pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード

【製品ガイド】PDFにパスワードの設定と管理する方法

PDFelement 6 / PDFelement 6 Proの使用方法を詳しく解説

Windows版ガイドはこちら

ホームページPDF活用教室 > 丸わかりガイド(Mac)

パスワードの設定と管理

1パスワードの設定

印刷、コピー、編集などの特定の機能を制限するために、PDFドキュメントにパスワードを追加することができます。PDFファイルに適用できるパスワードには、下記の2種類があります。
  • オープンパスワード:PDFファイルを開こうとすると、指定したパスワードを入力する必要があります。
  • 使用許可パスワード:文書の印刷や編集権限を指定するパスワード。使用許可パスワードを設定したら、これらの制限を変更したい場合、使用許可パスワードを入力する必要があります。
  • ご注意:PDFパスワードを忘れた場合、パスワードを復元する方法はありません(ネット上無料のパスワード解除ツールの利用によるファイルの損壊や情報の流出などの恐れがあります)。PDFを保護するために使用したパスワードのバックアップをとることをお勧めします。

    「プロテクト」タブから「パスワード」-「パスワードによる暗号化」で、上記のパスワード制限をかけることができます。

    パスワードの設定
    • オープンパスワード
      文書を開くときにパスワードが必要: チェックボックスをいれると、ユーザーがドキュメントを開くために指定したパスワードを入力するよう要求されます。
      オープンパスワード:この欄に、設定したいパスワードを入力します。
      パスワード確認:パスワードをもう一度入力して、パスワードを確認します。
    • 権限
      文書の印刷および編集を制限。これらの権限設定を変更するにはパスワードが必要:チェックボックスをいれると、下記からさまざまな操作権限をかけることができます。
      権限パスワード:設定したいパスワードを入力します。
      パスワード確認:パスワードをもう一度入力して、パスワードを確認します。
      印刷を許可:ドキュメントに対して許可されている印刷のレベルを指定します。ここでは、「低解像度」と「高解像度」を選択できます。
      変更を許可:ドキュメントで許可される変更アクションを定義します。設定できる変更は:「ページの挿入、削除、回転」、「フォームの記入、署名」、「既存フォームの見直し、署名」、「ページ抽出以外の機能」
      テキスト、画像、その他のコンテンツのコピーが可能です:テキスト、画像、その他のコンテンツのコピーを許可するかどうかを定義します。
    • オプション:暗号レベル
      ここで「128-bit RC4」「128-bit AES」「256-bit AES」3つのレベルから設定できます。
    • パスワードの設定

      2オープン/許可パスワードを削除

      1、設定されたパスワードや制限を解除するには、まずパスワードがかけられたPDFファイルを開きます。
      パスワードの設定
      2、「プロテクト」-「パスワード」-「この文書からセキュリティー設定を削除」をクリックし、制限が解除されます。ファイルを書き換えで保存するか、新たに保存するかをしてください。
      パスワードの設定
    All In OneのPDFソフト
    ワンランク上のPDF編集体験を。

    8,280 円から 年間/永久ライセンス

    無料体験 購入する