pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード
PDFelement 6 Proの最適化の実力を見てみましょう →

【使ってみた】「PDFelement 6 Pro」の最適化機能の使用感想【性能抜群】

Home > PDF最適化 > PDFelement 6 Proの最適化の実力を見てみましょう →

PDFファイルの作成や編集の他、セキュリティー面でも高いレベルにあるPDFelement 6ですが、pro版では更に便利な機能が加わっています。プロテクトの墨消し機能や編集のOCR機能など、多彩な使えるものがありますが、中でも『最適化』と言う機能の実用性についてもチェックしておきたいものとなっています。この機能はPDFファイルの内容を適切に圧縮することで、メールで送信したり、WEBサイトで公表する際にとても役立ってくれます。

最適化機能にどの程度の実力があるのか、レビューしてみたいと思います。

PDFelement 6 Pro

無料ダウンロードから試用することができるので、PDFelement 6 ProをPCにインストールすると、PDFファイル最適化作業を行うことができます。
PDFelement 6 Proのインターフェイスと呼ばれるウインドウは、見やすくてしかもスタイリッシュという感じがします。

今日は一番肝心なPDF最適化機能についてレビューしたいと思いますので、早速PDFファイルを取り入りましょう。

【PDFelement 6 Proの最適化の実力】

PDFelement 6 Proの最適化機能

今回は3.5MB程度のPDFファイルをどの程度圧縮できるのか試してみます。
実施手順としては、最初に、このPDFファイルをPDFelement 6 Proに読み込ませます。次に、読み込んだファイルを最適化するために、ナビゲーションから『ファイル』をセレクトし、メニューに有る『最適化』をクリックします。

『最適化』と言う項目が見当たらない時は、PDFelement 6 Proを最大化してみると良いでしょう。小さなウインドウにしている時には、隠れてしまっている場合があるようです。『最適化』メニューには色々な設定項目がありますので見ていきましょう。『ウェブ準備』『オフィス準備』『プリント準備』と言う項目が現れたのが確認できるかと思います。これらの違いは、どの程度まで圧縮を掛けるのかと言う点で、画質を多少犠牲にして思いっきりファイルサイズを小さくすることも、画質はできるだけ残して、ファイルサイズから無駄を省くように圧縮していくことも出来るようになっています。既存の設定では『ウェブ準備』が最も圧縮率が高い設定で、『プリント準備』は最も綺麗に圧縮できる設定です。各設定項目にあるdpiと言う単位はドット・パー・インチの略で、解像度を指します。1インチにどれだけのドットが存在するか、と言うことです。このdpi値が高いほど綺麗に表示、印刷されるのですが、ファイルサイズは大きくなってしまいます。

PDFelement 6 Proの最適化機能

最初に、『ウェブ準備』でどの程度圧縮されるのか実験してみましょう。実行結果は2.31MBまで圧縮されており、34%程度の削減に成功したと言えます。このサイズでの34%なら大差ないように見えますが、大きなファイルサイズでしたらかなりの削減量になるので、有用性は高いと考えられるでしょう。『ウェブ準備』ではdpiがディスプレイの72dpiを超えるので、モニター上ではアウトプットの美しさも損なわれておらず、用途によってはユーザーが気づかないように圧縮させる事は十分可能と思います。

次に、より限界まで圧縮するために『カスタム』で行ってみました。dpiは72に設定し、画像品質は『最低限』を選択肢ます。結果は1.8MBまで落とせましたが、ここまでやると、流石に画像に劣化が見られます。次に画像品質を『高』に設定すると、2.17MBで、画像はかなりよく見ないと分からない程度の劣化に抑えられました。かなり幅広く細やかに設定できるので、じっくりと設定を煮詰めていくことが出来ます。これらの数値はファイル内容などの個別の事情に応じて変わりますので、必ずレビュー通りの数値になるとは限りませんが、参考にして頂ければと思います。

    レビューに使った3.5MB程度ならまだしも、100MBを超えるような場合には、WEBページで開くのにも時間が掛かりますから、インターネットの通信速度が速くない場合や、パソコンのスペックが余り良くないという場合には、閲覧者はかなりのストレスとなるでしょう。しかし、ある程度、圧縮してあげることで読み込みや表示はスピーディーに行えるようになる為、インターネットを介して他者に閲覧させる場合や、メールで送信するという際には、最適化機能を使うのが選択肢です。PDFelement 6 Proは試用版もあるので、試してみては如何でしょう。

PDF高度編集・PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ: PDF最適化
作成日: Jul 12,2017 9:54 am / 更新日: Jul 27,2017 14:52 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。

8,280 円から 年間/永久ライセンス

無料体験 購入する