pdf app

PDFelement(PDFエレメント) - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement(PDFエレメント) - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード

PDFファイルが開かない場合の対処法

Home > 活用Tips > PDFファイルが開かない場合の対処法

パソコンが普及したことによって仕事や教育、プライベートなどの多くの場面で用いられるようになりました。それに従って、PDF編集することも多くなります。PDF編集するには、PDFソフトでございます。以下のボタンをクリックし、PDF編集ソフトPDFelementを試用できます。

パソコンの作業に使うツールの1つとしてPDFがありますが、PDFはファイルを開くことができなくなるというトラブルも起こります。PDFファイルを開くことができなくなった場合の対処法について解説していきます。



Adobe Acrobat Readerを用いるように設定を変更する方法


PDFファイルをクリックしたのに開かない場合は、パソコンの画面に「このファイルは読み取れません。このビットマップファイルは無効であるか、または現在サポートされていない形式です。」というメッセージが現れます。また、PDF文書のアイコンを確認してみるとマークが本来のものと変わっていることもあります。この現象が生じた場合は、たとえ再起動を繰り返したとしても、PDFファイルを開くことができません。このPDFファイルの不具合にはある理由があります。通常、PDFファイルはAdobe Acrobat Readerというソフトを用いて起動するように設定されています。パソコンでPDFファイルが開かない原因は、Adobe Acrobat Readerではなく異なるプログラムによって開こうとしているために起こるものです。PDFファイルを開くようにするためには、設定をし直すことによってAdobe Acrobat Readerを使うようにしなければなりません。


PDFファイルを開くために必要な作業として、まず始めに開くことができないPDFファイルのアイコンを右クリックします。するといくつか項目が表示されるので、「プログラムから開く」という項目にカーソルを合わせ、さらに出現した項目の中の「別のプログラムを選択」を左クリックします。この作業をすることでPDFファイルを開く方法を選択することができるようになります。その選択方法の一覧にはAdobe Acrobat Readerを使用した方法もあるので、「Adobe Acrobat Reader DC」にカーソルを移動して左クリックで選択します。また、この選択方法の一覧の下部を確認すると、「常にこのアプリを使って.pdfファイルを開く」という項目があるので同様に操作しましょう。

PDF 開かない対処法

この操作によって「常にこのアプリを使って.pdfファイルを開く」の左の四角にチェックが入ります。チェックを確認したら、カーソルを左下にある「OK」に移動して左クリックをします。これでAdobe Acrobat ReaderのプログラムによってPDFファイルを開くようにするための作業が終了となります。最後にPDFファイルが無事に開くことができるかどうかを確認しましょう。画面を戻してPDF文書のアイコンを確認すると、本来のアイコンマークに変更されています。ダブルクリックして無事にPDFを開くことができたら設定変更は成功となります。



Adobe Acrobat ReaderでPDFを開こうとしたら「ファイルが壊れています。」というメッセージが出た場合


また、Adobe Acrobat Readerを使ってPDFファイルを開くように設定しているにもかかわらず、なぜか開くことができないといったトラブルも起こります。そのトラブルが生じてしまう原因として考えられるのが、Adobe Acrobat Readerの不具合やPDFファイルの不具合です。このような不具合が生じた場合は、「ファイルが壊れています。」というメッセージが表示されてユーザーに警告します。このメッセージが表示されたときには、次に紹介するいくつかの対処法を試していきながら解決していかなければなりません。


まず対処法の1つとして挙げられるのがAdobe Acrobat Readerを最新のバージョンへ更新をすることです。「ファイルが壊れています。」というエラーメッセージが表示される場合は、Adobe Acrobat Readerのソフト自体に不具合が生じている可能性があるため、Adobe Acrobat Readerを最新バージョンに更新することが解決できるかどうかを確認する方法となります。この方法を試す際には、一度Adobe Acrobat Readerをアンインストールして最新バージョンを再度インストールすると良いでしょう。次に挙げられる対処法がAdobe Acrobat Readerの環境設定を変更することです。Adobe Acrobat Readerを開いて「編集」メニューから「環境設定」を選びます。その後に画面左側にあるリストの中から「インターネット」を選択し、画面右側のwebブラウザオプションの「PDFをブラウザに表示」のチェックを外します。これらの作業を終えたら、再度Adobe Acrobat Readerを起動して、PDFを無事に開くことができるかどうかを確認し、無事に開くことができたら成功となります。


他にも対処法としてGoogle Chromeを使ってPDFファイルを開くという方法があります。Google ChromeはPDFファイルのデータを閲覧することができる機能が搭載されています。どうしてもAdobe Acrobat Readerを開くことができない場合は、Adobe Acrobat Readerの代わりに使用すると非常に便利となります。開きたいPDFファイルを右クリックすると「プログラムから開く」という項目が現れます。その項目にカーソルを合わせて「別のプログラムを選択」を左クリックします。画面にはプログラムのリストがそれぞれ表示されるため、その中からGoogle Chromeを選択しましょう。この操作を行うことでGoogle Chromeを使ってPDFを開くことが可能となります。

PDF 開かない対処法

これらの作業を試してもPDFファイルを開くことができない場合は、PDFファイル自体に不具合が生じているということも考えられます。PDFファイルに不具合が生じたら、データ復元の作業をする必要性があります。PDFファイルのデータを復元するソフトとしてさまざまなものが作られています。無料でダウンロードすることができるソフトもある上、ソフトによっては簡単なクリック作業だけでデータをしっかりと復元できるようなものも存在します。自分に合ったソフトを選んで作業をすることによってPDFファイルを開くことができるかどうかを確認していきましょう。


PDFが開かない場合の対処法まとめ


以上から、PDFファイルを開くことができなくなる原因にはAdobe Acrobat Readerを用いるように設定がされていないか、Adobe Acrobat ReaderのソフトかPDFファイルに不具合があることが考えられます。それぞれの原因を考慮していきながら、上記に挙げた対処法を試していくことがPDFファイルのトラブルを修復していく上で必要不可欠となります。

PDF高度編集・PDFelement

Wondershare PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

作成日: 2020-10-15 19:26:12 / 更新日: 2020-11-26 20:57:34

星野

編集者

0 件のコメント

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。
Top
[匹配渠道块数据有误ptengine.html]