pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード

Adobe AcrobatでPDFにファイルを添付することを行う

Home > 活用Tips > Adobe AcrobatでPDFにファイルを添付することを行う

PDFはいろいろな機能があり、他のファイルやWebページなどを埋め込むことが可能です。このような機能を使うと外部ファイルやオリジナル文書を作成することができ、ビジネスはもちろんプライベートにも活用することができます。簡単に埋め込みすることができるので、自分のイメージ通りの文書を作成することができるでしょう。


添付したり削除することができます


AcrobatでPDFに他のファイルを直接埋め込む方法として、添付ファイルがあります。例えばツールにあるコンテンツ編集の添付ファイルメニューで付与することができたり、添付ファイルを取り出し削除することも可能です。これらのファイルは文書の表示に影響を与えず、表示方法が規定されていないので内部に他のファイルが存在するという位置づけになります。AdobeReaderは表示パネルを開き添付ファイルリストを表示することができ、このパネルからファイルを削除したり取り出しすることができるので便利です。


ワードやエクセルにも対応しています


添付ファイルを見せるのに指定方法として、ポータブルコレクション仕様がプラスされています。これはファイルの表示方法を指定することができ、Acrobatではこの機能のことを「ポートフォリオ」と呼ばれています。例えば表紙として準備するPDFに対し、さまざまなファイルを添付することで纏めることができ、コレクションを設定することが可能です。打ち合わせをしながら必要な文書を添付したり、意見などを纏めることができるので便利です。電子ファイルを利用することによって、コスト削減にも繋がります。


AcrobatでPDFにファイルを添付する方法


AcrobatPDFにファイル添付するのに、ファイル添付注釈という方法があります。これはPDF注釈の一種で、内部においてページ毎の注釈として管理される仕組みです。ファイルを添付した場所にアイコンを付けながら、コメントも記入できるメモを付与することができます。添付ファイルとは少し違いがあり、注釈表示するPDFリーダーにおいて添付ファイルがある位置にアイコンで添付ファイルを表示したり、メモ表示や編集を行うことができることです。やり取りなどに関してこの機能を使うと、タイムリーに修正することができるので、業務効率化にも繋げることができます。

    従来は紙ベースで行われていた仕事を、PDFを利用することによって効率化することができます。添付ファイルを埋め込むことができたり、注釈やテキストなどを挿入することができるので、やり取りしながら文書を編集することが可能です。

PDF高度編集・PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ: 活用Tips
作成日: Nov 14,2018 15:19 pm / 更新日: Nov 14,2018 16:31 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

PDF 編集
All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。

8,280 円から 年間/永久ライセンス

無料体験 購入する