PDFフォームの作成と編集の活用Tips

PDFファイル内にフォームをつけると、データを入力する側も「ミスなく入力出来る」データを受けとる側も、「収集・整理の手間をかけることが無い」という双方間にメリットがあります。ここではPDFフォームの活用方法を見ていきましょう。

Part 1: PDFフォームを利用する機会の多い場面例

PDF編集を行うユーザーは以下のような場面で「PDFフォーム」を活用しています。
下記グラフを見ると様々な用途でPDFフォームを活用している事がわかりますね。

フォーム調査

「そんなに便利ならPDFフォームを使ってみたい!」と感じた方も多いかと思います。いざ作成しようとすると…様々な問題が思い浮かびますよね。

ここからは実際に「PDFエレメント」を使うときに感じる【PDFフォームに関する問題】を「スッキリ」解決していきます!

解決したい問題

Part2: PDFelement (PDFエレメント)を利用した「PDFフォーム」の作成方法

PDFフォームの作成方法について

フォーム作成
ここでは「PDFフォーム」のある「PDFファイル」を新規作成する方法をご説明致します。
PDFelementプロ版を起動して実際にフォームを作成していきましょう!

1.[ファイル] > [新規]ボタンをクリックすると、新規PDFファイルを作成出来ます。

2. [編集] タブには様々な要素を追加するボタンが揃っています。テキストや画像等必要な部品を入力していきましょう。(テキストの詳しい追加方法はこちらでご確認頂けます。)

3. [フォーム]タブにはフォームに必要な部品を追加する為のボタンが揃っています。・テキストフィールド/チェックボックス/ラジオボタン/コンボボックス/リストボックス/ボタン/画像/デジタル署名 等をフォーム内の部品として追加することが可能です。必要な部品を選んで配置するとPDFフォームはこれで完成です!

4. 作成データは [ファイル] > [名前を付けて保存] ボタンをクリックし保存しておきましょう。

フォーム作成
既存ファイルにも「スキャンした画像ファイル」や「Microsoft Word」「Microsoft Excel」ファイル等にフォームを追加することが可能です。

1. PDFelement プロ版でファイルを開き、[フォーム]タブをクリックします。

2. 開いたファイルに既にボックスや行があり、入力できない場合は[フィールド認識]ボタンをクリックすると、入力可能なフォームが自動的作成されます。

3. ファイル内にボックスや行がない場合は、[テキストフィールドを追加]、[チェックボックスを追加]、[ラジオボタンを追加]、[コンボボックスを追加]、[リストボックスを追加]、[ プッシュボタンを追加」、「画像追加」、「電子署名を追加」ボタンをクリックして、 入力可能なフォームを手動で作成できます。

4. PDFフォームが完成したら、 [ファイル] > [名前を付けて保存]ボタンをクリックしてPDFファイルを保存しましょう。

PDFフォームの編集について

入力可能なフォームを作成
PDFフォームを作成・入力・編集する場合は「PDFelement プロ版」が便利です。ここではPDFフォームの編集方法について確認していきましょう。

1. [フォーム] > [フォームを編集]ボタンをクリックし、編集モードを有効にします。

2.出現したフィールドはマウス操作で自由にページ内に配置する事が可能です。

3. [フォーム] タブ内には様々な部品を追加出来るボタンが備わっています。・テキストフィールド/チェックボックス/ラジオボタン/コンボボックス/リストボックス/プッシュボタン/画像/電子署名 等を追加することが出来るのでフォームのカスタマイズは思いのままに実現します。

4.フィールドまたはボックスを右クリックし[プロパティ]を選択すると、計算やその他操作を設定することもできます。

5.フォームの編集・入力が完了したら [ファイル] > [名前を付けて保存]ボタンをクリックし大切なデータをしっかり保存しましょう。

PDFフォームのあるPDFファイルに署名する方法について

電子署名を追加
人からPDFフォームをもらった場合「署名」する事でPDFフォームの信頼性が高まります。
ここではPDFelement プロ版を利用した署名の追記方法を確認していきましょう。

1. PDFフォームのあるPDFファイルを開くと、フィールド部分がが強調表示されます。

2.フィールドをクリックするとフォームに入力する事が可能です。

3.PDFファイルに署名フィールドがある場合は、そちらをクリックするとデジタル署名を追記出来ます。

4.PDFフォームに署名フィールドがない場合は、[フォーム] > [電子署名を追加]ボタンをクリックすると署名を追加できます。

PDFフォームを共有方法について

フォームを共有
フォームが完成したらいよいよ入力者へファイルを配布しましょう。PDFelementProでは様々な形式でフォームを共有することが出来ます。

1. PDFelement プロ版で、[ファイル] > [共有]ボタンをクリックします。

2.メール、Evernote、Dropbox、Googleドライブ等共有する媒体をセレクト出来ます。

3.自分に適したサービスをセレクトすると該当アカウントに移動します。

「PDFフォームデータ」とFDF形式について

データー抽出
PDFエレメントは「FDF」形式に対応しているので、フォームの入力部分だけの送受信が可能です。ここでは「FDF形式」で受け取った際の対応、「FDF形式」での書き出し方法についてみていきましょう。

A. PDF形式で受け取った場合のデータ抽出方法 通常はこの方法でデータを受け取る事が多いです。集計と言えばエクセルのcsv形式が便利ですよね。PDFエレメント プロ版でPDFを開いた後「データ抽出」ボタンを押すとcsvファイル等に書き出すことが可能です。

B. FDF形式で受け取った場合、PDF形式で閲覧する方法 送られてきたデータの拡張子が「〇〇.fdf」の場合、フォーム入力部分だけのデータの可能性が高いです。元のPDFファイルをPDFelement プロ版で開き、[フォーム] > [フォームデータをインポート] を押すと元の形式でデータを閲覧する事が可能です。

C. FDF形式での書き出し方法 [フォーム] > [フォームデータを出力] を押すとデータをFDF形式で書き出す事が可能です。FDFはデータ容量が、元のファイルよりも小さいので複数の回答を保管する時に便利です。

PDFエレメント プロ版ならフォームが作りやすい!

スマート
PDFelement プロ版はフォームをゼロから作るだけでなく、既にある書類をフォームに変換することも可能です。
ダイナミック
フィールドやボタンを任意の位置に追加した後、マウス操作で感覚的にオブジェクトを移動&削除できます。
共有も簡単
共有リンクを活用すると、ドロップボックスやGoogleDocsでフォームを簡単に共有出来ます!
インタラクティブ
計算式やボタンを追加出来るのでコミュニケーションを取りやすいフォームに仕上がります。
pdfelement