pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード
建築関係PDF図面に書き込む方法

建築関係PDF図面に書き込む方法

Home > ビジネス活用 > 建築関係PDF図面に書き込む方法

新しく家を建てる際には、ハウスメーカーや知り合いの大工さんに依頼します。家族構成や予算、土地の広さから、部屋の数と間取りをイメージして希望を伝えます。「家は一生の買い物」と言うので、妥協せずに家族の希望を伝える事が大切です。家族構成から部屋のタイプや数と、家族の動線をイメージして浴室やトイレ、キッチン、ドアの場所等をハウスメーカーと打ち合わせします。また家族が帰宅して部屋に行く様子をイメージすると、階段の場所が決まります。

これら依頼主の希望を取り入れて、ハウスメーカーのプロが図面を作成します。近年の施工現場では、図面をPDFファイルに変換して施工管理者、各現場監督、ハウスメーカーのオフィスで共有しています。オフィスではPCで、現場ではタブレット端末を使用して、図面のペーパーレス化とスピーディーな修正作業を実現しています。

Part 1. 建築関係PDF図面にコメントを書き込む

住宅の建築には平面図、立面図、断面図、展開図、電気配線図、敷地図が必要です。現場で建築図面の修正や追記が必要になった際は、PDFファイルへの書き込みに対応したWondershare社のソフト「PDFelement 6 Pro」を活用します。



PDFelement 6 Pro


それでは、図面の種類ごとにコメントを書き込むシーンを紹介します。平面図に1日の生活における家族の動きを線引きすると、家事や生活の動線が一目で分かります。家具やドアの配置が動線を妨げていないか確認します。また隣家の窓や道路の位置を図面に書き込んで、問題がないか確認しましょう。

立面図では玄関ドアや窓、バルコニーの位置やデザインを確認します。依頼者との打ち合わせで希望を書き込み、現場と情報を共有します。断面図に日差しが差し込む角度を書くと、家の中に日光がどれ位入るか確認出来ます。窓や吹き抜けを調整して、日当たりの良い明るい住まいを実現しましょう。

部屋ごとに作成される展開図では、依頼者の身長を書き込んでキッチンの高さを調整します。 電気配線図では、屋外から引いた電気が分電盤を通って、各部屋に引かれる経路が確認出来ます。スイッチやコンセントの位置、LAN配線が家具の配置や家事に影響していないか書き込みます。隣家が迫っている場合は、人が通れる幅の有無を敷地図に書き込み改善します。これらPDF図面への書き込みは、PDFelement 6 Proの書き込み機能と注釈機能を使用します。この後は、実際の事例による手順を紹介します。


Part 2. 事例に沿ったPDFelement 6 Proの書き込み機能と注釈機能の紹介

PDFelement 6 Proは簡単な操作性と、強力な変換・作成機能を搭載しています。今回は書き込み機能と注釈機能の手順を、建築図面PDFへの書き込み事例に沿って紹介します。

お使いのWindows PCにソフトをインストールして、メイン画面を表示します。画面左の「ファイルを開く」か、直接PDFファイルをドラッグアンドドロップして開きます。平面図に隣家の窓や家具の位置を書き込む時は、書き込み機能を使用します。


PDF 書き込み


メイン画面のPDF編集をクリックして、画面上部のメニューから「編集」→テキスト追加をクリックします。そして希望の位置でドラッグして、ソファーやタンス等と入力します。

1日の生活における家族の動きは注釈機能で図形を追加します。PDF編集→上部のメニューから「注釈」の順にクリックします。動線を線引きして、家具やドアの位置が適切か確認しましょう。


PDF注釈機能


立面図に玄関ドアや窓、バルコニーの希望をテキスト追加から入力します。依頼者、現場監督、オフィスの三者で共有することが大切です。注釈ツールバーの図形挿入で、断面図に日差しの差し込む方向を矢印で書き込みます。そして、テキストで角度を書き込みます。隣家との幅は、編集ツールバーのテキストにて2m等と書き込みます。それと同時に、デジカメ等で撮影した隣家との位置関係の写真を、画像追加にて貼り付けるとより分かりやすくなります。図面に書き込んだ事項を確認したら、注釈機能から「スタンプ作成」で完了や承認済み、チェック等と挿入して情報共有しましょう。


    PDFelement 6 Proは、簡潔な画面表示と使い慣れたソフトの様な操作性で多くのユーザーにお薦めします。今回はWindows版を紹介しましたが、Mac版も用意されているのでMacユーザーの皆さんもご安心下さい。今後は一般的な住宅からより大規模な施工現場にも、PDFelement 6 Proの導入が進む事でしょう。

PDF高度編集・PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ: ビジネス活用
作成日: Jun 05,2018 14:49 pm / 更新日: Jun 05,2018 15:50 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。

8,280 円から 年間/永久ライセンス

無料体験 購入する