pdfelement-horizontal
製品
機能比較
ガイド
動作環境
レビュー
お問い合わせ
無料体験
購入

Macを使って写真を整理・管理する


1. フォルダの考え方

フォルダという概念は昔からありましたが、最近はインストールした時点でフォルダに名称がつけられていて、ホームフォルダ・デスクトップフォルダ・ダウンロードフォルダ・書類フォルダ・ピクチャー、ムービー、ミュージックフォルダなどに分けられています。 折角このように分けられているので、フォルダ名称をうまく使い分けることで整理ができます。

ホームフォルダ

ホームフォルダは、自分の家と土地になります。 財産全体をまとめたものがホームフォルダと考えると次以降がわかりやすくなります。 自分に必要なファイルは全てこの中に入っていることになります。 というわけで、基本的にはこのホームフォルダに自分のファイルを全て入れていくことになります。

デスクトップフォルダ

机の上という日本語の意味になります。 作業するときに机の上に物を出して、終わったら所定の引き出しなどにしまいます。 同じように、デスクトップに置くデータは作業中のものに限定しておくようにして、作業が終わったら書類フォルダなどの適切な場所にしまうようにしましょう。 そうすることですっきりします。

ダウンロードフォルダ

宅配ボックスや郵便受けと同じような考え方ができます。 Webからダウンロードしたデータはこのダウンロードフォルダに入れられるのでここから好きな場所に転送します。 ずっとここに置いておくのではなく、書類フォルダなどにしまうなりしましょう。

書類フォルダ

Macパソコンのファイルの置き場所をあらかじめ決めることできれいにデータを管理できます。 というわけで、まずはこれを確定します。 自分で作ったファイルやダウンロードしたファイルは全て「書類」フォルダに入れると作成したものを入れておくフォルダとして理解できます。

ピクチャー・ムービー・ミュージックフォルダ

これらはすべて娯楽目的で置いておくファイルなので写真や映画、そして音楽などを全てこのフォルダに入れておくとわかりやすく、使いたいときも簡単に取り出せます。


2. 溜まった写真や動画ファイルを整理する

機能や画質が年々進化を遂げその分容量が必要となり、ちょっと気を許すとすぐにiPhoneのストレージが写真データでいっぱいになってしまいます。 誰もが悩んでいることでしょう。 すぐにストレージ容量に空きがなくなりますが、それは写真データの肥大化が大きな原因ではないでしょうか。 高品質画像が増加して生きている昨今、間違いなく画像データサイズは大きくなっています。 定期的な写真の整理は必要です。
今回、使うのが、iCloudです。 こちらは外部の記憶領域なので、iphone内部の容量が増加することはありません。 悪魔もインターネット上のストレージ領域を書いてから保存しているだけなので、今のiphoneのデータをiCloudへ転送して起きて、容量を一番気にしながら保存しています。


3.重複写真の削除

ドライブに同じ写真を二度保存することがたまにあります。 もし同じ二つの写真ファイルが別々のフォルダ位置に保存されたら、Macから同一のものを探し出すのも写真整理も難しくなります。
そういう時は、FonePaw MacMasterに搭載されている「重複ファイル検索」機能を使うと便利です。 この機能は、完全に重複する写真ファイルを探し出してくれて、削除してくれます。FonePaw MacMasterによって完全に一致した画像ファイルがバラバラにMacのドライブに保存されていても簡単にそれらの写真を検出し、削除できます。


4.類似ファイルを削除して整理する

大量な類似写真を整理したいときは、FonePaw MacMasterの「類似写真検索」機能を使うと、RGB値などで画像ファイルの類似度を判断し、Macをスキャンして、自動的に類似する写真を画面に表示します。 ユーザーによる数回のクリックだけでこれらの類似写真をMacから削除してくれます。


Wondershare PDFelement
All-in-oneのPDF万能ソフト

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

  • 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞
  • 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応
  • 学生向け優待価格あり
  • 7x12h体制アフターサービス
作成日: Apr 04,2020 18:30 pm / 更新日: Apr 04,2020 18:54 pm

PDFエレメント

staff Editor

編集者

0 件のコメント
ホーム > 情報 > Macを使って写真を整理・管理する