pdf app

PDFelement - PDF編集、変換、署名...

appstore
App Storeからダウンロード
pdf app

PDFelement - 閲覧、注釈、サイン

appstore
Google Playからダウンロード
宣伝・広報担当者の皆さん、PDF編集ソフトをどんどん活用しよう!→

宣伝・広報担当者必見!PDFelement 6 Proを活用して業務効率アップ!

Home > ビジネス活用 > 宣伝・広報担当者の皆さん、PDF編集ソフトをどんどん活用しよう!→

最近は、ビジネスシーンにおいてタブレットなどのデバイスを活用して、プレゼンテーションを行うビジネスパーソンが増えてきました。また、職場の会議や打ち合わせなどでも、紙の資料を使わずに事前にソフトコピーをメールやクラウドで共有するケースが増加しています。PowerpointやExcel、WordなどのOffice系ファイルであれば、受け取ったソフトコピーを後で自分で修正したり、コメントをつけて返信したりすることが可能です。しかし、PDFファイルの場合は内容が固まっており、パソコンやスマートフォンなどに標準搭載されている機能では、注釈を入れたり書き込んだりすることができない場合がほとんどです。

PDFファイルに対して修正や書き込みをする際は、PDF編集ソフトを自分の端末にインストールする必要があります。日本国内に限らず、海外の企業など、さまざまな企業がPDF編集ソフトを販売しています。しかし、ソフトの中には英語対応しかできないものや高額な年間ライセンス費用が発生するものもあり、使いやすくリーズナブルな価格のソフトを探し出すのは簡単ではありません。そんな中で、Wondershare社が提供しているPDFelement 6 Proは、「ドラッグ・アンド・ドロップ操作」によって初心者でも作業がしやすく、視覚的、直感的に次のプロセスを予想でき、価格もリーズナブルな設定になっていることから、多くのユーザーから支持を集めています。また、PDFelement 6 Proは、インストールの時点からソフトの詳細説明や解説まで、ほとんどの部分が日本語対応になっており、英語が苦手な人でも安心して利用することができます。

さまざまなビジネスシーンで活用されているPDFelement 6 Proですが、今回は、宣伝、広報の分野の事例とケーススターディをお伝えします。

PDFelement 6 Pro

ある化粧品会社の広報部に所属しているAさんは、新商品の発表会で雑誌やオンラインマガジンの記者たちに、アンケートを依頼することがよくありました。紙のアンケートを発表会の場で記者たちに配布し、その場で回収する作業を行っていました。以前は、紙のアンケートに記載された内容をそのままAさんがWordなどに打ち込んでいましたが、記者の数が多い発表会の場合、数十枚のアンケートを処理しなければなりませんでした。

このAさんの事例では、PDFelement 6 Proに搭載されているOCR機能を活用し、アンケートの処理効率を格段に高めることができました。

OCRは紙の資料をスキャンしてPDF化し、ソフトコピーとして編集、検索できる状態にする機能です。

ケーススターディのAさんは、記者がペンで書き込んだ資料をスキャンし、PDFelement 6 ProのOCR機能を活用して、広報部内で共有できるようにしました。これによって、AさんがアンケートからWordに打ち込みなおす時間が削減でき、紙のアンケートを保管するためのバインダーやキャビネットも不要になり、コストカットにもつながりました。

Aさんの事例では、アンケート回収作業を紙で行うのではなく、PDFelement 6 ProのOCR機能でソフトコピー化することで、ビジネスの効率を上げることに加えて、広報部内での情報共有の促進にもつながったのです。このケーススターディから分かることは、紙の資料を使う作業が生産的でない場合があるということです。紙の資料を使うと、プリントアウトすることでプリンターの電気代やインク代などが発生します。また、紙の資料を保存するためのバインダーやキャビネットも必用です。PDFelement 6 ProのOCR機能を使えば、それらのムダを解消できるのです。

ここで「PDFelement 6 Pro」でOCRの処理ステップを紹介いたします。

下記のように、スキャンされたPDFを「PDFelement 6 Pro」にドラッグ&ドロップの操作で取り込みます;

 

PDFのOCR機能を宣伝・広報で活用

 

そして「スキャンされたPDFを検出しました。スキャンされたPDFからコピー、編集、テキストを検索するためにはOCR機能をご利用ください。」のメッセージが出て、「OCRを実行します」をクリックします。
デフォルトではOCRの言語を「日本語」で設定されていますが、他の言語を選択すると、法務上よく使う英語や他の外国語の書類も対応できます。
選択済みなら「次」をクリックし、OCR処理が始まります。

 

PDFのOCR機能を宣伝・広報で活用

 

OCRが実行完了です。元の文書の状態によってうまく認識できず、一部の文字が文字化けする場合もありますが、微調整をすれば問題ありません。

 

PDFのOCR機能を宣伝・広報で活用

    以上、宣伝・広報の現場でPDFelement 6 ProのOCR機能を活用し、作業効率を高めた事例を紹介いたしました。

    アンケートなどのPDFファイルの管理、ぜひ「PDFelement 6 Pro」のOCR機能を活かしていきましょう。

PDF高度編集・PDFelement 6 Pro

Wondershare PDFelement6

All-in-oneのPDF万能ソフト

Officeライクの操作感覚 初心者もすぐ使える

PDF変換、作成、編集、OCR、注釈、フォーム、保護…

・ 第19回、24回、29回Vectorプロレジ部門賞受賞

・ 標準版からプロ版まで、幅広いのニーズに対応

・ 学生向け優待価格あり

・ 7x12h体制アフターサービス

この記事はお役に立ちましたか?

Wondershare Editor

編集者 カテゴリ: ビジネス活用
作成日: Jun 29,2017 15:07 pm / 更新日: Jun 29,2017 16:32 pm

お問い合わせ

この文書または製品に関するご不明/ご意見がありましたら、 サポートセンター よりご連絡ください。ご指摘をお待ちしております!

All In OneのPDFソフト
ワンランク上のPDF編集体験を。

8,280 円から 年間/永久ライセンス

無料体験 購入する