PDFelement for iOS- iPhone、iPadでPDFを自由編集、変換、作成

App Storeで無料ダウンロード
PDFelement 6 Proの注釈機能を今すぐ体験してみよう →

PDFelement 6 Pro活用談~企画の場で注釈機能を利用することで共同作業が進む!

最近は、環境保護意識の高まりとコスト削減意識から紙の資料を使うことが減っており、ペーパーレス化が社会全体で進行していています。
職場や学校などでも、使用資料をソフトコピーでメールやクラウドで受け取ることが多くなっており、PDFファイル資料が利用される機会もたびたびあります。

 

Word、Excel、PowerpointなどのOffice系ファイルであれば、受け取った資料に上書きや修正を自分で加えることができます。しかし、PDFファイルの場合、書き込まれている内容を修正したり、コメントや注釈を吹き込みなどで入れることが難しく、それを行う場合はPDF編集ソフトをインストールする必要が出てきます。
国内、海外のさまざまな会社から多くのPDF編集ソフトが発売されていますが、リーズナブルで日本語で丁寧な説明を行っているものはなかなか見つけるのは、難しいことがあります。すべての解説が英語のものもあれば、年間のライセンス料が必要であるソフトもあり、どれを選べばよいのか困っているユーザーも多いようです。

 

そんな中、Wondershare社から提供されている「PDFelement 6 Pro」は、インストール前の説明から、ソフトの利用方法まで詳しい日本語の解説がついていますので、英語が苦手な人でも安心して使うことができます。また、一度ダウンロードすれば、一回だけの支払いで永久使用できるプランもありますので、リーズナブルな価格でPDF編集を始めることができます。「PDFelement 6 Pro」を使うことで、ビジネスにおける作業効率を高めることができます。

 

「PDFelement 6 Pro」

今回は、「PDFelement 6 Pro」を活用した事例について紹介いたします。

マーケティング系や企画系の管理職業務を行っている場合、部下や同僚の人たちが提出してくる資料を添削したり、メモを残したり、書き込みを行う場面があると思います。こういう場合は、どうすればよろしいでしょうか。「PDFelement 6 Pro」での操作方法を見てみましょう。

具体的な事例としては、部下が作成してきたPDF資料を受け取り、そのPDFを、「PDFelement 6 Pro」にインポートすることで、コメントを書き足したり、注釈を加えることができるようになります。また、「社外秘」という透かしをPDFに入れることも可能ですので、さまざまな活用方法があります。

下記のように、ハイライト、メモ、テキストボックスだけでなく、矢印、雲形などのマークを記入することもできます。

 

PDFelement 6 Proを企画で活用

 

PDFelement 6 Proを企画で活用

 

    以上、企画の場で「PDFelement 6 Pro」の注釈機能を活用し、作業効率を高めた事例を紹介いたしました。

    「PDFで交流するか」のように、PDFで共同作業をする時は、ぜひ「「PDFelement 6 Pro」」の注釈機能を体験しましょう。

PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、第24回VectorプロレジPDF部門受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ:
作成日: May 24,2017 20:17 pm / 更新日: Jun 09,2017 15:53 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

Home > ビジネス活用 > PDFelement 6 Proの注釈機能を今すぐ体験してみよう →
All-In-OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF作業体験を。

9,980 円から 永久ライセンス

無料体験 購入する
Top