MacBook vs Air vs Pro:どれを購入すべきか


Appleは、非常に幅広い種類のノートパソコンのラインナップを提供しています。そのため、どのノートブックを購入するかを決めるのが難しくなってきています。MacBook Air vs MacBook vs 13インチ MacBook Proを比較することで違いを理解することができますので、製品を選択する上で助けになります。

MacBook Pro、MacBook Air、及びMacBookは、異なるレベルで消費者のニーズを満足している素晴らしいApple製のノートパソコンになります。

MacBook Airは1日中動作することができますので、よく移動する人にとって素晴らしい選択肢になります。一方で、MacBook Proは強力なプログラムを使用する人にとって素晴らしい選択肢になります。MacBook Airはこれらの要素の一部を組み合わせて特定のユーザーに適した機能を提供します。

混乱を招く結果となっていますので、MacBook vs Air vs Proを比較して理解することが重要です。MacBook vs Air vs Proの違いは様々な側面に表れています。例えば、価格やメリット、デメリット、システムサポートなどに表れています。本記事では、これらの点について説明していきます。

MacBook vs Air vs Proの違い

以下にて、Apple MacBook vs Air vs Proの異なる側面に関する詳細を説明します

1. MacBook

新しい12インチMacBookでは、MacBook ProのディスプレイとMacBook Airの軽さが1つに組み合わされています。新しいインテルMコアプロセッサーとレティナディスプレイが搭載されており、バッテリーの長寿命化と軽量化を実現しています。

mac

メリット

•超軽量でポータブル性が高い
•旅行に最適な9.5時間のバッテリー継続時間を実現
•キーボードのタイピング性を向上
•MacBook vs Air vs Proにおいて最高のストレージ容量(256GB)を搭載(他製品は128GB)

デメリット

•USB-Cポートが1つしか搭載されていない - そのため、追加費用がかかるドングルを使用しない限り充電しながら別のデバイスをプラグインすることはできません。
•4Kディスプレイ接続及び高速伝送用のThunderbolt 3に対応していない
•480pウェブカメラはビデオチャットぐらいでしか利用できない

価格

MacBookは148,800円(256GB)で提供されています。

システムサポート

MacBookは、macOS Mojaveをサポートしています。しかしながら、macOS Catalinaもサポートできるはずです。


2. Air

AppleはMacBook Airを1日中機能するものとしてデザインしました。フルサイズのキーボードとアルミケースを搭載する薄型軽量構造によって小型化と軽量化を実現しています。非常にポータブル性が高いため、移動しながら仕事をする人にとって最適な製品になっています。

mac

メリット

•より薄くて軽量
•鮮明な画面を搭載
•システムのアンロックを簡単にし、パスワードの置換と支払いをセキュアなものとするTouch IDを搭載
•Thunderbolt 3ポートを2個搭載

デメリット

•MacBook Air vs. MacBook Proを比較した際に出力が低い
•キーボードのスペースキーの機能に対して苦情が発生している

価格

2018年にアップデートされた現在のMacBook Airは104,800円(税別)で提供されています。

システムサポート

2018年製MacBook AirはmacOS Mojaveをサポートしています。ですが、今後登場予定のmacOS Catalinaにも対応しています。


3. Pro

新しい13インチMacBook Proはその高い性能と素晴らしい解像度から最も強力なAppleノートパソコンとして考えられています。後者については、新しいRetinaディスプレイによってさらに改善されています。高品質ディスプレイや強力なプログラムを取り扱うユーザーにとって最適な機器になっています。

mac

メリット

•MacBook Air vs MacBook Proを比較した場合、重さは同じだがMacBook Proはより強力かつ高速なプロセッサーを搭載
•より静かで信頼性の高いキーボードを搭載
•Thunderbolt 3ポートを4個搭載
•環境照明に合わせたカラー調整機能を提供
•より高速なIntel Irisグラフィックスを搭載

デメリット

•価格が高い
•Apple MacBook vs Air vs Proを比較した場合、MacBook Proのバッテリー継続時間は8.5時間と短い
•MacBook vs Air vs Proのストレージ容量を比較した場合、MacBookが258GBなのに対してMacBook Proは128GBと低い

価格

タッチバーが搭載されている新しい13インチは134,800円(税別)で提供されています。タッチバーが搭載されていない旧バージョンを好まれる場合は130,900円で購入することができます。

システムサポート

新しい13インチMacBook ProのOSはmacOS Mojaveになっています。今後登場予定のmacOS Catalinaでも機能するように設定されています。


まとめ

MacBook Air vs. MacBook vs. 13インチMacBook Proを比較する場合には、上述したように考慮すべき点がたくさんあります。そのため、購入判断も様々な要素の影響を受けることになります。予算に限りがある場合は、最も安価なMacBook Airを購入するべきです。一方で、予算が豊富にある場合はMacBook Proが素晴らしい選択肢になります。

これらの製品は、それぞれ異なる目的に適しています。新しいMacBook Airは、その適切な価格設定と素晴らしい機能から、購入者の大多数にとって最適な選択肢といえます。しかし、MacBookは最もポータブル性が高いため、旅行者にとって素晴らしい選択肢になります。同様に、MacBook Proは最も高速かつ強力なスペックを備えていますのでタフなプログラムでの使用に最適です。


最高のMacBook, Air, Pro向けPDFエディタ

MacBook Air vs MacBook vs 13インチMacBook Proのいずれを購入したとしても、様々な事柄を処理するためには最高のアプリケーションが必要になります。その事柄の1つにPDF管理が挙げられます。非常に高いレベルが要求されますので、最高のPDFエディタを使用する必要があります。Mac向け「PDFelement」(PDFエレメント)は、上述したすべてのMacデバイスにおいて間違いなくPDF経験を改善してくれる最高のPDF管理アプリケーションといえます。

Mac向けPDFelementでは、MacBook/MacBook Pro/MacBook Airで完璧に処理することができるアクティビティがいくつか提供されています。例えば、フォーム及びデータ抽出の実行があります。記入可能なPDFフォームを作成したり、スキャンされたPDFから情報をエクスポートしたり、データをExcelや他の形式でエクスポートしたりすることができます。

記入可能なフォームは、Officeアプリケーションで作成された記入不可のフォームをインタラクティブなPDFフォームに変換することで作成されます。紙文書は正確なデータ抽出によりOfficeファイルに変換されます。その後、インテリジェンス部が複数の文書からPDFデータを抽出して単一のデータシートを作成します。

Mac向け「PDFelement」(PDFエレメント)は上述した処理を一括で実行することができますので、時間と労力の節約につながります。業務量が多いほどその恩恵も大きくなります。シンプルなインターフェースでスムーズな操作を実現し、データのアーカイブ化や解析をより簡単にしてくれます。

Wondershare PDFelement
All-in-oneのPDF万能ソフト

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

  • 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞
  • 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応
  • 学生向け優待価格あり
  • 7x12h体制アフターサービス

作成日: 2020-09-22 16:10:58 / 更新日: 2020-09-22 16:33:57

星野

staff Editor

編集者

0 件のコメント
ホーム > 情報 > MacBook vs Air vs Pro:どれを購入すべきか
Top