pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード
2018年版!最新プリンター5選

2018年版!最新プリンター5選

Home > ランキング・レビュー・比較 > 2018年版!最新プリンター5選

写真の出力や簡単なコピー、年賀状の印刷など、今や、プリンターは家庭に無くてはならないものです。しかし、それぞれのメーカーが似たようなタイプのプリンターを販売し、しかも、新しいタイプを逐次投入しているので、消費者はどれを選んでよいのかわからなくなります。


ここでは、消費者が購入の参考にできるように、2018年の最新プリンタ-を5機種紹介します。特に、最近需要が高まっているPDF機能に関しても丁寧に説明します。

ipad

1.「PIXUS TS8030」

1.キャノンの「PIXUS TS8030」は、写真も文章もきれいに印刷することができる高機能なモデルです。特徴は従来のプリンターが4色インクだったのに対して、6色インクを採用している点です。2018年モデルでは、この機能が充実し、安定した印刷を実現しています。従来の4色インクは、「シアン」「マゼンタ」「イエロー」「ブラック」ですが、さらに、色の階調を整えるための「ライトグレー」と、ドキュメント印刷に適した顔料系の「ブラック」を加え、安定した色合いの印刷を可能としています。従来の4色印刷では、ブラックの粒状感が目立つ場合がありましたが、「ライトグレー」を加えることで軽減されています。さらに、顔料系の「ブラック」により、ドキュメント印刷で鮮明な文字印刷を可能としています。また、近年要望が高まっている大容量インクが使用でき、写真印刷1枚当りのコストも削減されています。Wi-Fi対応で、離れた場所からの対応もスムーズです。同梱ソフトにより、ドキュメントをスキャンして、PDFファイルの作成、ページの追加、編集も可能です。ボディーの小型化など懸案も解決され、使い易いレイアウトがされています。

sony tablet z

2.「カラリオ EP-879A」

エプソンの「カラリオ EP-879A」は、カラリオの主力モデルとして、2018年も売れ続けています。特徴は定評のある写真印刷です。インクは6色で、全色染料インクを使用しています。「シアン」「マゼンタ」「イエロー」「ブラック」の従来からの4色に加え、「ライトシアン」「ライトマゼンタ」の2色を加えることで、粒状感ない独特の色合いをプリントすることができます。ボディの小型化は一層進み、他者の機種と比較しても遜色はありません。スマートフォンで撮影した写真を 直接出力できるので、PCの助けを借りる必要はありません。Wi-Fi対応で、PDFの操作もソフトで対応できます。USBメモリー等の利用により、本機だけで大容量の画像の保存を可能としています。

sony tablet z

3.「DCP-J968N」

ブラザーの「DCP-J968N」は、キャノン、エプソンという二大メーカーに飽き足らないユーザーを引き付けています。魅力は価格の安さで、機種本体とインクのコストを合わせると、他社に負けないコストパフォーマンスを発揮しています。インクは4色で、キャノン、エプソンの鮮明な写真印刷には劣りますが、一般の利用では気づかないほどです。ADF(自動給紙装置)の搭載は、複数枚の文書コピーには欠かせない機能です。Wi-Fiに対応し、PDFの印刷もスムーズです。ラインアップにはFAX機能を搭載するモデルもあり、家庭で必要な機能は十分に満たしています。

ipad

4.「office Pro 6230 ESEO3A#ABJ」

HPの2018年最新のプリンターモデル、「office Pro 6230 ESEO3A#ABJ」は、PCからの印刷に適したモデルとして存在感があります。対応OSは、Windowsの最新版からXPにまで及び、Macも、v10.9まで可能です。用紙サイズはA4からハガキサイズまで対応が可能で、年賀状の印刷も十分可能です。インターフェイスは無線LANと有線LANに対応し、離れた場所からの印刷も可能です。PDFの印刷もソフトで対応が可能です。他社製品がPCを必要としない機能を充実させているのに対し、HPのプリンターは、PCとの機能の連携を図ることを目的としている点で他社とは異なります。

ipad

5.「PIXUS TS9030」

キャノンの「PIXUS TS9030」は「PIXUS TS8030」の上位モデルです。6色のハイブリッドインクを愛用することにより、年賀状や写真印刷での画像の鮮明な印刷を可能としています。Wi-Fi機能に対応しているのは、「PIXUS TS8030」と変わりません。2018年最新モデルでは、さらに、有線LANポートを装備し、ネットワークによる利用を可能とし、PDFの印刷もソフトで対応が可能です。また、5.0型の大画面液晶タッチパネルの採用により、スマートフォン等との操作性の共有を図っています。レッドとホワイトの2色の ボディーは、都会的センスが溢れています。

    2018最新プリンターは、メーカー各社が独自の特徴を充実させた機種の投入を行っています。もはや、各社が同じ機能を競う時代は去り、互いが差別化を図る時代となりました。消費者は、メーカー各社の機種の特徴をとらえ、必要に応じた選択をする必要があります。

PDF高度編集・PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ: ランキング・レビュー・比較
作成日: Aug 18,2017 17:58 pm / 更新日: Mar 21,2018 15:21 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。

8,280 円から 年間/永久ライセンス

無料体験 購入する