pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード
PDFでテンプレートを作成してみよう →

これで作業効率が格段にアップ!PDFでテンプレートを作成できるソフトをご紹介!

Home > PDFフォーム > PDFでテンプレートを作成してみよう →

異なる環境でもほぼ同じ状態で閲覧可能なPDFは、請求書などの決まった形式が用いられるものを作成するのにも適しています。PDFelement 6 Proのフォーム作成機能では、「テキストフィールド」「チェックボックス」「ラジオボタン」「ドロップダウン」「リスト」「プッシュボタン」機能を用いてをテンプレート作成が可能です。これらのフィールドは、クリック、あるいはマウスを乗せた・離した時にどのような動作をするかを設定することができます。選択できるアクションは「Webリンクを開く」「ファイルを開く」「フォームデータをインポート」「フォームの送信」「ページビュー」「フィールドを表示/隠す」「Javascriptの実行」「フォームのリセット」の8つです。また、既存のPDFファイルをテンプレート作成の雛形としてインポートしたり、テンプレートとしてエクスポートすることも可能です。

PDFelement 6 Proのフォーム作成機能でテンプレート作成する方法を説明していきたいと思います。

まずは下記のダウンロードボタンより、ソフトを無料でインストールし、次の説明によって使ってみましょう。

テキストフィールド

PDFelement 6 Proのフォーム作成機能でテンプレート作成

一番汎用性が高いであろうテキストフィールドは、PDFelement 6 Proでは灰色のリボン上にある「テキストフィールドを追加」のアイコンをクリックし、入力したい場所を選ぶことで挿入できます。これはクリックアンドドラッグで位置や大きさを調整できる他、ダブルクリックすることで様々な条件を設定することができます。例えば、文字を「左揃え」「中央揃え」「右揃え」にしたり、フォントや文字サイズを設定できるだけはなく、長い文章はスクロールするようにしたり、逆に字数制限を設けることも可能です。また計算タブにて設定することにより、合計・乗積・平均・最大・最小を計算するようにすることもできます。このテキストフィールドは、PDF編集ソフトを持っていない人でも入力することができます。

チェックボックス・ラジオボタン

PDFelement 6 Proのフォーム作成機能でテンプレート作成

「チェックボックスを追加」ボタンを選ぶと、任意の場所にチェックボタンフィールドを設置することができます。PDFelement 6 Proではチェックした際に表れる印を、チェックマークの他に円形や星型、×や四角などに変更することが可能です。同じようにして「ラジオボタン」も設置することが可能ですが、こちらははそれぞれのフィールドに同じ名前を付けることによって、「複数の選択肢からどれか1つだけを選ぶ」ようなチェックフィールドを作成することにも活用できます。

コンボボックス・リストボックス

PDFelement 6 Proのフォーム作成機能でテンプレート作成

「コンボボックスを設置」のアイコンをクリックすると、ドロップダウンメニューをPDF内に設置することが可能です。こちらもフォントフィールドと同様にクリックアンドドラックで位置や大きさを調整でき、また計算などのオプションも設けることができます。また、あらかじめフォーマットとして「数値」「パーセント」「日付」「時刻」を設定できるだけではなく、カスタムを選ぶことによって郵便番号や電話番号、社会保障番号なども選ぶことができます。「リストボックス」はプルダウンでなく、表示されている中から1つを選ぶフォームを設置できます。

ボタンを設置

PDFelement 6 Proのフォーム作成機能でテンプレート作成

「ボタンを設置」では文字通り、ボタンを設置することが可能です。こちらはカーソルを乗せた時の表示方法を選べるだけではなく、倍率を常に一定にするなどの設定を設けることができます。こちらも設置したい場所を選んだ後はクリックアンドドラッグで移動やサイズ変更が可能なので、テンプレートを彩るボタンを簡単に作成することができます。

フィールド認識

ページを増やす

また、PDFelement 6 Proでは「フィールド認識」を用いると、既存のPDF内に含まれる入力可能のフォームが全て検出されます。この機能を用いると複数個所に1つずつフォームを挿入する必要が無くなる他、自動的に「そこに入るであろう項目」でフォームの名前が付けられるため、テンプレート作成がぐっと簡単になりますが、「仮名として用いた丸がラジオボタンだと認識される」など、予期せぬ場所にフォームが作成される可能性があります。その場合は灰色のリボン上にある「フォームを編集」をクリックし、消したいフォームを1つずつ消していく必要があるので確認が必要になります。

注釈機能を併用

ページを増やす

加えて、注釈機能を併用すると、特に注目させたいフォームにハイライトを付けたり、矢印を引いたり、フォームの注釈を挿入することができます。これらは「注釈」や「編集」タブを開き、選択した後にキーボードのDeleteキーで削除することができるため、「どこに何を入力するのか」といった指示を付けたり、回収後にPDFelement 6 Proでそれらを消すことも可能です。

PDF高度編集・PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ: PDFフォーム
作成日: Jun 23,2017 16:18 pm / 更新日: Nov 23,2017 17:08 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。

8,280 円から 年間/永久ライセンス

無料体験 購入する