中でも最高となっています。 メモリーは他の端末モデルと一緒で、4GBとなっていて、電子書籍を読む上では十分な昨日になっています。 機能面では、最高のものを準備していて、その分価格がたたくなるので、非常によくなっています。


3.Kindle Oasisの特徴


機能をどれだけ満たすかを最優先で考えて、それに価格に関しては非常に良くなっています。 Kindle Oasisにもページめくり機能が付いていますが、そのページめくり機能に関しては、より速度が早くなっていて、他の端末のページめくり機能とは大分処理速度が違います。 端末の重量が大幅に軽くなっていて、本気で、片手で読めるようになっていて、Kindle Oasis出しかこの感覚を味わうことが出来ません。 スマホなどと変わらない重量で、物によってはスマホなどよりも軽くなっているのがKindle Oasisです。 Kindle Oasis自身のよさを知るには、実際に手にとって見なければわからないと思います。 そのために、数値的な機能面だけを見ていると、価格とは比例していないように感じますが、数値で見る以上の使い勝手は向上されていて、価格に見合う機能が付いています。 それだけ十分な機能となっているのがKindle Oasisではないでしょうか。


kindle Paperwrite

1.kindle Paperwriteを使う目的やメリットは


kindleという電子書籍専用の端末がありますが、その名かどぇもいろいろなバージョンがあり、どのバージョンにもそれぞれ特徴があります。 今回はKindle Paperwhiteというモードのリーダーを見て行きます。 Kindle Paperwhiteというのは、kindle端末の中でも一番人気の電子書籍端末で、価格面と機能面の両方を合わせて考えるとこのモデルが一番売れています。 出来るだけ、みんなに人気のkindle端末を購入したい人には、Kindle Paperwhiteがおすすめです。 価格面はkindle端末の中でもリーズナブルで、こだわりを持っていない人にはこちらがおすすめです。 無印版のkindleに比べてみると、バックライトがつくようになっていて、暗いところでも電子書籍を読むことが絵きて、解像度に関してもレベルアップしています。 このモデルの端末であれば、電子書籍を読むことがスムーズに出来ればいいと考えている人であれば、十分納得できる機能が付いています。 おまけに、14280円とリーズナブルな価格となっています。


2.Kindle Paperwhiteの機能面


Kindle Paperwhiteの機能を詳細に見ていきます。 まずはストレージは4GBとなっていてkindleの標準の容量です。 暗いときに読むためのバックライトも内臓されていて、LEDが4個付いています。 ライト自体は、直接目に反射しないように間接照明となっていて、見やすい照明の設定がされています。 画面の解像度ですが、標準的な解像度で300ppiとなっています。 300ppiあれば、何よりも若干小さな文字でもきれいにはっきりと読むことが出来ます。 紙の文字を読むように、画面でもやさしい文字表示がされていて、通常のタブレット端末に比べてみても、見やすくなっています。 そのため、長時間読んでも目が疲れにくく、紙の本を読んでいるように楽に長時間読むことが出来ます。 重さが、205gとスマホと大差ないくらいの重さで軽いので、通勤や通学の電車やバスの中で片手で持ってから本を読むように読むことが出来ます。 一番は、端末の中にダウンロードして読むので、紙の本のように持ち運びで重いと感じることもなく、書棚が要らないので、自宅の部屋もすっきりとなります。


3.Kindle Paperwhiteの特徴


Kindle Paperwhiteの最大の特徴は、kindleのモデルの中で価格がしたから2番目となっていて、その上に機能的には標準的な機能がすべて入っている端末です。 そのため、多くの人が購入していて、人気のモデルとなっています。 タブレット亜端末と一番違うのが、バッテリーの充電量が多くて、タブレット端末だと、10時間前後使い続けると充電しなければいけませんが、こちらのKindle Paperwhiteであれば、1回オ充電で数週間充電しないで読み続けることが出来ます。kindleの一番の特徴ではないでしょうか。 1回の充電で数週間も充電しないで済むのですからびっくり出はないでしょうか。 普段スマホの充電で嫌気がさしている人であれば、kindleのバッテリーの持ちのよさは満足できると思います。 kindleの電子書籍を読むときに、画面が光で反射しないような工夫がされていて、どこで呼んでもきれいに読むことが出来ます。 ページめくりもスムーズに出来て、書籍専用端末らしいスムーズなページめくりができます。 kindleと言えば、わざわざ買う必要がないと思っていた人でも、この特徴を見ていくと、1台あったら便利だと思うのではないでしょうか。


kindle Voyape

1.Kindle Voyageの機能面


Kindle Voyageというのは、Kindle端末の中でも上位機種で上から2番目の価格となっています。 金額的には若干高めに設定されているので、その価格に見合うものなのか、機能面で見ていきます。 まずは、価格面では23980円となっています。 バックライトはLEDが6個搭載されています。 しかも、明るさの自動調整を行うことが出来ます。 この機能があるのは、Kindle Voyageからで、隊機種にはこの機能は含まれていません。 画面オ解像度は300ppiと標準の解像度を持っていまして、ストレージ容量としては4GBとなっていて、他の機種と同じ性能となっています。 重量が買い機種よりも若干軽くなっていて、180gと軽くなっています。


Kindle Voyage


2.Kindle Voyageの特徴


Kindle Voyageの一番の特徴としては、軽さにあります。 軽さを実現するためにより薄くなっていて、改造が300ppiになったことで、ドットが小さくなったので、文字をよりくっきりと見ることが出来ます。 ドットが小さくなるとより地位かな文字も表示することが出来て、大きな文字はより鮮明に表示することが出来ます。 そのため、文章を読むときにより鮮明に見えるので、階機種よりは見やすくなっています。 さらに、バックライト機能が大幅にアップしていて、LEDっが4個から6個へ増えていて、その上に自動調整機能が付いているので、明るさが常に読みやすい明るさに調整されます。 しかもLEDが下位機種の1.5倍に増えているので、より効果的な照明効果を発揮することができます。 新たな機能として、ページめくり機能が追加されています。 このページめくり機能は、本を読む上で一般的に行うことが出来る本を読む動作がページめくりで、この機能が追加されたことでより電子書籍が見やすくなりました。 通信接続するには幾つかの通信機能を持っていて、wifiモデルとwifiモデル+3G回線を利用できるものがあります。 wifiモデルであれば、wifi接続をすることで電子書籍を読むことが出来ます。 wifi環境がない場所でも接続できないので、新たな書籍を読むことは出来ません。 ただし、3G+の場合は、ドコモの3G回線を利用できて、いつでもどこでも電子書籍をダウンロードしてから読むことが出来ます。 この機能追加は、簡単なようで非常によく出来た機能です。 あるのとないのでは大きく違っています。


3.kindleVoyageを使う目的やメリットは


kindleVoyageを使ってから電子書籍を読むメリットはたくさんあります。 このkindleVoyageは、読書専用のメリットがふんだんに含まれています。 白黒表示というのは、一般的な読書をするときには白黒表示で読むものなので、その特徴をしっかりと電子書籍でも引き継いで、通常の紙の読書と変わらないように読むことが出来ます。 液晶画面自体も、光に反射しないで読みやすくなっていて、照明の自動調整機能もあるので、その場にあわせた読みやすい照明や読み方などが設定されていて、読む人のための端末になっています。 目の疲れを極端にへらs度慮kが随所に見えて、電子機器特有の目の疲れが極端に少なくなるような工夫がいっぱいされています。 読書売る場所の環境に合わせた光の調整をしてくれるので、紙の本を読むときに、自分で光の調整をスしなければいけないことを、自動で行ってくれるのは便利で目にやさしい機能となっています。 ページめくり機能がすばらしく、片手で端末をもってから読んでいるときに指でスワイプしたりタッチしたりするだけで、簡単に次のページを開くことが出来ます。


kindle Paperwriteマンガモデル

kindlePaperwriteマンガモデルの性能面を見ていきます。価格は、16280円となります。内臓ライトはLEDライトが4個ついています。解像度は1300ppiとなっています。ストレージ容量は32GBで、バッテリーの持続時間は数週間と長くなっています。
重量は205gで軽くなっています。kれは、マンガなど大量に読む人にはおすすめでストレージ容量が一番大きくなっていて、バックライトもついているので、機能面では最高のモデルではないでしょうか。日本だけの販売となっています。

kindle Paperwrite

kindle

kindleの性能面を見ていきます。価格は、8980円となります。内臓ライトはついていません。解像度は167bpiとなっています。ストレージ容量は4GBで、バッテリーの持続時間は数週間と長くなっています。
重量は161gで軽くなっています。価格が一番安いので、お買い得ですが、バックライトがついていないので、暗いところでは読むことが出来ません。解像度は他のバージョンに比べると低くなっていて、画像が荒く読みにくいところがあります。

PDF高度編集・PDFelement

Wondershare PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

作成日: Aug 19,2017 14:49 pm / 更新日: Oct 23,2019 10:47 am

0 件のコメント

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。