オフラインでもWebページを閲覧・印刷する方法

Macでも出来る!WebページをPDFに変換する方法とは!?

Home > PDF変換 > オフラインでもWebページを閲覧・印刷する方法

オフラインでもWebページを閲覧・印刷する方法

割引クーポンや期間限定で公開されるWebページを後から閲覧したり、印刷するためにイメージを保存したい場合には、ページをダウンロードしてファイルをパソコンで保管しておくことができます。Webページに使用されているファイルをそのまま保存するのであれば、ブラウザのダウンロード機能を利用してパソコンにデータを取り込むことができます。

一般的にWebページはテキストだけではなくて画像も一緒に表示されています。そのためWebページのデータをダウンロードすると、テキストが記述されたHTML形式のファイルに加えてJPEGなどの画像ファイルも一緒に保存されます。このため、たった1枚のページをダウンロードする場合でも多くのファイルを保存する必要がある場合があります

WebページをHTMLではなくPDFに変換してから保存するメリット

Webページを保存する際にHTML形式ではなくて、PDFドキュメントに変換してから保存することができます。PDFに変換しておけば、


MacでWebページをPDFに変換して保存する手順

Macパソコンを利用している場合には、PDF文書ファイルを作成する専用のソフトウェアを利用しなくても、ブラウザを使用して簡単にWebページをPDF文書に変換して保存することができます。印刷用のイメージをそのままPDF文書にするため、テキストや写真のデータがブラウザで表示されているイメージ通りに保存することができます。MacパソコンでWebページをPDFに変換する際は、Mac OSに標準搭載されている「Safariリーダー」を利用することができます。

PDFelement 6 レビュー

最初にSafariを起動して目的のサイトにアクセスしてWebページを表示させます。保存したいページが表示された状態で、ツールバーの「ファイル」ボタンをクリックして「プリント」を選択すか、[Command]ボタンと[P]を同時に押してプリントダイアログを表示させます。

free bookkeeping software mac

印刷設定のメニューが表示されますが、左下に「PDF」と書かれたボタンが表示されます。これをクリックするとプルダウンメニューが表示され、「PDFとして保存」をクリックします。

iOSのPDFアプリ

するとファイル名と保存場所を指定する画面が表示されるので、名前を付けてファイルを保存すれば自動的にWebページがPDFに変換されて保存されます。

Macパソコンであれば専用のツールをインストールしなくても、OSに標準搭載されている機能を利用してPDFドキュメントに変換して保存することができます。

ちなみにWindowsパソコンを利用している場合には、Officeソフトやその他のアプリケーションソフトに変換機能が付いている場合を除いて、標準装備されている機能を利用してWebページのイメージをPDF文書に変換して保存することはできません。Windowsパソコンの場合には専用のツールをインストールしてプリンターの選択画面で指定すれば、Webページをドキュメントとして保存することができます。

PDF高度編集・PDFelement 6

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、第24回VectorプロレジPDF部門受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ:
作成日: Aug 09,2017 9:30 am / 更新日: Oct 19,2017 11:54 am

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All-In-OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF作業体験を。

8,280 円から 永久ライセンス

無料体験 購入する
Top