pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード
【IT・ネット関連業界】PDFファイル ページ処理編

【IT・ネット関連業界】PDFファイル ページ処理編

Home > ビジネス活用 > 【IT・ネット関連業界】PDFファイル ページ処理編

データのファイル形式と聞いて、最初に思い浮かぶのはやはりWordやExcelになるかと思います。これらは基礎中の基礎と言っても過言ではないので、知名度と使用率が共に群を抜いて高いです。 しかし、WordやExcel以外にも役立つファイル形式はあり、例としてはPDFが挙げられるでしょう。このPDFというファイル形式は、各種媒体からの複雑な干渉をほぼ無視して、元のデータを忠実に再現します。ちなみに権利はアドビこと、アドビシステムズが所有しています。
では、そろそろ本題の方に移りたいと思います。上記のPDFファイルがIT・情報処理・ネット関連業界にて、どのようなシーンでページ処理するのかを紹介させて頂きます。今回のシミュレーションが皆さんの共感を得て、僅かでも就職や転職といった進路の参考になれば幸いです。


Part 1. IT・インターネット関連の仕事現場で、PDFのページを処理


PDFファイルにページを挿入する処理:

IT・情報処理・インターネット関連の会社からは、毎年数多くの新しい製品が発売され、皆さんの購買意欲を刺激する事となります。しかし、せっかくの新しい製品も存在を知られないままだと、皆さんにその魅力を伝える事が出来ません。この問題に対する解決策としては、PDFファイルによるカタログの掲載が有効かと思います。不特定多数の方が同時に見られる為に、宣伝効果という点において申し分ない方法でしょう。また、年度の切り替えに応じてカタログの刷新が必要なので、PDFファイルにページを挿入するという訳です。


PDFファイルのページを削除する処理:

一番のシーンではページの「挿入」を例に挙げましたが、場合によってはPDFファイルのページ「削除」へと分岐する可能性があります。何故なら生産期間の満了を迎えていたり、自主回収の対象となっていたりする製品は、カタログの刷新に伴って抜け落ちる為です。カタログ上にだけ掲載され、実際にはもう扱われていない製品の存在は、お客さんに余計な混乱を与えてしまいます。情報は常に最新の状態へと更新し、誰もが共通の認識を持てるようにしましょう。


PDFファイルのページを置換する処理:

IT・情報処理・インターネット関連の会社では、製品の販売という形以外のサービスも幅広く提供されています。例えば、お客さんから頂いた問い合わせへの対応もその一つです。問い合わせの内容は実に様々で、場合によっては対応するためのPDF資料をお客様に送ることがあります。そうなると、旧資料のPDFファイルのページを置換した上で、お客さんの元へと送る事もあるでしょう。情報が広まる速度は年々早くなっており、こうした細かなサービスの提供であっても良い評判に繋がります。

PDFファイルのページを処理するシーンの紹介は以上となります。これら複数のシミュレーションを踏まえ、皆さんにオススメのソフトを紹介させて頂きます。


Part 2. PDFファイルのページを的確に処理するソフトについて

PDFelement 6 Proというソフトは、PDFファイルのページに対して挿入や削除、置換などの処理をたった一本でこなす事が出来ます。用途毎にソフトを準備する手間が要らなければ、IT・情報処理・インターネット関連の仕事現場にて、大きな時間の短縮が図れます。



PDFelement 6 Pro


PDFelement 6 Proのページ処理機能を使用するまで:

販売元のWondershare社は公式サイトを開設しているので、まずはそちらからPCへとPDFelement 6 Proをインストールしましょう。使用する機能としてPDFの編集をクリックし、次に表示される画面ではページのタブを選択してください。

挿入機能ではPDFファイルに対して新規や既存ページの追加、置換機能では設定に基づいたページの変更が行えます。どちらも名前と操作の内容が一致しており、連携が求められるIT・情報処理・インターネット関連の仕事現場においては、嬉しい仕様かと思います。また、上記の処理を行う過程で不要になったページは、右端のゴミ箱アイコンから削除しましょう。PDFelement 6 Proについての紹介は以上となります。


PDF ページ



    PDFは単体でも役に立つファイル形式ですが、これからは「PDFelement 6 Pro」にて扱われる事をオススメします。長所を100%、いや120%引き出してみてはいかがでしょうか。

PDF高度編集・PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ: ビジネス活用
作成日: Jun 07,2018 9:44 am / 更新日: Jun 07,2018 16:42 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。

8,280 円から 年間/永久ライセンス

無料体験 購入する