pdf app

PDFelement(PDFエレメント) - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement(PDFエレメント) - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード

【比較してみた】本家Acrobat DC、無料で使えるCubepdf、欲しい機能満載のPDFelement

Home > ランキング・レビュー・比較 > Acrobat DC、Cubepdf、PDFelementの比較

オリジナルの資料を印刷イメージどおりにネット上でやりとりできるPDFは、便利なツールです。しかし、WordなどからPDF形式で保存した場合、保存後はWord形式に逆変換して再編集したり、複数のPDF資料を結合したり、文書内の画像のみを抽出したりすることはできません。これらの課題を解決してくれるのが、Acrobat DC、Cubepdf、PDFelementといったPDF編集アプリケーションです。


目次:


Part 1. PDF編集に必要な機能


例えば単にWord文書をPDF形式で保存したいだけであれば、Acrobat DCやCubepdf、PDFelementといったアプリケーションに頼る必要はありません。Wordからであれば、保存する時にPDF形式で保存すれば事足ります。また、受け取ったPDFファイルを閲覧したり印刷するだけであればAcrobat Readerがあれば十分です。しかし、例えばビジネス場面で資料を作成する時には、手元にある資料やグループで作成した資料を色々と加工して使いたい場合があります。


全体のバランスを確認したり重要事項を強調したりできるプレビュー機能や、資料に分かり易くするための注釈とコメント機能、文書や画像・ページを追加したりできる編集機能、各種の文書形式からPDF形式を作成したり結合できる作成・結合機能、スキャンした資料をPDF化したり文字データとして読み込める変換・OCR機能機能、PDF形式のデータから必要な資料を抽出したり簡易入力できる抽出・入力機能、セキュリティのための保護機能、そして他のアプリケーションとの互換機能について考慮する必要があります。





Part 2. 本家Acrobat DCの強みと欲しい機能


本家Acrobat DCの最も大きな特徴は、PDFオリジナル文書の全バージョンを網羅してPDF生成時期にあわせた処理ができることにあります。通常の使用では支障がありませんが、作成バージョンによってCubepdfやPDFelementでは編集できない場合もあります。また、PDF化した資料のテキストや画像を直接編集する手順が簡単です。ユーザの要望が予想されるプレビュー機能、注釈とコメント機能、編集機能、抽出・入力機能の内の抽出機能の操作は充実しています。さらに、Acrobat特有のセキュリティ機能を個々のファイル特性に応じて設定できる保護機能にも特徴があります。


しかし、使用のための価格は、全ての機能を使用できるAcrobat Pro DCの場合、現段階で月額1,580円と高額です。 Acrobat DCに無くて欲しい機能は、スキャンデータを取扱う変換・OCR機能と各種の文書形式のファイルや複数のPDFファイルのビジュアルに把握しながら結合して新しいPDFファイルとして作成する作成・結合機能です。



Part 3. 無料アプリCubepdfの機能と惜しい点


PDFelementの特徴は、データ変換・OCR機能にあります。価格は、PDFelementプロ版で年7,280円、月額に換算すると約600円ですから、Acrobat DCより相当安価につかえます。その上、PDF操作にあたっては操作性の良いプレビュー機能、簡単にコメントなどを挿入できる注釈・コメント機能、文書や画像・ページを追加したり編集できるの編集機能、当然ながらPDF文書の作成・結合機能、他に追随を許さないデータ変換・OCR機能機能、PDF文書内のテキストや画像を抽出したりフォーマットを作って簡単に入力できるようにする抽出・入力機能、セキュリティに必要な第3者による編集を制限したりする保護機能、他アプリケーションとの互換機能の全ての機能を保有しています。


特に、WordやExcel・PowerPointにPDFデータを変換する機能は本家Acrobat DC並です。その上、本家にないスキャナーからの読み込みTextを文字として認識するOCR処理ができることに魅力があります。しかしながら、Acrobat DCがPDFファイルフォーマットのバージョンアップを速やかに追随できるのに対してタイムラグが生ずるのはやむを得ないことでしょう。



Part 4. 何を重視するかで選ぶアプリケーションは異なる


無料で結合、分解や画像の変換など、とりあえずの機能だけでよければ、迷わず無料で使えるCubepdfがお勧めです。予算に余裕があって、OCR機能やデータ変換機能を重視する人は、PDFelement、予算に余裕があってバージョンを異なるPDFデータを編集することがあり、今後のPDFフォーマットのバージョンアップにその都度対応することを重視する人は本家Acrobat DCを選ぶと良いでしょう。つまりアプリケーション選択のキーは、お金をかけられるか否か、OCR機能とデータ変換機能を必要とするか否か、PDFのバージョンアップを細かに追随する必要があるか否かの3点となる。



Part 5. まとめ


以上を総括して使いやすさと、使用場面、経費を考えるとPDFelementがおすすめです。実際にPDF編集をはじめると、PDF作成だけでなく、他の紙しりょうからのデータ変換が欲しい場面に結構出会います。また、直接PDFファイルを編集したいことも多々あります。それを考えると、費用も少なくて済むPDFelementという結論になります。

PDF高度編集・PDFelement

Wondershare PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

作成日: 2020-10-10 15:13:53 / 更新日: 2020-10-16 09:41:40

星野

編集者

0 件のコメント

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。
Top
[匹配渠道块数据有误ptengine.html]