pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード
今すぐPDFelement 6 Proのプロテクト機能を体験してみよう →

【使ってみた】「PDFelement 6 Pro」でPDFにプロテクトを掛けてみた感想【性能抜群】

Home > ランキング・レビュー・比較 > 今すぐPDFelement 6 Proのプロテクト機能を体験してみよう →

IT社会の進化とともに電子文書はその利便性を大いに増しており、今日では多くの企業や公共機関、家庭、教育の場と、利用されているシチュエーションは枚挙に暇がないほどです。しかし、それに比例する形で技術の悪用も後を絶たず、不正アクセスや文書改ざんなど、法人、個人を問わずにそのプライバシーや機密事項へのリスクもまた、増していると言えるでしょう。中でもPDFファイルは改ざんへの耐性もあり、表示も美しいために大切な情報交換やデータ送信では、良く用いられるファイル形式です。

このPDFファイルの作成、編集に便利なPDFelement 6 Proはとても高機能で使い勝手も良いのですが、セキュリティー対策はどの程度なのか、プロテクト機能の実力をレビューしてみました。

PDFelement 6 Pro

無料ダウンロードから試用することができるので、PDFelement 6 ProをPCにインストールすると、すぐにPDF編集作業を行うことができます。
PDFelement 6 Proのインターフェイスと呼ばれるウインドウは、見やすくてしかもスタイリッシュという感じがします。

今日は一番肝心なPDFプロテクト機能についてレビューしたいと思いますので、早速PDFファイルを取り入りましょう。

【PDFにパスワードを付ける】

PDFelement 6 Proのプロテクト能力をレビュー

最初に、パスワード制限についてレビューしたいと思います。PDFファイルにプロジェクト関係者にだけ見せたい機密情報を挿入した場合には、パスワード制限により、このファイルの利用が行える人間を限定することが出来ます。パスワードの設定強度によっては、第三者が不正にアクセスするのは不可能と考えて差し支えないでしょう。この機能の利用は『プロテクト』タブから『パスワード』を選び、任意のパスワードを設定するだけの手軽さですが、20桁までのパスワードを設定が可能なので、推測されにくいものを設定しましょう。英数字に加え、記号も設定するとかなり破られにくく成ります。設定後、Adobe Acrobat Reader DCにて動作を確認し、確実にロックされていることを確かめました。また、変更や印刷の可否も設定できるので、この点もかなり役立つと考えられます。

【墨消し機能】

PDFelement 6 Proのプロ版では墨消し機能が使え、PDF文書の一部を、黒塗りにして表示することが可能です。この機能を使うと、選択された文書を不可逆的に黒塗りに変えてしまいます。試してみましょう。消したい範囲を選択肢、『墨消しとしてマーク』を施し、次に『墨消しを適用』を選択します。これで、当該テキストは黒塗りに変えられますが、この後Ctrl+z(元に戻す)キーを入力してみました。反応はありません。つまり、編集者が編集中に席を外しても、第三者がこの墨消し部分を手軽に復元することは不可能です。もちろん、PDFファイルに出力すれば、復元方法はないでしょう。裁判リスクの高い個人情報の取り扱いなどで、有用な機能では無いでしょうか。

【文書に署名】

PDFelement 6 Proのプロテクト能力をレビュー

電子文書の改ざんや変更を確認できる有力な証明が電子署名で、PDFelement 6 Proではこの機能も利用可能です。これはセキュリティーで保護された電子上のサインのようなもので、この署名を行っておくことで誰によって作られた文書かと言うこと、そして、署名が押された後に文書が改ざん、変更されたかについても監視することが可能です。

使い方は簡単で、『プロテクト』タブの『文書に署名』で行えます。既存のデジタル署名ファイルを使うことも可能ですし、新規で自分のIDを作ることも可能。試しに新規IDを作って署名し、Adobe Acrobat Reader DCにて動作確認してみました。結果はキチンと承認され、署名も確かに正当なものとして認識されました。次に、署名後に文書を変更して再びAdobe Acrobat Reader DCにて確認したところ、今回は署名が有効ではなくなっており、改ざんが検出されました。キチンとPDFelement 6 Proの署名機能が本家ソフトでも有効に動作することが、確認できたと言えます。

    今回はPDFelement 6 Proのプロテクト機能についてレビューしてみました。セキュリティー性も高いソフトをお探しの場合には、参考になればと思います。

PDF高度編集・PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ: ランキング・レビュー・比較
作成日: Jul 11,2017 19:39 pm / 更新日: Jul 11,2017 20:28 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。

8,280 円から 年間/永久ライセンス

無料体験 購入する