無料方法!OCRを使うならGoogle Driveがお勧め!

Home > PDF-OCR > PDF文字認識したいとGoogle DriveのOCR機能がお勧め

はじめに

パンフレットや名刺の文字を起こしたいとき、OCR(光学文字認識)が出来るソフトがあればキーボードで打つ必要がありません。このOCRは、文書の画像をテキストファイルに文字変換するシステムです。

アプリやオンラインのサービスでOCRを利用している人もいますが、実はgoogle drive(ドライブ)にもその機能が搭載されています。googleアカウントがあると、誰でも無料で利用できます。使い方も簡単で、誰でも詳しい説明書がなくてもすぐに出来てしまいます。

この記事では、OCR(光学文字認識)の基本知識とGoogleドライブやOCRソフトの利用方法を紹介します。

目次:


1.OCRとは何?


OCRは光学文字認識とも言われる技術で、画像ファイルの文字を認識してテキストに変換出来ます。
紙の冊子でもらったパンフレットの文章などは、そのままだとパソコンに文字として入力出来ません。しかし、このOCR技術があれば画像ファイルでパソコンに保存してから変換することが可能になります。

画像は、jpegだけでなくtiffやgifなど様々な形式に対応しています。中には、アプリやソフトとしてパソコンやスマートフォンにインストールして使っている人もいます。オンラインで利用可能なサービスもあり(例えば、google drive)、osや端末の種類を気にすることなく利用出来るのが魅力的な点です。

OCRのコンセプトについて、詳しくは→関連記事:文字認識させるならOnlineで使えるOCRとは?を見てください。


ocr google drive



2.GoogleドライブのOCRサービスの使用方法とは?


ocr google drive


もし、Googleのアカウントを持っているならOCRをもっと簡単に利用出来るでしょう。Googleドライブと呼ばれるGoogleが提供しているオンラインストレージサービスに、OCR機能も搭載されているからです。

このgoogle driveはデータを保存するためだけに使っている人も少なくないですが、実はOCR機能や共有機能やファイル形式の変換といった事も出来る優れものです。パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットからも簡単に利用出来ます。これからGoogleドライブでOCRを使う方法を紹介します。


★アップロードしてクリック作業をするだけでOCRをします


GoogleドライブでOCRを使う場合は、最初に文字が写っていたり書かれている画像ファイルをアップロードします。もし、アカウントを持っていない時はGoogleで登録から行って下さい。登録は簡単ですし、メールサービスやスケジュール機能も使えるようになるのでお勧めです。

アップロードしたら、画面でファイルを右クリックして下さい。すると「アプリで開く」メニューが出てくるので「Googleドキュメント」を選びます。あとは暫く待つだけで自動的に画像ファイルが文字ファイルに変換されてしまいます。

*Googleドライブ以外にはいろんなOCRする方法もあります:画像化のPDFデーダ抽出・変換する方法について詳しくはこちら⇒


ocr google drive



3.Google Drive OCRを使う上での注意点は何?


★Googleドライブの容量とファイルサイズを注意


OCRはJPEGやPNGなどの画像ファイルだけでなく、複数ページから構成されるPDFファイルにも対応しています。ただし、ファイルサイズは2MBまでなので注意が必要です。PDFでページ数があり、データが大きい時はページを分割して軽くしてから変換してみるのも手です。

しかし、データが軽ければ良いというわけではないので注意して下さい。あまりに画像の画質が悪すぎると、文字を正しく認識できなくなってしまいます。ワード等で作られた書類でも、向きが反転していたりすると文字が認識できないかもしれません。

アップロードするときは、ファイルの向きにも注意することご大切です。google driveは無料で利用できますが、無料版の容量はです。もし、それ以外にの容量を利用したい場合、有料版を購入するほうがいいと思います。さらに、注意すべきところに関して、詳しくは:OCRするときに注意すべきことを多く見る>>


★Googleドライブで認識できない状況もある


非常に便利なサービスですが、中には上手く変換出来ないものもあるので注意が必要です。ワードやパワーポイントで作成された書類などは、縦書きや横書きに関係なく正確に処理出来ます。

一方、手書きの文字については認識が難しく間違って変換されてしまう事も珍しくありません。パソコンで作成したファイルでも、変わったフォントを使っている時は注意して下さい。

明朝体やゴシック体といった、一般的な活字ならほぼ完璧に対応できると良いでしょう。必ず変換をしたあとは、自分の目で見て確認することが大切です


ocr google drive

「PDFelement」(PDFエレメント)のようなOCR専用ソフトを利用すれば、Google DriveよりOCR認識精度の高いファイルが簡単に作成できます。無料のオンラインサービスを利用したい場合、GoogleドライブでOCR(光学文字認識)を利用するメリットも沢山あります。

パソコンやスマートフォンに、わざわざソフトやアプリをインストールする必要がありません。オンライン上で出来るだけでなく、変換したファイルがそのままドライブに保存されるというのも便利な点です。操作方法も簡単で、無料のオンラインサービスを使用したい場合、様々なファイルに対応しているGoogleドライブのOCRはお勧めです。



OCRソフトでPDF内の文字を認識


ocrアプリやソフトを探している場合、OCR文字認識の精度と速度を重視しますね。OCRツールの「PDFelement」(PDFエレメント)を使用するときに、ます、OCRプラグインのダウンロードします。

画像やPDF文書をアプリにアップロードして、すぐにテキストを認識、編集可能な文字がはっきり表示されます。詳しくは:こちら>>の方法をチェックしてください。また、多様な設定もできます。例えば、ページ範囲、スキャンモデル、文書言語などです。

AI OCRも最近よく出ていますが、普通のOCRとの違いについて、→関連記事:AI OCRとは?OCRとの違いや活用のメリットをご紹介を見てください。


ocr


PDF高度編集・PDFelement

Wondershare PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

作成日: 2019-01-03 17:11:44 / 更新日: 2021-08-26 22:08:46

0 Comment(s)

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。
pdfelement