pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード

【製品ガイド】パスワードの設定と管理

最新製品PDFelement/ PDFelement Proの使用方法を詳しく解説
旧製品PDFelement 6シリーズの操作ガイドはこちらへ→

Mac版ガイドはこちら

ホームページPDF活用教室 > 丸わかりガイド(Windows)

パスワードの設定と管理

1パスワードの設定

印刷、コピー、編集などの特定の機能を制限するために、PDFドキュメントにパスワードを追加することができます。PDFファイルに適用できるパスワードには、オープンパスワード使用許可パスワードの2種類があります。
オープンパスワードを設定すると、PDFファイルを開こうとすると、指定したパスワードを入力する必要があります。使用許可パスワードを設定したら、編集/印刷などの制限を変更することが可能です。
両方のパスワードでPDFが保護されている場合は、いずれかのパスワードで操作を続くことができます。

「プロテクト」→「パスワード」をクリックして、オープンパスワードまたは使用許可パスワードを設定します。

パスワードの設定

ヒント:PDFを忘れた場合、PDFからパスワードを復元する方法はありません。PDFを保護するために使用したパスワードのバックアップをとることをお勧めします。

  • オープンパスワード
    オープンパスワードを設定すると、ドキュメントを開くためにパスワードが必要になります。
    パスワード:ドキュメントを開くために入力が必要のパスワードを入力します。
    パスワード確認:パスワードをもう一度入力して、パスワードを確認します。
  • 使用許可
    セキュリティ設定を変更し、特定の機能にアクセルするためには、パスワードが必要になります。
    パスワード:許可設定を変更するために、入力する必要があるパスワードを入力します。 ファイルがPDFelement で開かれている場合、ファイルの閲覧ができますが、ファイルのセキュリティと許可設定を変更するには、使用許可パスワードを入力する必要があります。
    パスワード確認:パスワードをもう一度入力して、パスワードを確認します。
    印刷設定:ドキュメントに対して許可されている印刷のレベルを指定します。
    変更設定:ドキュメントで許可される編集アクションを指定します。
    テキスト、画像、その他のコンテンツがコピーできます:テキスト、画像、その他のコンテンツのコピーを許可するかどうかを指定します。
  • このように、パスワードが追加されたPDFファイルを開く際、パスワードの入力が必要になります。 パスワードの設定
  • オープン/許可パスワードを削除
    PDFelement でPDFファイルのパスワードを削除するには、パスワードと権限が必要です。PDFファイルを開いた後、「プロテクト」→「パスワード」をクリックし、表示されたダイアログボックスのオプションをすべてオフにしてパスワードと許可制限を削除します。
  • パスワードの設定

2パスワードの管理

ここの「パスワードの設定」は暗号化されたファイルを開くことにおいて役に立つ機能です。一度のパスワードを設定すると、次から同じソフトで同じファイルを開く際、パスワードを入力しなくてもPDFファイルへの作業が可能になります。

すでに設定されているパスワードを入力し、再度同じPDFファイルを開く時に、 パスワードの入力がいらずに開けます。

パスワードの管理
All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。