【2021最新】PDFページ削除:PDF文書のページを削除する方法

Home > PDFページ > 今すぐPDFelement を無料体験しましょう

個人でのPDF使用率は分かりませんが、企業でPDFを利用している方は多いと思います。 ですが、pdfを作成していると不要なページや、作成ミスなどで特定のページを削除したいという場面があるはずです。 そこで今回はAcrobat Reader「PDFelement」(PDFエレメント)を使ってPDFからページを削除する方法をデバイス別に紹介します。

目次:

PDFはページが削除できますか?

業務でPDFファイルの編集をする必要が出てきました。中堅部品メーカーの営業職として働いていますが、紙の総合製品カタログと併用で、パソコンやタブレット端末で利用できる、配布用の製品カタログをPDFファイルで作成することになりました。ただ顧客の業務によって必要なページは違ってくるので、PDFファイルは全体版と顧客別版を作成することにしました。これなら紙のカタログとは比べ物にならないくらい、製品の性能改善や仕様変更にもスピーディに対応できます。

紙の総合製品カタログをWordで作成しているので、今回はまず一括でPDF出力し、その中から顧客別に必要なページを残すために、PDF文書のページ削除が行えるソフトが必要になりました。PDFファイルの編集ソフトと言えばAdobe社のAcrobatが思い浮かびますが、これは非常に多機能でハイエンドだと思います。勿論価格的にもハイエンド。

使いたいのはPDFから任意のページを削除する機能なので、その点を中心として、他の市販ソフトを探しました。その中でネット上のレビューがとても高評価な、Wondershare社の「PDFelement」(PDFエレメント)というソフトを見つけました。

試用版という扱えるPDFファイルのページが5ページ限定というソフトが無料でダウンロードできたので、実際に使ってみました。本当に操作は簡単でメニューもすっきりしており、マニュアルやオンラインヘルプを見なくてもPDF文書のページ削除方法がわかりました。

今日は一番肝心なPDFページ処理機能について説明したいと思いますので、早速PDFファイルを取り入りましょう。

1. パソコンでPDFのページを削除する方法

PDFのページを削除する

ステップ1:PDFファイルを開く

PDFelementを起動して、ファイルのドラッグ&ドロップなどWindowsの通常操作で開きます。

ページ削除

ステップ2-1:PDFのページを削除する

編集したいPDFファイルを読み込むと、サムネイルが表示されます。PDFファイルの各ページを選択できるようになっているのですが、ここで任意のページを選択し右クリック、ページの削除を選ぶと現在のページ、もしくは何ページから何ページといった複数ページの削除を指示できます。

PDFのページを削除する

ステップ2-2:PDFのページを削除する

もう一つの方法: PDF編集画面の「ページ」タブをクリックして、ページ処理画面に入ります。マウスを削除したいページに移動して、「ゴミ箱」のようなアイコンをクリックすると、ページが削除できます。

PDFのページを削除する

ステップ3:一部削除したPDFファイルを保存

保存アイコンをクリックして、編集したPDFファイルを保存できます。PDF文書のページ削除方法はこれだけの操作です。この手軽さなら顧客別にPDFカタログを作成してもたいした手間はかかりません。

PDFのページを削除する

ほかの編集機能:

▶PDFのページを追加する場合、選択されているページで右クリックし白紙を挿入したり、同じく右クリックでPDFからというメニューで、挿入したいページを指定して他のPDFファイルのページを追加することもできます。

▶PDFのページの順番変更はもっと簡単で、画面左側に常に表示されているサムネイル(PDFファイルの全体像)の順番変更したいページをドラッグして例えば3ページ目の前などに移動させることができます。

▶またこのソフト上でテキストの編集も行えるため、ちょっとした製品の変更があった場合も簡単にPDFファイルを修正することが出来ますし、図やテキストを他のファイルから読み込んで挿入することや、WebサイトへのURLのハイパーリンクなどを作成することもできます。

関連記事:無料で使えるPDF編集ソフトベスト10

関連記事:簡単かつ強力~PDFのページを追加、順番変更する方法



2. Acrobat ReaderでPDFのページを削除する方法


パソコンでPDFの特定のページを削除するなら、Adobe社のAcrobat Readerをおすすめします。

 1. 本ソフトを起動し、メニューバーにある「ファイル」から「開く」をクリックします。
 2. 任意のPDFを選択し、「開く」をクリックします。
 3. 右側のパネルから「ページを整理」をクリックします。
 4. 削除するページを選択し、第2ツールバーから「削除」アイコンをクリックします。
 5. 削除するか尋ねられるので、「OK」をクリックします。
 6. 画面左上から「保存(フロッピーディスク)」アイコンを選択します。
 7. マイコンピュータから「別のフォルダーを選択」をクリックします。
 8. 保存先を選択し、名前を入力したら「保存」をクリックします。

3. Macプレビューを使ってpdfページを削除する手順


PDFファイルに不要なページがあるときには削除したいと考えるでしょう。Macでは標準アプリとして入っている「プレビュー」を使うことで削除できるので、具体的な手順を紹介します。


PDFファイルのページを削除する方法について具体的に紹介する前に、そもそもMacに標準インストールされているプレビューというアプリは何なのかを解説します。Macのプレビューは汎用性が高く作られている画像やPDFファイルのビューワーです。画像ファイルの対応フォーマットも一般的に用いられているものはほとんどカバーされていて、JPEG、TIFF、PNG、BMP、GIFなどが利用可能です。PostscriptやEPSなどにも対応していることから、印刷機で書類を印刷したいときにもプレビューがよく利用されています。


プレビューがアプリとして開発された当初は本当にファイルを閲覧するのを目的として利用されてきましたが、開発が進められて機能が向上してきたことにより、画像やPDFの編集、書類への署名、ファイルの保護などに広く用いられるようになっています。最終的にはPDFファイルにしてどのような環境でも同じ姿で閲覧したり印刷したりできるファイルに仕上げることが多いものの、多様な形式に書き出せることから画像の編集や作成にも活用されているケースも少なくありません。以前のMacではあまり使い勝手が良くないと言われていましたが、バージョンアップを繰り返すことでシンプルで使い勝手も良いアプリに改善されてきています。
PDFファイルのページを削除するのはMacに標準インストールされているプレビューを使えば簡単です。サムネイル表示かコンタクトシート表示に切り替えれば直感的な操作で削除することができるので積極的に活用していきましょう。


ステップ1:削除したいページがあるPDFファイルを開く

PDFファイルのページを削除するためにはまずプレビューでPDFファイルを開く必要があります。他のPDFビューワーや編集ソフトなどを入れていない場合には、Macでは標準としてプレビューとpdf形式のファイルが関連付けされています。そのため、開きたいファイルをダブルクリックすればプレビューでPDFファイルを開くことが可能です。関連付けがされていない場合には、ファイルを選択してメニューの「ファイル」から「このアプリケーションで開く」を選択し、プレビューを選んで開くこともできます。Finderからではなくプレビューを起動してからPDFファイルを読み込むことも可能です。プレビューを起動してメニューバーの「ファイル」から「開く」を選択してPDFファイルを選択すれば開けます。


ステップ2:表示形式を変更する

ページを削除するためには標準の表示形式から変更することが必要です。メニューバーの「表示」をクリックし、「サムネール」または「コンタクトシート」をクリックしましょう。閲覧しているページしか表示されていなかった標準の表示状態から、サムネイル表示またはコンタクトシート表示に切り替えることで各ページを選択できるようになります。


ステップ3:サムネイル表示からページを削除する

サムネイル表示にした場合にはウィンドウの左側に表示されているサイドバーから削除したいページをクリックして選びます。そして、キーボードのDeleteキーを押せば選択されているページが削除されます。あるいは削除したいページをクリックして選んだ後、メニューバーの「編集」から「削除」を選んでも削除することが可能です。複数のページをまとめて削除したい場合にはCommandキーを押しながら削除するページを選択した上で削除を実行しましょう。


ステップ4:コンタクトシートからページを削除する

コンタクトシート表示にした場合にはウィンドウにページがリスト表示されます。サムネイル表示の場合と同じようにして削除したいページをクリックして選択し、キーボードのDeleteキーを押すか、メニューバーの「編集」から「削除」を選択すれば削除できます。複数のページをまとめて削除するにはCommandキーを押しながら選択する方法もありますが、マウスでドラッグして範囲選択をすることにより、選択されたページを一括して削除することも可能です。


4. iOSでPDFのページを削除する方法


iOSでPDFからページを削除する場合は、「Foxit PDF」というアプリをおすすめします。

 1. アプリを起動し、アクセスの許可を求められた場合は「許可」をタップします。
 2. PDFの保存場所を選択し、任意のPDFファイルをタップします。
 3. 画面上部から「サムネイル」アイコンをタップします。
 4. 削除するページを選択し、画面下部から「ゴミ箱」をタップします。
 5. 警告が表示されるので「OK」をタップし、「完了」をタップします。
6. 画面右上の「…」を選択し、「保存」または「名前を付けて保存」をタップします。


5. AndroidでPDFのページを削除する方法


AndroidでPDFからページを削除するなら、「Xodo PDF」というアプリをおすすめします。

 1. アプリを起動し、アクセスの許可を求められた場合は「許可」をタップします。
 2. PDFの保存場所を選択し、任意のPDFファイルをタップします。
 3. 削除するページに移動し、画面右上にある「縦の3点」アイコンをタップします。
 4. 「削除」をタップし、削除するか尋ねられるので「OK」をタップします。
 5. メイン画面に戻り「縦の3点」をタップし、「名前を付けて保存」をタップします。
 6. 「そのまま保存」をタップし、PDFの変更を確定します。

6. PDFのページを削除するツールを紹介


ソフトを使わずに、PDFのページを削除できる便利なツールを3つ紹介します。

・PDFescape

インターフェースは英語ですが、機能面では群を抜くほどの無料オンラインツールです。

1. サイトにアクセスし、「Upload PDF to PDFescape」をクリックします。
2. 「ファイルを選択」を選択し、任意のPDFを選択したら「開く」をクリックします。
3. 左側のパネルから削除するページを選択し、「Page」タブから「Delete」をクリックします。
4. 問題なければ「Yes」をクリックします。
5. 「Save&Download」を選択し、保存先を指定したら「保存」をクリックします。

・PDF24 Tools

シンプルで使いやすく、28の機能が使える無料のオンラインPDFツールです。

1. サイトにアクセスし、一覧から「PDFページを取り除く」をクリックします。
2. 「ファイルを選択する」を選択し、任意のPDFを選択したら「開く」をクリックします。
3. 削除するページを選択し、「PDFを作成」をクリックします。
4. 「ダウンロード」をクリックし、保存先を指定したら「保存」をクリックします。

・PDF Candy

分かりやすく直感的に操作を行える無料のPDFオンラインエディターです。

1. サイトにアクセスし、一覧から「ページを削除」をクリックします。
2. 「ファイル追加」をクリックし、任意のPDFを選択したら「開く」をクリックします。
3. 削除するページを選択し、「ページを削除」をクリックします。
4. 削除の完了後、「ファイルをダウンロード」をクリックします。
5. 保存先を指定したら「保存」をクリックします。


7. ページを削除したくなるシーン


PDFファイルに含まれているページを削除するのはどのようなシーンが考えられるのかについても考えておきましょう。作成したPDFファイルにいらないページがあったときに削除するのが一般的です。以前に作ったPDFのプレゼンテーションファイルのページをいくつか削除して差し替えることにより、今回のプレゼンテーションの資料にしようといった可能性が考えられるでしょう。
社内向けに作成した資料のPDFファイルから一部のページを削除して、対外的な打ち合わせの資料として利用するシーンも考えられます。また、説明書に注意書きのページを入れておいたけれど、製品の改善が達成されて不要になってしまったから削除するということもあります。このようにページが丸ごと不要になったときには削除する機能が有用です。


4つのデバイスからPDFのページを削除する方法しましたが、基本的な操作はどれも変わりません。操作に迷った時は、今回紹介した手順を参考にして頂けたらと思います。 また、ソフトを使わずにPDFのページを削除したい場合は、是非紹介したオンラインツールを利用してみてはいかがでしょうか。

PDF高度編集・PDFelement

Wondershare PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

作成日: 2017-08-02 13:42:06 / 更新日: 2021-08-26 18:33:43

0 件のコメント

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。
pdfelement