pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード
販売・サービス担当者の皆さん、PDF編集ソフトをどんどん活用しよう→

販売・サービス担当者必見!PDFelement 6 Proを活用して業務効率アップ!

Home > ビジネス活用 > 販売・サービス担当者の皆さん、PDF編集ソフトをどんどん活用しよう→

生命保険や自動車保険などの販売、サービスを手掛けている保険会社などで、営業用資料で紙を使うことなく、タブレットを活用する企業が出現しています。契約締結前交付書面などの法定書面についても、インターネット上で確認が可能な金融機関も増えており、今後、社会全体としてますますペーパーレス化が進んでいくと予想されています。Word、Excel、PowerpointなどのOffice系ファイルであれば、上書きやコメントを入れ込むことが可能ですが、PDFのソフトコピーに注釈などを追加する場合には、PDF編集ソフトが必要になります。現在、日本国内の業者、海外の企業などからさまざまなPDF編集ソフトが発売されています。しかし、説明がすべて英語で日本語対応になっていないものや年間のライセンス費用が請求されるソフトなどもあって、リーズナブルな価格で安心して使えるPDF編集ソフトを見つけることは簡単ではありません。

そんな中で、Wondershare社が提供しているPDFelement 6 Proは、良心的な値段で非常に操作がしやすいことから、多くのユーザーから支持を集めています。

PDFelement 6 Pro

Wondershare社のホームページの説明からPDFelement 6 Proソフト内の解説まで、ほとんどの内容が日本語対応しており、英語が苦手な人でも安心して利用することが可能です。さらに、PDFelement 6 Proの有料版を利用する前に機能を試してみたいユーザー向けに、Wondershare社のホームページで無料の体験版が掲載されています。これを活用することで、PDFelement 6 Proの使用感を実感することが可能になっています。

今回は、販売やサービスの現場で、PDFelement 6 Proが活用されている事例とケーススターディをご紹介します。

お菓子を取り扱っている商社のある営業マンが、日報作成を紙ベースで行っていましたが、PDFelement 6 Proを活用して、ファイルのソフト管理に成功しました。この営業マンは、取引先を訪れた際、次の訪問先に行くまでの時間を使い、ペンで日報を作成しています。このケーススターディに登場する営業マンは、手書きの日報を職場に持ち帰り、それを再びWordファイルに打ち込んでいました。PDFelement 6 ProのOCR機能を使い、手書きの日報をプリンターでスキャンし、それをWordに変換することで日報にかかる時間を大幅に削減できたのです。

この事例では、PDFelement 6 Proが持つOCR機能が力を発揮しました。紙の資料をスキャンして、PDFになったファイルをWordに変換する機能をPDFelement 6 Proは持っているのです。スキャンしたPDFファイルを、Wordだけではなく、Excel、Powerpointにも変換することができます。

次の事例は、販売、サービスの企画を行う部署のお話です。この部署では、新商品やサービスの企画書や提案書を会議や打ち合わせで協議する際、紙の資料を配っていました。しかし、過去の資料を探すために複数のバインダーを準備し、格納する場所を確保する必要があるなど、困った事態に陥っていました。この問題を解決したケーススターディとして、PDFelement 6 ProのOCR機能が利用されたのです。これまでの紙の資料を、すべてプリンターなどでスキャンし、PDFファイルにして部署内で共有することにしたのです。

PDFelement 6 ProのOCRには、検索機能も備わっています。ですので、古い資料に書かれている内容もすぐにソフトで確認できます。これにより、この部署は紙の資料の保存や管理から解放されたのです。

ここで「PDFelement 6 Pro」でOCRの処理ステップを紹介いたします。

下記のように、スキャンされたPDFを「PDFelement 6 Pro」にドラッグ&ドロップの操作で取り込みます;

 

PDFのOCR機能を宣伝・広報で活用

 

そして「スキャンされたPDFを検出しました。スキャンされたPDFからコピー、編集、テキストを検索するためにはOCR機能をご利用ください。」のメッセージが出て、「OCRを実行します」をクリックします。
デフォルトではOCRの言語を「日本語」で設定されていますが、他の言語を選択すると、法務上よく使う英語や他の外国語の書類も対応できます。
選択済みなら「次」をクリックし、OCR処理が始まります。

 

PDFのOCR機能を宣伝・広報で活用

 

OCRが実行完了です。元の文書の状態によってうまく認識できず、一部の文字が文字化けする場合もありますが、微調整をすれば問題ありません。

 

PDFのOCR機能を宣伝・広報で活用

    以上、販売・サービスの現場でPDFelement 6 ProのOCR機能を活用し、作業効率を高めた事例を紹介いたしました。

    企画書や提案書などのPDFファイルの管理、ぜひ「PDFelement 6 Pro」のOCR機能を活かしていきましょう。

PDF高度編集・PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ: ビジネス活用
作成日: Jun 29,2017 15:35 pm / 更新日: Jul 27,2017 19:05 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。

8,280 円から 年間/永久ライセンス

無料体験 購入する