pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード
PDFにヘッダーとフッターを追加してみよう!→

PDFにヘッダーとフッターを追加して見栄えを良くしよう

Home > PDFページ > PDFにヘッダーとフッターを追加してみよう!→

きちんとしたPDFファイルには、必ずヘッダーとフッターが付いているもの。ヘッダーやフッターには、日付、ページ番号、文書のタイトル、会社ロゴなどが記載され、PDFをよりやすく読めるような役割を果たしています。

今日はPDFにヘッダーとフッターを簡単かつ多彩に追加する方法を教えます。

PDFelement 6 Pro

 

ここで使うソフトは、Wondershare社の「PDFelement 6」です。PDFelement 6でヘッダーとフッターを追加する機能は、画面の上部と下部にテキスト、画像を表示させたい時に役立つ機能です。上部にはタイトルなどを入力することもできますし、ロゴなどを挿入しても良いでしょう。また画面下部にはページ番号を挿入するなどの使い方ができます。文書以外に文字を入力しておきたいのであれば、使い勝手の良い機能です。
特に体裁をまとめたい時にも重宝します。ビジネスなどでは、美しいファイルに仕上ることで、評価も高くなるでしょう。

まずは「PDFelement 6」を無料でダウンロード、インストールし、下記の手順に従い、PDFファイルにヘッダーとフッターを追加してみましょう。

Step1、ヘッダーとフッターを追加したいPDFファイルを取り込む;

ヘッダーとフッターを追加

ヘッダーとフッターを追加する場合には、まずPDFelement 6を起動させます。メインメニューにはいろいろな機能が表示されていますが、ヘッダーとフッターを作りたいのであれば、編集タブをクリックしましょう。

そしてヘッダーとフッターを追加したいPDFファイルをパソコンから取り込みましょう。取り込み後、PDFファイルがPDFelement 6で編集可能の状態で表示されます。

Step2、ヘッダーとフッターを追加するメニューに入る;

ヘッダーとフッターを追加

続いては「編集」タブを開きます。編集タブの中には、「ヘッダーとフッター」と言う項目があります。
「ヘッダーとフッター」を選択すると、「ヘッダーとフッターを追加」、「ヘッダーとフッターをアップデート」、「ヘッダーとフッターを削除」、この3つの項目があります。
(「ヘッダーとフッターをアップデート」 とは、以前追加済みのヘッダーとフッター内容を更新する意味です。)

「ヘッダーとフッターを追加」をクリックし、今日の課題にまいりましょう。

Step3、ヘッダーとフッターを追加する

ヘッダーとフッターを追加

「ヘッダーとフッターを追加」をクリックすると、ヘッダーとフッターの設定メニューが現れます。一見複雑そうですが、実はとても簡単ですし、カスタマイズ性も高いです。
追加したい場所やフォントのサイズ、カラーなど選択できる項目は多彩で、マクロの設定や、ページ範囲など細かく選んでいくことができます。左側の図のマークに従い、項目一つずつ見ていきましょう。

①:フォント、テキストのサイズ、色、太字、斜体字など、基本の設定が可能です。
②:この部分は、ヘッダーとフッターの表示位置を設定できます。4つの方向で詳しく数字の入力ができるし、④のプレビュー域ですぐ反映されます。
③:ここで肝心のヘッダーとフッターの入力域です。ヘッダー、フッター、各最大3組のテキストを入力できます。

設定はすべて④のプレビュー域ですぐ反映され、効果の確認が簡単です。

さらに便利機能がある!

ヘッダーとフッターを追加

上記③ヘッダーとフッター入力域では、「マクロ」という項目があることに気づきませんか?実はこの機能を利用すると、ページ番号と日付の自動挿入が実現できます。
まずはページ番号、または日付の様式を設定し、そして挿入したいところにカソールを置き、「マクロを挿入」ボタンをクリックしてください。

そして「ページの範囲」も設定できます。ときにヘッダーとフッターが不要のページもありますので、こういう機能が便利ですね。

また、社内でよく使うパターンのヘッダーとフッターなら、上記の「設定を保存」よりパターンを保存することで、次回からはすぐ利用可能です。

Step4、「OK」を押して、ヘッダーとフッターの追加が完了です。

ヘッダーとフッターを追加

希望の位置にヘッダーとフッターが表示されていることが分かります。この作業だけでどのPDFファイルにも好きなようにヘッダーとフッターを追加することができるようになります。

    以上、ヘッダーとフッターを簡単かつ多彩に追加することを紹介いたしました。
    PDFelement 6の編集機能では、ヘッダーとフッター以外にもテキスト追加や画像の追加、透かしをいれることもできます。トリミングや背景の設定なども思うがままにできるようになっています。
    他の無料ソフトでは難しい内容も全てひとつのツールでこなすことができるので、利用価値が高いのです。
    PDFelement 6は基本的には有料ツールになりますが、高度な作業を求めないのであれば無料版でも使用が可能になっています。PDFの編集を行ってみたい時には試してみることで、作業効率を上げることもできます。多くの企業に導入されているソフトでもあり、信頼性が高いことも特徴です。

PDF高度編集・PDFelement 6

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、第24回VectorプロレジPDF部門受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ: PDFページ
作成日: Jun 22,2017 19:04 pm / 更新日: Jun 22,2017 20:30 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。

8,280 円から 年間/永久ライセンス

無料体験 購入する