pdf app

PDFelement(PDFエレメント) - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement(PDFエレメント) - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード

pdfに透かしを入れるフリーソフトランキング

Home > ランキング・レビュー・比較 > pdfに透かしを入れるフリーソフトを紹介

あらゆる文書や画像がデータでやり取りされる現代のビジネスシーンにおいて、データを守るために活用されているのが「透かし」です。メールなどで様々な文書や画像のデータをやり取りしていると、うっすらと会社のロゴや配布禁止のメッセージなどが入ったPDFファイルを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。これが「透かし」や「ウォーターマーク」と呼ばれるものです。

透かしは、もともと紙に文字や模様を入れておき明るいところにかざすとそれらが透けて見えることを意味する言葉です。従来はほとんど全ての重要な情報・資料に関して、紙の媒体で保管および管理を行い配布したり郵送したりしてやり取りしていましたが、現代ではpdfなどのデジタルなデータにすることが当たり前となりました。こういった背景から、「透かし」はデータに印を入れることを意味する言葉として一般的に使われています。

目次:


透かし追加のメリット

様々なpdfデータに透かしを追加することは、どのような意味を持つのでしょうか。ビジネスシーンで書類や画像などをデータにしてやり取りすることは、紙の媒体に比べてスムーズに活用できるためとても便利ですが、その反面リスクもあります。

例えば、データの流出や不正利用、改ざんなどによるビジネス上の様々なトラブルが挙げられます。これらを防ぐ効果があるのが、データへの透かしの追加です。データを開いた際に、すぐに重要書類やコピー不可といった文言が確認できるので、書類を扱ううえでの重要度などが一目で分かり流出の抑止に繋がります。また、オリジナルのデータにロゴマークを追加し著作権を示すことで、不正コピーや悪用を防ぎ大切なデータを保護できるというメリットがあります。


透かし追加できるフリーツール5選

透かしの追加ができるツールは多数ありますが、おすすめのフリーツールを5つランキング形式で紹介します。

1位、「PDFelement」

「PDFelement」(PDFエレメント)全てが無料ではありませんが無料版でも十分機能性が高く充実しているのが魅力で、結合や分割、圧縮などPDFに関するあらゆる作業をまとめて行えるため様々なソフトを使い分ける手間がなく操作も簡単です。

2位、「HiPDF」

「HiPDF」は多くのPDF編集機能をインストールせずに利用できる便利なツールですが、ネット環境がない場所では使えないのがデメリットといえます。


HiPDF

3位、「PDF-XChange Editor」

便利なOCR機能があるので様々なビジネスシーンで活用できそうですが、元々のPDFデータにある文字の編集が行えないなど機能に制限があるため、用途によって使い分けると良いでしょう。

4位、「PDF24」

文字や図形の書き込みといった編集には対応していませんが、PDF変換や暗号化などの機能が充実しているのがメリットです。


PDF24

5位、「Foxit J-Reader」

非常にシンプルなツールで誰でも使いやすいのが魅力ですが、電子透かし追加が可能」なもののPDF閲覧がメインの機能性となっているため使い分けが必要かもしれません。


PDFelementを使って透かし追加する手順

「PDFelement」(PDFエレメント)を使って簡単にPDFに透かしを追加するには、まずソフトを起動してメイン画面左上部の「ファイルを開く」から対象のPDFファイルを選択します。この時、ドラッグ&ドロップでもファイルを開くことが可能です。次に、画面上部のメニューの「編集」から、サブメニューの「透かし」をクリックして「新しい透かし」を選択します。詳細情報を入力するウィンドウが開くので、テキスト文字かファイルのどちらかの形式を選択して、追加する位置を調整します。テキスト文字を入れる場合は、フォントや色を設定できます。メイン画面には、編集の状態が表示されるので確認しながら詳細の設定を進め、完了したらウインドウ右下の「OK」をクリックします。以上の手順で、PDFファイルに透かしの追加が完了します。その他、複数のPDFファイルへの透かし追加や、透かしをより詳細に設定できる「高度設定」も可能です。
PDFなどのデータに透かしを入れることは、大切な情報の流出や悪用を防ぐために有効な手段であり、現代のビジネスシーンにおいて重要なポイントとなります。様々なフリーソフトがありますが、用途に合わせた機能をもつツールを使えば簡単な手順で透かしの追加を行うことができ、データ保護することに繋がります。


まとめ

様々なデータにロゴやメッセージを入れることができる「透かし」は、大切な情報のやり取りに必要不可欠といえます。「PDFelement」(PDFエレメント)などのフリーソフトで簡単に透かしを追加することができるので、情報保護の一環としてぜひ取り入れてみてください。

PDF高度編集・PDFelement

Wondershare PDFelement

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

作成日: 2020-10-28 20:37:48 / 更新日: 2020-11-02 09:51:01

0 Comment(s)

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。
Top