iPhoneやandroidで使えるスキャンアプリ10選を紹介

Home > ランキング・レビュー・比較 > iPhoneの紙の書類をPDF化できるスキャンアプリ

スキャン


手軽に紙文書を電子文書に移行できる、スキャンアプリというのもを知っているでしょうか。iPhoneやスマホを使い、様々な文書をデータ化できる便利なアプリです。
この記事ではiOSやAndroidで使えるおすすめのスキャンアプリを紹介していきます。


 ▶スキャンしてPDFで保存できるソフト:
  •  署名にも対応している「PDF Extra」
  •  紙文書を手軽にデータ化できる便利なアプリ「Evernote Scannable」
  •  150カ国以上で配信されている人気のアプリ「JotNot Pro」
  •  無料でも十分な機能が備わっている「CamScanner」
  •  見やすいデータに自動補正してくれる便利な「Genius Scan」
  •  クラウドサービスとの連携にも対応している「iScanner」
  •  スマホに保存された画像の読み取りも可能な「Adobe Scan」
  •  データを簡単に整理できる「フォトスキャン by Google フォト」
  •  多機能なスキャンアプリ「Microsoft Office Lens|PDF Scan」
  •  様々なクラウドサービスと連携可能な「スキャンボット」

署名にも対応している「PDF Extra」


「PDF Extra」は、テキストや画像をスキャンし簡単にPDFファイルを作成できるアプリです。

スキャンだけでなく、作成したをしたり、直接文字を記入したり様々な編集にも対応しています。
課金すれば、作成したPDFファイルをExcelやWordなどの形式に変換することも可能です。

→関連記事:  PDFの文字を編集、テキストを修正するソフトと方法


PDF Extra
出典:PDF Extra



紙文書を手軽にデータ化できる便利なアプリ「Evernote Scannable」


「Evernote Scannable」は、iOSとandroidに対応したスキャンアプリです。紙文書をスキャンすることで、手軽にPDFやJPEGなどのファイルにデータ化することができます。
Evernote Scannableの特徴は、取り込んだデータを自動的に見やすく編集してくれることです。画質調整やトリミングなどが行われ、自動的に最適化してくれるので余計な手間をかけずに書類を取り込めます。Evernoteと連携ができるというのも魅力です。


Evernote Scannable
出典:Evernote Scannable



150カ国以上で配信されている人気のアプリ「JotNot Pro」


「JotNot Pro」は、世界中で配信されている人気のアプリです。
整理のしやすさが特徴のアプリで、データにタグを付けて管理したり、名前や日付順で簡単に並べ替えできたり、扱いやすさが魅力となっています。それだけではなく、自動的にコントラスト補正してくれる機能もついています。自分で一つ一つ編集しなくても、自動的に見やすいデータに編集してくれるのでとても手軽です。


JotNot Pro
出典:JotNot Pro



無料でも十分な機能が備わっている「CamScanner」


「CamScanner」は、無料版でも機能が充実しているアプリで、スキャンはもちろん画質編集などの機能が無料で利用できます。
課金すればデータをFAXで送信することもできるので、用途に合わせて無料版と有料版を使い分けるとよいでしょう。DropboxやGoogle Driveなど主要なクラウドサービスにも対応しています。


CamScanner
出典:CamScanner



見やすいデータに自動補正してくれる便利な「Genius Scan」


「Genius Scan」は自動補正機能が充実しているスキャンアプリです。歪みの補正はもちろん、汚れなども自動的に綺麗にしてくれるので、手軽に見やすいPDFデータを作成できます。セキュリティ機能が充実しているのも魅力で、指紋認証や暗号化にも対応しているので大切な書類も安心してデータ化可能です。


Genius Scan
出典:Genius Scan



クラウドサービスとの連携にも対応している「iScanner」


「iScanner」はDropboxやGoogle Driveなどのクラウドサービスとの連携も可能なので、手軽にデータのシェアをすることができます。データを共有する時に気になるセキュリティですが、パスワードを使用したファイル保護もできるので安心です。自動遠近補正やノイズ除去など、高度な処理にも対応。スキャンしたデータはカラー保存だけではなく、白黒やグレイスケールで保存することもできます。


iScanner
出典:iScanner



スマホに保存された画像の読み取りも可能な「Adobe Scan」


「Adobe Scan」は紙文書のスキャンだけではなく、スマホ内に保存された画像の読み取りにも対応したスキャンアプリです。スマホのカメラを使い撮影された書類が送られてきた時も、光学文字認識の機能を使って簡単に読み取れます。撮影した画像を適正な角度に修正してくれる機能も備わっているので、簡単に見やすいデータにすることができます。


Adobe Scan
出典:Adobe Scan



PDFelement-All in OneのPDF編集ソフト

➬Microsoft Office、画像、テキストなど合計17種類のファイル形式に対応。

➬レイアウトと書式を崩さずに、各形式に合わせた高度設定も可能。

➬互換性あり!他のファイル形式からPDFまで直接作成/変換可能。


データを簡単に整理できる「フォトスキャン by Google フォト」


「フォトスキャン by Google フォト」はスキャンして取り込んだデータを、Googleフォトアプリに保存できるアプリです。Googleフォトアプリに対応しているので、データの数が多くなっても簡単に管理できます。角度補正機能や、光の反射を除去する機能など、データを見やすくする機能も充実しています。


Google フォト
出典:フォトスキャン by Google フォト



多機能なスキャンアプリ「Microsoft Office Lens|PDF Scan」


「Microsoft Office Lens|PDF Scan」は、マイクロソフトが提供しているアプリです。書類はもちろん、ホワイトボードに書かれた文字を簡単にデータとして取り込むことができます。取り込んだデータはPDF以外にも、DOCXやPPTXなどの形式に変換できるので便利です。


「Microsoft Office Lens|PDF Scan」
出典:「Microsoft Office Lens|PDF Scan」



様々なクラウドサービスと連携可能な「スキャンボット」


「スキャンボット」の特徴は、連携できるクラウドサービスが豊富ということです。Google Driveや1Dropboxなどメジャーなものから、TodoistやEvernoteなど様々なクラウドサービスに対応しています。スキャン機能も高性能で、200dpi以上の解像度で書類などを取り込むことができます。


スキャンボット
出典:スキャンボット


→関連記事:  おすすめの写真スキャンアプリ5選


スキャンアプリを活用して業務を効率化しよう! 紙文書を電子文書に移行するのは面倒と思っている方もいるかもしれません。しかし、今回紹介したスキャンアプリを活用すれば手軽に紙文書をデータ化することができます。紙文書の管理に困っている方は、スキャンアプリを上手く活用して業務の効率化を図ってみてはどうでしょうか。

PDF高度編集・PDFelement

Wondershare PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

作成日: 2020-08-03 10:56:43 / 更新日: 2021-10-12 16:58:09

avatar

星野

編集者

0 Comment(s)

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。
pdfelement