pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード

Adobe AcrobatでPDFを画像形式やテキスト形式に書き出す

Home > PDF変換 > Adobe AcrobatでPDFを画像形式やテキスト形式に書き出す

目次:

Adobe Acrobatをビジネスや学業、趣味などの分野で活用している方は非常に多いのではないでしょうか。画像などを必要な形に変換する必要が生じる時に、このソフトは大いに助けになります。活用しまくっている方も多いことでしょう。最近は、タブレットやスマートフォン、パソコンなどによって、簡単に情報を交換できる時代なので、このようなソフトを是非とも使いこなしていきたいものです。


PDFファイルを変換して書き出す

Acrobatについて耳にされた方は少なくないことでしょう。これはどのような機能を有しているのでしょうか。PDFファイルを画像形式やテキスト形式といったことなった形式のファイルに書き出すことができるという非常に便利な機能があります。この機能を、趣味や学業、仕事に生かしている人は少なくありません。それから、PDFファイルの中のデータの一部を、他のアプリで活用するために違う色々な形式で書き出すということもできます。その際には、セキュリティなどの設定で、コピーや抽出が制限されていないということが条件になります。


他のファイルの形式で書き出すには

まず、はじめに書き出したいファイルをAcrobatで開くことが必要になります。それからファイル、名前をつけて保存あるいは別名で保存するから、保存したいファイルの対応を選んでください。そのあと、名前をつけて保存のダイアログボックスの中の設定のボタンをクリックします。そして変換オプションの設定を行います。次の段階としてOKをクリックします。もしかするとその際に、設定ボタンが使用できない場合もあります。その場合には、選択した形式にはオプションがないということになります。


画像の書き出し

まずツールパネルの中から、文書整理そして全ての画像の書き出しを選びます。もしツールパネルに文書処理が示されない場合にはパネル表示の切り替え、それからメニューを選んでください。全ての画像を書き出しのダイアログボックスの中から、画像のファイルの形式を選びます。その後、設定をクリックします。ファイル設定の後カラーマネジメント、そして変換と抽出の設定を選びます。ついでOKをクリックしてください。次に全ての画像を書き出しのダイアログボックスの中の保存をクリックして作業を行います。


注釈のデータを書き出す

注釈のデータを書き出したい場合、注釈の書き出しのコマンドを使用します。これを使用することで注釈を様々な形式のファイルで書き出すことができます。フォームに入力したデータも同様に、様々なファイルとして書き出すことができます。非常に便利な機能ですので、ありがたいと思っているユーザーも多いのではないでしょうか。フォームデータや注釈をPDFファイルとは別の場所に保存しておくこともできます。しかしこれを利用する上で注意しなければならない点があります。AutoCADやWordへの書き出しを行う機能は、Windows版のみで使える機能となっています。これさえ注意すれば、十分に活用いただけると思います。


Adobe AcrobatDCについて

AdobeAcrobatDCとはそもそも何をするためのものでしょうか。それは、文書をPDFファイルに変換したり、編集したり、加工したりするためのものです。とても便利ですので既に活用している方は多いことでしょう。PDFは世界中で使用されているフォーマットなので、この形に変換することによって文書の表示や印刷が簡単にできます。その際にはプラットホームやアプリケーションに依存する必要はありません。印刷機能のある、色々なアプリケーションからもPDFを作成することもできます。まさにデータ管理の大きな武器になること間違いなしと言えます。


    Adobe Acrobatは本当に便利で、今の世の中では必要不可欠なソフトになってきていると言っても過言ではないでしょう。これからはこのような便利なものをどんどん活用していく必要があります。皆さんもぜひこの機会に、このソフトの使い方をマスターして、便利なアイテムとして活用してみてはいかがでしょうか。

PDF高度編集・PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ: PDF変換
作成日: Nov 13,2018 11:47 am / 更新日: Nov 13,2018 14:10 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。

8,280 円から 年間/永久ライセンス

無料体験 購入する