pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード

【比較してみた】いきなりPDFとPDFelement 6の機能の違いをご紹介!

Home > ランキング・レビュー・比較 > 【比較してみた】いきなりPDFとPDFelement 6の機能の違いをご紹介!

PDF編集ソフトには、高機能なものから簡易的なものまで様々なものがあります。PDFファイルを開発したAdobeが提供する編集ソフトは数万円もする高価なソフトですが、中には低価格で購入ができるソフトがあり、中でもいきなりPDFとPDFelement 6は、有料PDFソフトの中でも低価格な部類に入るソフトです。ではこの2つのソフトにはどのような違いがあるのでしょうか?


【PDF作成の機能差は無い?】


まずPDF作成の機能差ですが、これについてはどんなソフトでも大きな差はありません。単純にPDFを作成するだけであれば、ソフトウェアに標準搭載されているものでも十分です。では、PDF編集ソフトごとにはどのような差があるのでしょうか? ポイントは編集機能です。PDFソフトを選ぶ時は、この点に注目しましょう。つまり、PDFソフトを選ぶ時は編集機能の違いに注目する必要があります。


【いきなりPDFの機能】


いきなりPDFは、ソースネクストの提供するPDF編集ソフトです。機能ごとに、4つのエディションに分かれています。
・データ:PDFからデータ変換のみが可能。・ベーシック:PDF作成・編集ソフトのみ可能。・スタンダード:PDF作成・データ変換・編集。・コンプリート:より高機能なPDF作成・変換・編集が可能。もっとも高機能なコンプリートでは、クリップアートの挿入やページのトリミング、テキスト、データの差し込みや墨消しなどの直接編集までが可能です。
スタンダードでは、墨消しなどの直接編集はできせんが、各種形式への変換やノートの注釈の追加、透かしの挿入、しおりの作成などの基本的な編集機能を利用できます。このいきなりPDFは操作がシンプルなのが特徴ですが、機能に応じて価格が違うため、利用の際には目的に応じたソフトを選ぶようにしましょう。


【PDFelement 6の機能】


Wondershareが提供しているPDF編集ソフトです。こちらも通常版とプロ版の二種類のエディションが用意されており、機能にいくつかの差があります。


【プロ版】:

プロ版ではOCR処理が必要としたスキャン直後のPDF編集機能、複数のファイルを一括で変換、PDF上からのデータの抽出といったより高機能な使い方ができます。この他にも、墨消しなどもプロ版でなければできない機能です。
PDFelementのPDF編集機能について >>
OCR機能について詳しく >>
バッチ変換機能 >>
PDF墨消し >>



【通常版】:

・プレビュー等の基本的なPDF閲覧機能。・PDFファイルの印刷。・テキストの検索機能。・読んだ位置が保存される栞機能。・PDFへのコメント追加。・テキスト・画像のエディット。・フォントの切り替え。・背景の画像を追加できる機能。・“透かし”の追加。・ExcelやWord、画像データからダイレクトにPDF変換。・電子署名・PDF上の文章の墨消し。・ファイル操作時のパスワード設定機能。上記のように、通常版であっても一通りの機能が揃っています。


【比較してわかったことは?】


両者のソフトは共に高機能版があり、共に直接編集が可能で高機能版とは別に低価格版のソフトが用意されている、という点が共通しています。では両者にはどのような違いがあるのでしょうか?
共に高機能版については大きな差はないようですが、いきなりPDFスタンダードとPDFelement 6通常版に注目してみると、仕様には違いがあるようです。いきなりPDFのスタンダードとPDFelement 6の通常版は、共に性能を抑えたものになっています。しかし、いきなりPDFスタンダードでは直接編集ができないのに対して、PDFelement 6通常版は一括で変換できないだけで、編集に対する制限はありません。
一方、いきなりPDFスタンダードは複数のファイルをまとめて編集が可能です。墨消し機能など、両方のソフトで使えないものもありますが、この点が両者の大きな違いと言えます。


    いきなりPDFスタンダードとPDFelement 6通常版には大きな違いがあります。そのため、2つで選ぶ際には機能差に注目してみたほうがいいでしょう。いきなりPDFスタンダードでは複数のファイルを編集できますが、より細かな編集には向いていません。編集という点ではPDFelement 6通常版のほうが使い勝手が良くなります。共に利点がありますので、自分の使い方に合わせてソフトを選びましょう。

PDF高度編集・PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ: ランキング・レビュー・比較
作成日: Nov 30,2018 17:31 pm / 更新日: Dec 03,2018 17:53 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。

8,280 円から 年間/永久ライセンス

無料体験 購入する