pdfelement-horizontal
製品
機能比較
ガイド
動作環境
レビュー
お問い合わせ
無料体験
購入

Adobe Acrobat(アドビ アクロバット)を用いてPDFをパスワードで保護する手順


1.PDFファイルをパスワードで保護することの意義

仕事でも、プライベートでも、多くの人々が利用しているPDF形式のファイルは、ファイルサイズが小さい上、フォーマットが崩れることなく印刷できるなどのメリットがあります。しかし、細心の注意を払うべきことがあります。情報漏洩を防ぐ対策です。特に、企業の機密情報などが外部に漏れてしまうと、深刻な損害が出る恐れがあります。そこで、手軽にできる情報漏洩対策がパスワードをかけることです。今までやっていなくてもすぐに導入できるので、存分に活用していきましょう。


2. アドビ アクロバットを利用してPDFにパスワードをかける

パスワードを設定する前に理解しておくべきことがあります。それは、パスワードと暗号化には種類があるということです。パスワードは「文書を開くパスワード」、「権限パスワード」、「添付ファイルを開くパスワード」の3つです。

文書を開くパスワード」はそのPDFファイルを開く時に入力が求められ、パスワードを知らない人は開けなくなります。「権限パスワード」は印刷と編集を制限します。パスワードが正しく入力されない限りセキュリティ設定の変更ができません。「添付ファイルを開くパスワード」は文字通り、メールなどに添付された状態のPDFファイルを開く際に設定します。こちらを設定するにはいくつか条件があります。

続いて暗号化の種類をご説明します。 1.文書のすべてのコンテンツを暗号化
2.文書のメタデータを除くすべてのコンテンツを暗号化
3.添付ファイルのみを暗号化

上記の3種類で、1と2の違いはメタデータにアクセスできるかです。1はアクセスできませんが、2はできます。それでは、設定方法です。

1.PDFファイルを開き、ツール、保護、暗号化、パスワードによる暗号化の順にクリックします。ソフトのバージョンなどにより、場所やボタンの形は変化します。

2.「セキュリティを変更してよろしいですか?」と聞かれるので、「はい」と答えます。

3.パスワードによるセキュリティ設定画面が表示されます。

4.「互換性のある形式」のドロップダウンリストから最適なものを選びます。

5.「暗号化するコンテンツ」はすべてのコンテンツを暗号化した方が安全性は高いですが、メタデータにもアクセスできなくなります。

6.それぞれ対応した部分にパスワードを入力します。例えば、「文書を開くときにパスワードが必要」にチェックを入れたなら、「文書を開くパスワード」のボックスに入力してください。横にあるカラーパレットはパスワードの強度を示しており、ランプがすべて点灯すればかなり安全なパスワードです。

7.設定が終わったら「OK」をクリックします。

8.各パスワードの確認を求めてくる場合もありますが、再度同じものを入力すれば大丈夫です。


Acrobatを用いたパスワード設定には3種類ありますので、用途や要求されるセキュリティレベルに応じて使い分けると良いでしょう。


Wondershare PDFelement
All-in-oneのPDF万能ソフト

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

  • 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞
  • 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応
  • 学生向け優待価格あり
  • 7x12h体制アフターサービス
作成日: / 更新日:

PDFエレメント

staff Editor

編集者

0 件のコメント
ホーム > PDF保護 > Adobe Acrobat(アドビ アクロバット)を用いてPDFをパスワードで保護する手順
Top