pdfelement-horizontal
製品
機能比較
ガイド
動作環境
レビュー
お問い合わせ
無料体験
購入

todoリストの活用方法


todoリストとは別名やることリストとも言われています。頭で考えていることを整理するために使われます。
頭の中で考えていることを整理するために、todoリストとしてかき出すこととで実現できるようにすることができます。何よりも考えていることをもやもやのままにしないで、具体的にかき出してから実行する意欲をかき立てることができます。


todoリストでできること

todoリストは単にかき出すことですが、それで何が変わるのと思われるかもしれませんが、todoリストとしてかき出すことで次のことができるようになります。
① リスト化することでやるべきことの抜けを防ぐことができます。
② 実際にやらなければいけないことを洗い出すことができます。
③ リスト化したやるべきことの優先度を見ることができます。
④ 作業などの進み具合を見ることができます。

todoリストを使ってできることと言えば、リスト管理を紙ベースで行うことができます。 もう一つが、アプリやツールで管理する方法です。 どちらでも管理はできるので、自分に合った管理方法を選択しましょう。


todoリストの作り方と使い方

todoリストの作り方

まずは重要点を洗い出していきます。 やるべき作業内容をかき出していきます。 次にタスク(やるべきこと)の優先順位をつけていきます。 仕事を完了した場合は、チェックを入れていきます。 そうすることでやるべき作業を実際に実践して完了できます。

todoリストをジャンル別に作成する

todoリストをジャンル別に作成するには、注意点として、仕事とプライベートを完全に分けてそれぞれでリストを作成する必要があります。 それぞれがわかりやすいように、やりたいことリストを色分けして列挙していくのも手ではないでしょうか?

todoリストの緊急度と重要性をきちんと分ける

todoリストといっても、緊急性が高いものや重要なものとそうではないものがあるはずです。同じリストでもきちんと分けてからかき出しておくことが大切です。
緊急性を横軸にして重要度を縦軸にすることで区分けできます。こうすることで下記の4つに分けられます。
緊急性があり重要度が高いもの
重要ではないけど緊急性が高いもの
重要ですが緊急性があまりないもの
重要でもないし緊急性もさほど高くない物
となります。
こうすることで一目瞭然です。

作業量が多いものを細分化する

タスクの中には作業量が多いものも出てきます。 目的は1つですが、そこまで行きつくまでの作業量が多い場合は、細かく分けてから実践するようにするとタスクを達成しやすくなります。 膨大な作業量のまま実践してもやる気がうせてしまう可能性があります。 そうならないようにするためには、細分化して達成しやすくする必要があります。


todoリストの活用

todoリストをうまく活用するためにはいくつか注意点があります。 注意点さえ守っていれば、間違いなくタスクを完結させることができます。 その注意点を見ていきましょう。

やらなければいけないこととそうではないことを分ける

todoリストを作っていくときに、絶対にやらなければいけないことと、余裕があったらやっていけばいいことに分けると実践しやすくなります。 分けることは非常に重要で、分けることで絶対やらなければいけないことを実践することができます。

todoリストのボリュームが大きければ分割する

やるべきタスクの中でも大きなタスクの場合は、実行するには時間配分がわかりにくいとか作業内容を都度考える必要があるために大変だというような場合は、1つのタスクを分割して実行しやすく分割するのも手です。

todoリストは時間把握が重要

todoリストをいざ実行に移すときには、時間配分を把握することが大切です。 実行するのにどのくらいの時間が必要なのかを把握してから実行しましょう。


Wondershare PDFelement
All-in-oneのPDF万能ソフト

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

  • 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞
  • 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応
  • 学生向け優待価格あり
  • 7x12h体制アフターサービス
作成日: / 更新日:

PDFエレメント

staff Editor

編集者

0 件のコメント
ホーム > 情報 > todoリストの活用方法
Top